神戸市-KOBE-


公民連携(PPP)により民間事業者のアイデアを事業化します

記者資料提供(平成25年6月27日)
企画調整局企画調整部調整課公民連携推進室 河端・出石    TEL:078-322-5026 内線2331
Email:kobeppp@office.city.kobe.lg.jp

公民連携(PPP)により民間事業者のアイデアを事業化します

1.主旨

 神戸市では、市民サービス向上や地域経済の活性化等さまざまな行政課題の解決に向けて、民間事業者が主体となった取り組みを推進するため、今年度、企画調整局内に公民連携推進室を新設しました。
 これまで各事業部局毎に対応していた、民間事業者のみなさまからの公民連携(PPP)に関するご提案・ご相談を一元的に受け付けるワンストップ窓口を開設し、提案のスムーズな実現につなげます。
 提案の規模・内容は問いません。民間事業者のみなさまと神戸市が対等なパートナーとして、お互いの強みを活かしたWin-Winの関係を構築できるよう、幅広い分野での連携に取り組んでまいりたいと考えておりますので、当窓口を積極的にご利用ください。
 ※公民連携(PPP)とは
  パブリック・プライベート・パートナーシップ(Public Private Partnership)の頭文字で、自治体が提供してきた公共サービスに、民間の資金や技術、ノウハウを取り入れることにより、事業効率の向上等を図ります。

2.公民連携窓口について

 (1) 場 所

神戸市役所1号館12階 企画調整局調整課公民連携推進室
※公民連携をイメージしたロゴマークを目印にお越しください。

 (2)提案後の流れ(イメージ)

民間事業者の皆さまからのご提案・ご相談
        ↓
各事業部局との情報共有・事業化検討
        ↓
事業化に向けた修正案等を提示
        ↓
提案の事業化(別途事業者を公募する場合あり) 
※民間事業者の皆さまと協力し、実現可能性の調査を行うこともあります。

(3) 「公民連携推進室」のホームページ

URL:http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/innovation/kobeppp/index.html

3.こんな提案をお待ちしています(提案例)

・市の業務について、より効果を高めるため、民間のノウハウを用いて自ら実施したい!
・企業広報を市のイベントや広報とタイアップして、盛り上げたい!また施設を活用したい!
・企業のイメージアップ・社会貢献として、公共施設の魅力アップに取り組みたい!
・まちの活性化に向けて、新たな事業を市とともに取り組みたい!
・まちのさまざまな課題を民の力で解決したい!

4.「提案型ネーミングライツ」の創設

 今年度より、新たに公民連携推進室を窓口として、ネーミングライツの一括募集・選定を行います。市が特定した施設について命名権を付与する従来からの募集方法に加え、民間事業者から施設と愛称をセットでご提案いただく「提案型ネーミングライツ」を新たに導入します。
 なお、募集時期は7月頃を予定しています。
※ネーミングライツとは
 市とネーミングライツパートナーとの契約に基づき、ネーミングライツパートナーは市の施設等に企業名、商品名などを冠した愛称をつけ、市はその対価を得て施設の管理運営等に役立てるしくみです。条例上の施設名称の変更は行いませんが、市はホームページや広報印刷物などにおいて、命名された愛称を積極的に使用することになります。

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。