神戸市-KOBE-


犯罪被害者等支援のための市民向け講演会(講師:土師 守さん)

記者資料提供(平成25年11月1日)
保健福祉局
総務部人権推進課 担当者名 井上
TEL:078-322-5234 内線:3253
E-MAIL:jinken@office.city.kobe.lg.jp

犯罪被害者等支援のための市民向け講演会(講師:土師 守さん)

「犯罪被害者週間」の啓発事業

趣旨

 11月25日から12月1日までは犯罪被害者週間です。
 神戸市では、犯罪被害者やそのご家族が受けた被害の回復や軽減に向けた施策を総合的に推進し、市民が安全で安心して住み続けることができる互いに支え合う地域社会の実現を目的として、平成25年4月1日より「神戸市犯罪被害者等支援条例」を施行しました。
 また人権推進課内に、被害者等の支援に関する相談を総合的に行う「総合相談窓口」を設置し、必要な情報提供や助言を行っています。
 犯罪の被害に遭われた方々やそのご家族は、殺人・暴行傷害・性被害など、突然巻き込まれた犯罪により、命を奪われる・後遺症を負うなどの直接的被害だけでなく、心ない中傷等、被害後に生じるさまざまな問題(「二次的被害」)に苦しめられ、深刻な状況に置かれています。
 犯罪被害者やそのご家族が一日でも早く平穏な生活を取り戻すためには、周囲の人の理解と配慮が必要です。
 犯罪被害者週間であるこの時期に、犯罪被害者の方がどのような問題に直面しているのか、わたしたちにどのようなことができるのか、一緒に考えてみませんか。

【犯罪被害者等支援のための市民向け講演会】※手話通訳・要約筆記あり

日時

平成25年12月13日(金曜) 14時から16時30分(13時30分開場)

会場

神戸市勤労会館308会議室( 神戸市中央区雲井通5-1-2 )

定員

120名(申込多数の場合は抽選)
★一時保育あり 1歳6ヶ月から就学前のお子さま対象。無料。定員3名(抽選)。
※神戸市勤労会館内託児室にて

プログラム

1.講演  「途切れない支援の重要性〜被害者遺族の立場として〜」
講師  土師 守氏 
 神戸市須磨区で1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件で、当時小学6年生だった土師淳君を失った父親の土師守さんの貴重なお話をお伺いします。
2.シンポジウム  土師 守氏、NPO法人ひょうご被害者支援センター、兵庫県警察被害者支援室、兵庫県弁護士会
3.「人形劇団クラルテ」による人形劇

入場料

無料( ただし、事前に申し込みが必要 )

申込方法(平成25年11月29日(金曜)必着)

電話またはFAXで下記へ申し込み(申込多数の場合は抽選)。受付後、当選者には入場券を送付します。
FAXの場合は、郵便番号、住所、名前、電話番号、参加人数、一時保育希望の場合は、お子さまの名前・年齢・性別を記載してください。 

申込先 神戸市保健福祉局人権推進課
TEL:078-322-5234、FAX:078-322-6048

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。