神戸市-KOBE-


阪神・淡路大震災関連文書の公開

震災20年ロゴ

記者資料提供(平成27年1月14日)
企画調整局企画調整部企画課 大畑、長谷川
TEL:078−322−6917 内線2311
E-mail: kikaku_shomu@office.city.kobe.lg.jp
公益財団法人神戸都市問題研究所 杉本
TEL:078−737-1330

阪神・淡路大震災関連文書の公開

 本市では、阪神・淡路大震災関連の公文書を歴史的資料として後世に伝えていくため、整理・保存作業を進めています。このたび、阪神・淡路大震災から20年の節目を迎え、また、一定数の作業が終了しましたので、情報公開制度に基づき申請に応じて、震災関連文書の公開を開始いたします。
 また、市民等が公開請求しやすいよう震災関連文書の目録を公開いたします。

1 公開文書(整理・保存作業終了分)

  ・紙文書関係4,072 ファイル
  ・冊子、写真関係 1,474 冊
  ・FD、MO 105 枚
  ・ビデオ 40 本 計5,691点
※ 震災関連文書の保存作業として、文字が薄れて読めなくなったFAXや感熱紙等は判読可能となるよう修復し、またFD・ビデオ、ネガフィルム等は耐用年数を長期化するためデジタル化した上でDVDに保存しています。

2 文書目録の公開

(1) 公開目録
  ファイル名及び当該ファイルにどのような文書が含まれているのか明確でないため、各ファイルごとに例示的に、議事録、マニュアル、国等からの通知文、事業名等に関する文書件名を目録に追記しています。
(2) 目録の設置場所
 ・ 市政情報室(印刷物を設置)
 ・ 市ホームページ(PDFファイルで掲載)
(3) 目録の公開・運用開始予定日
  平成27年1月16日(金曜)
(4) その他
  未整理文書も一定数の整理・保存作業が出来次第、順次公開目録に追加していきます。

3 常設展示(平成27年1月16日(金曜)より)

 個人情報にかかわらない範囲で公開できる震災関連文書を数点抽出し、市政情報室の専用棚に複製物を常設いたします。
  常設展示:避難所壁新聞、避難所報告書、炊き出し受入簿、派遣医療班受入状況 等
※ 市政情報室での取材(撮影)される場合には、事前に市民情報サービス課にご相談ください。

4 文書の公開手続き

  震災関連文書の公開(閲覧)は、通常の情報公開請求によります。
  ※ 目録記載の文書であっても、個人情報の有無等により情報公開条例に従って非公開(一部非公開)になる場合があります。