神戸市-KOBE-


中部処理場跡地(南側)の活用事業者の決定について

記者資料提供(平成28年3月4日)
建設局下水道部経営管理課課 三木、高平
TEL:078-322-5444

中部処理場跡地(南側)の活用事業者の決定について

 中部処理場は神戸市で最初の下水処理場で、昭和33年より兵庫区・中央区の一部の汚水処理の一端を担ってきましたが、阪神・淡路大震災後に整備した「下水処理場ネットワーク」の完成・運用開始に伴い、平成23年に処理機能を停止しました。このたび、市街地西部地域の活性化を図るため、周辺地域の方々と検討した跡地活用の方向性をもとに、民間事業者のノウハウを活用して、跡地活用の事業を企画し管理運営を行う事業者を募集しておりましたが、このたび下記のとおり南側用地の活用事業者を決定いたしました。

1.活用事業者

 ミズノグループ
   代表企業 ミズノスポーツサービス株式会社
        代表取締役 田中 勝次
        (大阪市中央区北浜4丁目1番23号)

2.提案概要

(1)施設の概要

屋内体育施設、屋外体育施設、クラブハウス、ちびっこ広場、駐車場等
  屋内体育施設:テニスコート(人工芝2面)、クライミングウォール
  屋外体育施設:テニスコート(人工芝2面)、フットサルコート(人工芝3面)

(2)土地利用計画の理念及び特色

・「健康・スポーツ・環境」の側面から、生活者の方々がより楽しいスポーツライフを満喫できる「場」と「サービス」を提供する。
・総合スポーツ企業の強みを生かし、テニスやフットサルだけに拘らずに、多くのスポーツ種目を多世代に提供できる施設とプログラムを計画し、単一のスポーツ種別人口にも対応できる施設運営に取り組む。

(3)提案内容

1.屋外及び屋内で、少年サッカー,フットサル,テニス,グラウンドゴルフ,卓球,ヨガ,フィットネス,クライミング等、子どもから高齢者まで幅広い世代の人がスポーツやレクリエーションができる施設を整備する。
2.コートレンタル事業のほか、施設の魅力向上及び収益向上のために、テニスや少年サッカー等のスクールやプログラムを企画し、また気軽にスポーツを楽しめるようにするため、施設利用の体験会等を開催する。
3.クラブハウス内に、地域団体が集会場として無料で使用できる多目的ルームを整備するとともに、近隣住民の交流の場として敷地の西側に地域開放を行う「ちびっこ広場」を整備する。
4.22時以降は「サイレントタイム」を設定し、プレー中の声や笛を抑制するともに、騒音計を準備して22時以降は50dbを超えないように配慮する。なお、営業時間は22時30分までを予定している。
5.本市と地域防災協定を締結し、本施設が地域の防災拠点として活用できるように、備蓄倉庫,かまどベンチ,災害時簡易トイレ等の整備を行う。

(4)施設完成予想図

施設完成予想図

3.審査経過

(1)第1次審査

 各応募者の提案について、応募者に関する項目(1.企業の経営理念・方針、2.応募者の実績 、3.企業の財務状況)及び事業の運営に関する項目(1.当該事業に係る理念・方針,利用計画、2.地域経済への貢献 、3.市民との協働及び地域・地域団体等との連携、4.施設の適正な管理運営等、5.緊急時の対応、6.事業計画の実現可能性(収支見通し))に関する審査・採点を行った。

応募者評価点提案内容審査結果
30.0落選
40.4通過
33.6落選
31.4落選
※評価点は50点満点
※評価点が35点(7割)に満たない者、また35点を上回っていても、最高点の9割以内にない者は、第1次審査で落選

(2)第2次審査

第1次審査
通過者
提案賃借料
6,010,104円(年額)【44.2円/u・月】
※賃借料の下限は、5,439,012円(年額)【40円/u・月】

4.参考

(1)土地の概要

所在地  神戸市兵庫区上庄通1丁目1
面  積  11,331.28平方メートル
用途地域 準工業地域(建ぺい率60%、容積率200%)
事業期間 平成28年4月から20年間(事業用定期借地)

(2)事業者募集の経緯

公募要領の配布  平成27年11月20日から12月4日
現地見学会     平成27年12月2日(10社参加)
応募登録       平成27年12月4日(8社登録)
提案書提出     平成28年1月27日〜29日(4社)

(3)今後の予定

契約締結      平成28年3月下旬
土地の引き渡し  平成28年8月(予定)

(4)その他

今回、応募のなかった北側用地については、今後再公募を予定しています。