神戸市-KOBE-


株式会社アシックス×神戸市によるランニングコース整備

アシックス神戸市ロゴマーク

記者資料提供(平成25年7月12日)
企画調整局
企画調整部調整課公民連携推進室 河端、出石    TEL:078-322-5026 内線2331
E-MAIL:kobeppp@office.city.kobe.lg.jp

株式会社アシックス 広報室 
TEL:078-303-2255(神戸) 03-6419-1504(東京)

株式会社アシックス×神戸市によるランニングコース整備

(株式会社アシックス監修によるランニングコースの整備に関する基本協定の締結)

1.主旨

都心・ウォーターフロントエリアの全景 株式会社アシックス(以下、アシックス)は、神戸マラソンのオフィシャルスポンサーでもあり、神戸市のスポーツ振興のさまざまな場面でサポートいただいているところですが、このたび神戸市に対して、「市街地における安全・快適・独自性のあるランニングコースの整備」に関するご提案をいただきました。
神戸マラソン開催を機に、市民のランニングへの関心は年々高まっており、このランニングブームをさらに盛り上げるインフラとして、また「健康・スポーツ都市」づくりを進める観点からも、本格的なランニングコースの整備が期待されています。
 そこで、「港都 神戸」グランドデザインにおける神戸の都心・ウォーターフロントの新たな魅力創出の一環として、アシックス監修によるランニングコースを整備することが決まりました。
  整備に際しては、アシックスと神戸市の間で「ランニングコース整備に関する基本協定」を締結し、神戸を代表するランニングコースとして、市民はもとより神戸を訪れる皆様にも親しんでいただけるよう、連携・協力しながら進めてまいります。

2.アシックスとの連携項目(=基本協定書の内容)

(1)みなとのもり公園からHAT神戸エリアのランニングコースの整備

ランニングコースイメージ図(アシックス提供)○ウッドチップジョギングコースの整備(400〜500メートル程度)
 ランナーの足腰への負担が少なく、かつ環境にやさしい“ウッドチップジョギングコース”を整備します。また、ランニング前後に体をケアしていただくための“ストレッチ広場”を設置します。
○ マラソンメダリストモニュメント・時計・ウォーキングサインボードの設置
・歴代マラソンメダリスト6名(円谷幸吉さん、君原健二さん、有森裕子さん、森下広一さん、高橋尚子さん、野口みずきさん)のシルエットモニュメント
・ランニングスタート地点のランドマークとなる時計
・一定の距離をどのくらいの時間で歩けるかによって体力評価が行えるウォーキングサインボード
を設置します。
(ウッドチップジョギングコース・モニュメント・時計・ウォーキングサインボードはアシックスが設置)

(2)ランニングコース監修

神戸らしい景観や周辺環境を活かしたランニングコースを設定し、ランニングマップや距離・案内標示のスタンドサイン・フットサイン等を設置します。(ルートは今後検討)
 ランニングコースを活用し、神戸市民にランニングの魅力を伝えるイベントの開催や情報発信に取り組みます。(詳細は今後検討)


(3)ランニングコースを活用した事業の実施・情報発信

ランニングコースを活用し、神戸市民にランニングの魅力を伝えるイベントの開催や情報発信に取り組みます。(詳細は今後検討)

(4)施設整備後の管理運営

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。