神戸市-KOBE-


神戸市教育大綱の策定

記者資料提供(平成28年1月26日)
教育委員会事務局総務部総務課 山下・田中
TEL:078-322-6999 内線:6215
FAX:078-322-6145

神戸市教育大綱の策定

 神戸市では,平成27年4月1日施行の「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」に基づき,本日,市長が神戸市教育大綱を策定しました。

1.神戸市教育大綱の概要

 神戸市教育大綱は,第2期神戸市教育振興基本計画では具体的に明らかにされていない事項や特に課題のある事項について,以下の7つの方針を定める。
   1.学力の向上に取組みます。
   2.教員の資質向上を図ります。
   3.学校の組織力を強化します。
   4.教員の多忙化対策に取組みます。
   5.学習の機会均等を確保します。
   6.子供たちが健やかに育つ環境を整備します。
   7.教育に関する科学的な調査研究を進めます。

※ 今回定める神戸市教育大綱においては,とりわけ市民の関心が高い小中学校を中心とした学校教育に焦点を絞って定め,今後,ほかの分野に広げていくこととする。
※ 教育行政は他の行政分野と密接に関連することから,教育委員会と市長部局が今まで以上に連携を強める必要があり,神戸市教育大綱はすべての執行機関の事務を対象とする。

(参考)神戸市教育大綱策定までの経緯

平成27年 4月24日          第1回神戸市総合教育会議
平成27年 5月26日〜 7月31日  教育大綱策定にあたっての市民アンケート実施
平成27年 7月〜8月         市長と教育委員会との意見交換
平成27年 9月29日          第2回神戸市総合教育会議
平成27年11月10日          第3回神戸市総合教育会議
平成28年 1月12日          第4回神戸市総合教育会議

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。