神戸市-KOBE-


春季企画展「地下から出てきた神戸の宝もの」の開催

記者資料提供(平成26年4月11日)
教育委員会事務局社会教育部文化財課埋蔵文化財係 安田・中村・藤井
TEL:078-992-0656
FAX:078-992-5201

春季企画展「地下から出てきた神戸の宝もの」の開催

1.開催主旨

五色塚古墳出土埴輪 今回の企画展は、神戸市内での発掘調査によって出土した数多くの考古資料の中から、これまでに指定文化財として認定されている優品をはじめて一堂に会して展覧するものです。指定文化財には国指定、兵庫県指定、神戸市指定のものがあり、普段は公開展示していないものも多くあります。指定された文化財は、優れた造形美や希少性、歴史的意義をもつものであり、非常に重要かつ貴重なものです。今回の展示を通して、地域の歴史に触れていただく機会とします。
 また、会期中には関連イベントとして、テーマに即した講演会を神戸市教育委員会文化財課の学芸員が行います。

2.会期

西求女塚古墳出土青銅鏡平成26年4月12日(土曜)〜平成26年6月1日(日曜)
  〔開館時間〕10時〜17時(入館は16時30分まで)

3.会場

神戸市埋蔵文化財センター  企画展示室
  〒651-2273 神戸市西区糀台6丁目1 西神中央公園内
  TEL(078)992-0656  FAX(078)992-5201
  ・神戸市営地下鉄「西神中央駅」から南へ徒歩8分

4.休館日

5月12日(月曜)・19日(月曜)・26日(月曜)

5.入館料

無料

6.主催

神戸市教育委員会

7.協力

勝雄経塚出土品兵庫県立考古博物館、神戸市立博物館

8.展覧会の主な出品資料

きつね塚古墳出土品五色塚古墳:円筒埴輪(国重要文化財)・朝顔形円筒埴輪(国重要文化財)/西求女塚古墳:三角縁神獣鏡(国重要文化財)・鼓型器台(国重要文化財)/勝雄経塚出土品(兵庫県指定重要有形文化財・兵庫県所蔵)/玉津田中遺跡出土弥生土器(兵庫県指定重要有形文化財・兵庫県所蔵)/本山遺跡出土弥生時代前期木製品等(神戸市指定有形文化財)/きつね塚古墳:馬具(神戸市指定有形文化財)など

9.関連イベント

1.バックヤードツアー
埋蔵文化財センターの非公開部分を探検します。
5月11日(日曜)10時30分〜と14時〜(当日受付:各回先着20名)
2.歴史講演会
「指定文化財で語る神戸の歴史」 講師:教育委員会文化財課学芸員
5月17日(土曜)14時〜15時30分
事前申し込みが必要(16歳以上)。
FAXまたは往復はがきに参加者氏名・住所・連絡先を記入、5月10日(土曜)までに申し込み。

10.関連ホームページ

神戸市埋蔵文化財センター
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/center/

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。