神戸市-KOBE-


神戸市内産の農産物とデザインとの初のコラボレーション!

記者資料提供(平成24年9月10日)
産業振興局
農政部農水産課 山田・田中
TEL:078-322-5355 内線:3861
E-MAIL:nousuisanka2@office.city.kobe.lg.jp

神戸市内産の農産物とデザインとの初のコラボレーション!

KSF「神戸にこんな顔があったなんて」

神戸市は、北区・西区を中心に、自然豊かな農村部が広がっており、野菜・果物・米・花など、数多くの農産物が栽培されています。神戸は「オシャレな街」というイメージはありますが、「農業」が営まれていることは、あまり知られていません。
この神戸のもう1つの「顔」を広く市民に知っていただくため、デザインとのコラボレーションによる新たな異業種連携に取り組みました。デザインを通じて、「神戸のこんな顔」を見て下さい。食べるだけが農業じゃありません。デザインが好きな方も、農業が好きな方も楽しめる伝える農業もあるんですよ。

1.展示会名

KSF Kobe Safe Farm −食の安全安心を神戸から−
「神戸にこんな顔があったなんて」

2.展示期間

平成24年9月14日(木)〜10月17日(火)※木曜休館
10時〜12時・13時〜17時

3.展示場所

神戸ホームズスタジアム内 ウィングギャラリー
(神戸市兵庫区御崎町1丁目2番地の2)

4.入場料

無料

5.展示内容

(1)水彩画1点

岩崎氏原画画家:岩崎ナギ 氏   所属:岩崎ナギ絵画制作室「InKs」
右図の原画に色がついていきます。水彩画の中には、神戸の農業を知ることができる色んな仕掛けがあります。

(2)農産物紹介パネル3点

鎌田氏作ポスターグラフィックデザイナー:鎌田真嗣 氏
所属:ノークバリーデザインスタジオ
得体の知れない3体のロボット??人形??の顔は、どんな顔でしょう?
それは会場でのお楽しみ!神戸の農業の顔の一端を見ることができますよ。

◆関連資料

◆関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。