神戸市-KOBE-


「こうべまちづくり学校」をリニューアルし、受講生を募集

記者資料提供(平成26年6月27日)
住宅都市局計画部まち再生推進課  浜村、谷中    TEL:322−6609 内線4583
E-mail: machigaku@office.city.kobe.lg.jp

「こうべまちづくり学校」をリニューアルし、受講生を募集

〜 「親子講座」や「人が集まるイベント企画講座」などを充実〜

 神戸市では、身近なまちづくりに対する関心を高め、今後のまちづくりを担う人材の育成を図るため、総合的に「協働と参画のまちづくり」を学び、考える場として、「こうべまちづくり学校」を開校しています。
 平成26年度は、基礎講座と分野別講座に加え、親子講座を設けるなど講座をリニューアルし、受講生を募集します。

◆親子講座のプログラム◆

身近なまちづくりについて親子で楽しく、学んでいただくための講座です。


1.まちの楽しみ方講座 〜まちの探検マップをつくろう〜
  参加者でチームを結成し、テーマを決めて元町商店街周辺のまちの探索を行います。探索内容をプレゼンボードにまとめ、チームごとに発表します。
 
2.親子で学ぶトラブル解消法 〜親子で気持ちを伝え合うには?
  親と子、それぞれ別れてワークショップを通じてトラブルに会った時の気持ちの伝え方を練習します。



日時   :1.平成26年7月31日(木曜)10時〜15時 (昼休憩12時〜13時)
       2.平成26年8月 7日(木曜)10時〜12時 
対象(※):小学4年生〜6年生とその保護者
定員(※):20組    参加料(※):無料
会場(※):こうべまちづくり会館ほか(中央区元町通4-2-14 電話(078)361-4523)      ※1・2共通

◆基礎講座のプログラム  〜まちづくりの基礎を学ぶ〜 ◆

まちづくりに関する基礎的な考え方を知り、学んでいただくための講座で、講義形式を中心に行います。


日時:平成26年8月22日〜10月3日18時30分〜20時30分 全5回      定員 80名
会場:こうべまちづくり会館 2階ホール(中央区元町通4-2-14 電話(078)361-4523)

 
講座名内容日程受講料講師
景観から考えるまちづくり地域魅力を高めるまちづくりを進めるにあたって、地域の皆さんの日常
の暮らしがにじみ出た風景(生活景)を再発見し、活かすことについ
て、各地の事例を通じて考えます。
8月22日
(金曜)
 










1,000円
(全5回)
嘉名  光市  氏
大阪市立大学
大学院 准教授
安全安心まちづくり
〜人と人とのつながりを考える〜
私たちを取り巻く自然災害・犯罪などに対し、どのように対処していく
か、人と人、人と地域とのつながりから「安全で安心なまちづくり」を考
えます。
9月 4日
(木曜)
渥美 公秀 氏
大阪大学大学院
人間科学研究科 教授
これからの神戸の地域活動人と人とのつながりを豊かにし、住みよいまちにするためには?
市内調査データを基に学びます。
9月22日
(月曜)
立木 茂雄 氏
同志社大学
社会学部教授
神戸のまちの歴史神戸の歴史を通して、神戸のまちの成り立ちを学びます。9月29日
(月曜)
田辺 眞人 氏
園田学園女子大学
名誉教授
コミュニティデザインでまちを元気に地域の皆さんが、地域の課題を自ら解決するための「コミュニティ
デザイン」について、まちを元気にする全国の取組み事例を通じて
学びます。
10月3日
(金曜)

 
醍醐 孝典 氏
(株)studio-L
 ディレクター
    

 

◆分野別講座のプログラム◆

まちづくりに関する実践的な知識をさらに深め、学んでいただくための講座で、講義形式のほか、まち歩きで現地をめぐるコースもあります。


※分野別講座は、7コースあります。ご希望のコース(A〜G)を選んでください。(複数コース受講可)
※受講料は1,000円(複数コース受講可。ただし、Gコースのみ300円)

 
 
 講座名内容日程受講料時間・場所・定員
A地域活動のファシリテーション            
〜話し合いを良くするため
のスキルあれこれ〜
お互いが理解・納得し、共感できる「よい話し合い」と
は?
地域活動を進めるうえで大事な「話し合い」について
体験を通じて学びます。
  9月30日(火曜)
10月  7日(火曜)
10月21日(火曜)
10月28日(火曜)
11月  4日(火曜)















1,000円
時間:18時30分〜20時30分
場所:こうべまちづくり会館
定員:30名
「安全で安心なまちをつくる」
防災コミュニティづくりコース
共催:神戸大学都市安全
研究センター
地震、風水害など、防災についての専門的知識やその
知識を地域の中で活かす方法を学びます。今年は座学
のみの講座となります。
10月 2日(木曜)
10月 9日(木曜)
10月16日(木曜)
11月20日(木曜)
時間:18時30分〜20時
場所:こうべまちづくり会館
定員:40名
「安全で安心なまちをつくる」
防犯コミュニティづくりコース
共催:神戸大学都市安全
研究センター
犯罪にあわないために、地域・個人でどのようにすれば
よいか、近年の犯罪情勢を踏まえながら専門的知識を
学ぶとともに、地域での防犯活動の取り組み方法を
学びます。今年は座学のみの講座となります。
  9月  9日(火曜)
10月23日(木曜)
10月30日(木曜)
11月13日(木曜)
時間:18時30分〜20時
場所:こうべまちづくり会館
定員:40名
まちなみゼミ
〜景観とまちづくり〜
講義やまち歩きを通じて、まちの景観を考えるための
基本的な事柄を学びます。
また、実際に景観まちづくりに取り組んでいる異人館
で有名な北野・山本地区のまち歩きや、ワークショップ
を行います。
  9月20日(土曜)
10月 4日(土曜)
10月25日(土曜)
11月  8日(土曜)
11月22日(土曜)
12月  6日(土曜)
時間:14時〜17時
10月4日は14時〜16時)
場所:(1回目、3回目、5回目)

 こうべまちづくり会館
    (2回目、4回目、6回目)
現地
(北野・山本地区)
定員:20名
見て・聴いて・考える
住民主体のまちづくり
地下鉄海岸線沿線のまちを巡りながら、地域で様々な
取り組みを進めている「まちづくり協議会」や専門家な
どのお話を聞き、これからの地域活性化や魅力向上
の方策などについて一緒に考え、提案します。
  9月27日(土曜)
10月18日(土曜)
11月15日(土曜)
11月28日(金曜)
時間:13時30分〜17時30分
※(4回目)は18時30分〜20時
  30分の予定
場所:(1〜3回目)現地(地下鉄海岸
    線
沿線)
    (4回目)こうべまちづくり会館
定員:40名
Fまちづくりの担い手を目指
す人のためのスキルアップ
講座
 「人が集まる!講座の企画
と思わず手に取るチラシの
つくり方」
 「市民が主役のまちづくり」を進めるためには、できる
だけ多くの人に参加してもらえる講座やイベントを企画
していかなければなりません。
豊富な事例をもとに、「人が集まる講座やイベント」の
企画のノウハウや、「思わず手に取るチラシ」作りの
ポイントを実践的に学びます。
10月11日(土曜)
10月25日(土曜)
11月 8日(土曜)
時間:13時30分〜16時
場所:こうべまちづくり会館
定員:30名(3回目のみ20名)
※3回目(11月8日)は、パソコン実習
のため、定員20名
※ご自身で作られたチラシの手直し
(添削)を先着5名まで受付けます。
ご希望の方は、9月29日(月曜)まで
に、
データを申込み先までお送りくだ
さい。
親子でまちに刻まれた土木
を訪ねる
「神戸のまちづくりに大きな役割を果たした土木施設」
をテーマに、神戸のまちやみちの発展や、くらしを支え
る土木施設の役割を学びます。施工中の新名神高速
道路の役割や現地見学会も行います。
9月6日(土曜)こども
1名に
つき
300円
時間:13時〜15時(小雨決行)
場所:現地(新名神高速道路)
対象:小学校3年生以上の親子
定員:親子20名
(親子で申込みください。)
※各講座の日程、内容は変更する場合があります
※Gコース(親子でまちに刻まれた土木を訪ねる)の対象は小学校3年生以上の親子が対象です。必ず、親子でお申込みください。
※分野別講座はテーマにより、長時間の徒歩移動、階段や急坂の昇降を伴う場合がありますのでご注意ください。


◆募集方法◆

氏名、性別、年齢、住所、電話番号を記入のうえ、FAX、はがき、E-mailで住宅都市局まち再生推進課にお申し込みください。
※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
※分野別Gコースは、対象となる親子でお申込みください。

◆募集締め切り◆

・親子講座:7月28日(月曜)必着      ・基礎,分野別講座:8月12日(火曜)必着

◆問い合わせ・申し込み先◆

神戸市住宅都市局まち再生推進課 
〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 
電話(078)322-6609 FAX(078)322-6096
E-mail: machigaku@office.city.kobe.lg.jp

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。