神戸市-KOBE-


山麓バイパス第2布引トンネルの天井板撤去について

記者資料提供(平成25年11月18日)
神戸市道路公社  総務企画部企画課
担当:福水、山本
TEL:078−583−0234
E−Mail:web_roads_corp@kobe-toll-road.jp

山麓バイパス第2布引トンネルの天井板撤去について

平成24年12月2日に中央自動車道笹子トンネルにおいて、天井板崩落事故が発生しました。神戸市道路公社では、この事故を受け、笹子トンネルと同様の構造である山麓バイパス西行トンネル(第2布引トンネル)の天井板について、平成24年12月に緊急点検を実施し、異常がないことを確認しました。
その後、国土交通省から、笹子トンネルと同様の吊り天井板については、可能な限り撤去するよう指導があったことから、第2布引トンネルの天井板の撤去について、検討してきました。
検討の結果、トンネル建設当時と比べて、自動車の性能向上により排気ガスが低減したことから、換気方式を変更し不要となる天井板を撤去することが可能との結論にいたりました。
このことから、緊急点検により天井板の当面の安全性は確認できておりますが、将来にわたって、トンネル利用者により一層、安全・安心にご通行いただけるよう、天井板を撤去することにしました。
利用者のみなさまには、工事中の通行規制によりご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

第2布引トンネル天井板概要

・天井板所在地:神戸市中央区神戸港地方および兵庫区平野町
・天井板設置延長:966m(トンネル延長 3,032m)
・完成年次:平成4年
・天井板設置方式:吊り金具による吊り下げ方式
・吊下げ箇所:約1,100 箇所

撤去時期

平成26年度上半期(予定)
※詳しい工程が決まり次第、道路公社ホームページ、道路情報板、立看板等でお知らせいたします。

撤去工事中の通行止め

山麓バイパスの西行(三宮〜ひよどり)において、路線バス運行時間外である夜間23時から翌朝5時までを通行止めにして撤去工事を施工する予定です。
※山麓バイパス東行は終日通行可能です。

位置図