神戸市-KOBE-


「SIGGRAPH ASIA 2015」展示会 神戸市出展ブース内プログラムのお知らせ

記者資料提供(平成27年10月21日)
企画調整局情報化推進部ICT創造担当 松崎・長井
TEL:078-322-6462 内線:2816
E-MAIL: ict-sozo@office.city.kobe.lg.jp

「SIGGRAPH ASIA 2015」展示会 神戸市出展ブース内プログラムのお知らせ

1.神戸市ブース概要

「SIGGRAPH ASIA 2015」展示会(2015年11月3日(火曜)〜5日(木曜)9時30分〜16時30分、神戸国際展示場2号館にて開催)に出展する神戸市ブースにて、市内のICT関連企業や研究機関等が有する先端技術およびコンテンツのデモンストレーション・展示を行い、IT先進都市を目指す神戸の姿を国内外に発信します。
また、神戸市ブースでは、「攻殻機動隊 新劇場版」との公民連携PRプロジェクト「神戸市公安9課」と連携し、描き下ろしイラストをブースデザインの一部に活用するとともに、「神戸市公安9課」や神戸市のIT施策の取組みなどについて紹介するPRや展示を行います。

2.神戸市ブース内プログラムの主な見どころ(詳細は関連資料「神戸市出展ブース内イベントエリアプログラム」をご参照ください。)

神戸市ブースは、展示会内最大規模のブースとなる予定で、4Kマルチディスプレイ(4メートル×2.3メートル)を配したイベントエリアと、展示エリアに分かれ、内容は日替わりとなります。(出展者の都合により、予告なく内容等が変更される場合があります。)

(1)イベントエリア

・神戸大学 塚本昌彦教授×m plus plus(株) 藤本実氏による対談「ウェアラブルの躍動」
・神戸市「data.KOBE」×NTTドコモ 観光アプリコンテスト発表会
・(株)フォトン・アーツ アニメーションにおける最新CG技術の紹介
・理化学研究所 放射光科学総合研究センター SPring-8・SACLAの概要説明
・(株)エイデック×COPLI 「鳥人間コンテスト体験シミュレーター」など実績の紹介
・ヒョウゴベンダ×メーテレ 最先端8Kマルチディスプレイによる神戸の景観上映

(2)展示エリア

・理化学研究所 計算科学研究機構 スコールライン−未来の気象予測−など、「京」によるシミュレーションと可視化映像の紹介
・ローカルコミッティ(神戸芸術工科大学) キュレーティングザシティ(模型とプロジェクションマッピング)
・海洋研究開発機構 地球情報基盤センター 地球科学の可視化映像紹介
・八十島プロシード(株) 医療分野における3Dデータ構築と3Dプリント

3.「SIGGRAPH ASIA 2015」展示会への入場について

入場料1,000円(10月23日(金曜)までの事前登録の場合入場無料)
シーグラフアジアは業界関係者向けの内容となっておりますが、市民の方もご入場いただけます。ただし、原則として16歳未満のご入場はできません。
詳しくは、下記の「シーグラフアジア2015」ホームページをご覧ください。

4.報道関連のお問合せおよび登録について

下記の「シーグラフアジア2015」ホームページよりご連絡・ご登録ください。