神戸市-KOBE-


ラグビー南アフリカ共和国代表が神戸市を表敬訪問

記者資料提供(平成26年10月10日)
神戸市教育委員会スポーツ体育課 中村・藤岡・上田
TEL:078-322-5803 内線:6471

ラグビー南アフリカ共和国代表が神戸市を表敬訪問

 世界ランキング2位のラグビー南アフリカ共和国代表チームが、「ラグビーワールドカップ2019」の誘致に取り組む神戸市を表敬訪問します。

1.日時

平成26年10月14日(火曜) 午後5時15分から午後5時45分まで

2.場所

神戸市役所1号館 15階 第2応接室

3.出席者 

・南アフリカ共和国ラグビー協会(SARU)
 Heyneke Meyer(ヘイネケ・メイヤー)Head Coach
 Ian Schwartz(イアン・シュワーツ)Team Manager
 Annelee Murray(アンリー・マレー)PR and Admin manager
・南アフリカ選手(8名)
 Jean de Villiers(ジーン・デヴィリアス)Captain
 Tendai Mtwarrira(テンダイ・ムタワリラ)
 Bismarck du Plessis(ビスマルク・デュプレッシー)
 Eben Etzebeth(エーベン・エッツェベス)
 Cornal Hendricks(コーナル・ヘンドリックス)
 Daniel Vermeulen(ダニエル・フェルミューレン)
 Patrick Lambie(パトリック・ランビー)
 Willie le Roux(ウィリー・レ・ルー)
・神戸市
 久元 喜造 市長 他
・神戸市会
 安達 和彦 議長

4.会次第

南アフリカ共和国ラグビー協会のオフィシャルロゴ・開会
・出席者紹介
・記念品贈呈
・歓談
・記念撮影
・閉会

5.参考(ラグビー南アフリカ共和国代表について)

ラグビー南アフリカ共和国代表チームは、現在、世界ランキングが2位の強豪チームで、ユニフォームの胸にある、南アフリカに生息するガゼル属の仲間スプリングボックのマークから、「スプリングボクス」の愛称で呼ばれている。ワールドカップでは、1995年と2007年の2度、優勝している。