神戸市-KOBE-


「関西マンホールサミット2015」開催へ

記者資料提供(平成27年11月10日)
建設局東水環境センター 管理課    大西、高橋  TEL:078-451-0456
建設局下水道部経営管理課       三木、杉森  TEL:078-322-5438
【主催者】下水道広報プラットホーム(GKP)
      事務局:公益社団法人日本下水道協会 総務部広報課 佐藤  TEL:03-6206-0205

関西圏で初の開催 マンホール蓋鉄板焼きや下水処理場見学なども予定

「関西マンホールサミット2015」開催へ

下水道広報プラットホームが主催し、150人超の来場見込む

 このたび、建設局東水環境センターにおいて、下水道広報プラットホーム(GKP、事務局:日本下水道協会)主催の「関西マンホールサミット2015」を開催します。
 同サミットは、マンホール蓋の図柄の美しさに惹かれる市民が増加する中、その関心をさらに深めてもらおうとGKPが企画したもので、平成26年3月に第1回(東京・秋葉原)を開催。愛好家たちのユニークな楽しみ方や研究成果などが発表されたほか、マンホール蓋をモチーフとしたグッズの販売などが行われ、大きな反響を呼びました。過去2回の開催で来場者は延べ約600人に達し、テレビや新聞、雑誌などでも連日報道されました。
 今回は以前から要望が高かった関西エリアで初の開催となります。神戸市が地域の皆様と考案した「マンホール蓋による鉄板焼き」も登場するほか、震災から復興した東灘下水処理場の施設見学や美しいマンホール蓋の実物展示、マンホールグッズの販売なども行う予定です。当日は、150人超の入場者を見込んでいます。

◆開催概要(※別紙チラシもご参照ください)

1.日 時

平成27年11月28日(土曜)
 *東灘下水処理場見学会 (10時30分〜12時)
 *関西マンホールサミット(受付11時30分から)
   ・マンホール蓋での鉄板焼き (11時30分〜13時30分)
   ・デザインマンホール蓋展示 (11時30分〜トーク終了まで)
   ・マンホールグッズ展示・販売(11時30分〜トーク終了まで)
 *リレートーク(13時30分〜16時30分)※トーク内容は当日変更する可能性もあります。
   ・日本のマンホールは世界に誇れる文化物 : 山田 秀人(GKP企画運営委員)
   ・町おこしとマンホール : 池上 修(『マンホール100選』著者)
   ・マンホールは路上の文化遺産 : 白浜 公平(駅からマンホール管理人)
   ・神戸のデザインマンホール : 神戸婦人大学(卒業生の皆様)
   ・マンホールマップで日本を知ろう : 森本 庄治(みちくさ学会講師)
   ・関西発 マンホールを探す、見る、撮る : 原田 英樹(関西のマンホール・トラベラー)
   ・マンホールカードについて : 澤田 洋一(GKPマエプロ 統括リーダー)
   ・マンホールは路上の芸術 : 垣下 嘉徳(マンホール蓋研究家)

2.会 場

建設局東水環境センター
 神戸市東灘区魚崎南町2−1−23  TEL:078−451−0456

3.主 催

下水道広報プラットホーム(GKP)
 東京都千代田区内神田2−10−12 内神田すいすいビル
 TEL:03−6206−0205

4.参加費

無料

5.参加申し込み先

日本グラウンドマンホール工業会
 E-mail:koho@hinodesuido.co.jp
 FAX:03−3585−0420
 参加申し込みは、EメールまたはFAXでお願いします。(形式自由)
 申込時には、1.氏名 2.連絡先(メールアドレスまたはFAX) 3.処理場見学参加の有無を必ずご記入ください。

6.問い合わせ先

*マンホールサミットについて
  日本グラウンドマンホール工業会広報室(山田)
   TEL:03−3585−2177  FAX:03−3585−0420
   E-mail:koho@hinodesuido.co.jp
*東灘下水処理場見学会について
   建設局東水環境センター管理課
   TEL:078−451−0456  FAX:078−453−6328

【下水道広報プラットホーム(GKP)】

 下水道広報プラットホームは下水道界をはじめ様々な人々が交流する場として、情報共有や広報活動を通し、下水道の真の価値を伝えていく組織です。

【取材のお申込み、本件に関するお問い合わせ】

下水道広報プラットホーム(GKP)
事務局:公益社団法人日本下水道協会 広報課
 〒101-0047 東京都千代田区内神田2-10-12 内神田すいすいビル
 TEL:03-6206-0205  FAX:03-6206-0265

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。