神戸市-KOBE-


「神戸賀川サッカー文庫」の開設と記念講演会の開催

神戸市立図書館館章

記者資料提供(平成26年4月7日)
教育委員会事務局
中央図書館利用サービス課 松永
TEL:078-371-3351

「神戸賀川サッカー文庫」の開設と記念講演会の開催

1.「神戸賀川サッカー文庫」について

 神戸市では、賀川 浩氏(神戸市出身、元サンケイスポーツ編集局長)から所蔵するサッカー関連図書・雑誌など(約5,000点)を受託して、中央図書館内に「神戸賀川サッカー文庫」を開設します。
 神戸市は日本サッカー発祥地のひとつであり、2002年のワールドカップで試合が行われた街。また、市内にサッカーのプロチームが3つ(ヴィッセル神戸、INAC神戸レオネッサ、デウソン神戸)もあります。中央図書館では、ジャーナリストでもある賀川氏のコレクションを活用し、”サッカーの街神戸”からの情報発信を行ってまいります。

「神戸賀川サッカー文庫」の概要

開設日時:平成26年4月20日(日曜) 15時
場所:中央図書館1号館2階
利用方法:館内閲覧、複写

2.開設記念講演会について

開設を記念して、賀川 浩氏による講演会を開催します。

講演会の詳細

テーマ:「神戸とサッカー、そして本」(仮題)
日時:平成26年4月20日(日曜) 14時から15時
会場:中央図書館2号館3階閲覧室(2)
定員:50名(事前申し込みが必要です)
申込受付:平成26年4月8日(火曜)から4月18日(金曜)
申込方法:電話による先着順(受付時間 10時から17時)
電話番号:078-371-3351(サッカー講演会担当)
※13時30分から関係者により開設セレモニーを行います。

参考 賀川 浩氏プロフィール

 1924年、神戸市に生まれる。神戸一中、神戸経済大(現・神戸大)大阪クラブなどでサッカー選手。全国大会優勝、東西対抗出場、天皇杯準優勝などの経験をもつ。1952年からスポーツ記者、1975年から10年間のサンケイスポーツ編集局長(大阪)などを経て現在フリーランスとして、現役最年長記者。
 2010年に日本サッカー殿堂入り。 
(賀川サッカーライブラリーホームページより)