神戸市-KOBE-


神戸市立王子動物園 4月のイベント

記者資料提供(平成24年3月22日)
建設局
王子動物園 担当者名:山口・森本
TEL:078-861-5624 内線:
E-MAIL:kobeojizoo@office.city.kobe.lg.jp

神戸市立王子動物園 4月のイベント

夜桜通り抜け

動物園内の桜をライトアップし、無料で公開する恒例の「夜桜通り抜け」を4月5日(木)〜7日(土)の3日間開催します。これまでの実績から、今年も3日間で約5万人の入園者を見込んでいます。当日は園内で、来年以降の開催を支援していただくため「一人100円」の桜募金への協力を呼びかけます。
春になると約480本の桜が咲き誇る王子動物園は、神戸市内でも有数の桜の名所として知られており、園内には神戸海洋気象台がソメイヨシノの開花と満開を観測する標本木もあります。「夜桜通り抜け」は平成7年の阪神淡路大震災で被災された方々を励ますために、1998年(平成10年)より開始しました。
なお「夜桜通り抜け」開催時の入園料は無料ですが、夜間のために動物たちをご覧いただくことはできません。

日時

平成24年4月5日(木曜)・6日(金曜)・7日(土曜)
                午後6時〜8時30分

場所

神戸市立王子動物園内 特別観覧通路 約350m (所用時間:約20分)

入園料

無料(但し、駐車場や遊園地の遊具等は有料です。)

注意事項

・動物を見ることはできません。
・小雨の場合は決行します。
・駐車場は大変混雑いたしますので、電車・バス等をご利用ください。
・弁当、酒等の持ち込みは禁止させていただき、宴会等はできません。
・昼間に入園された方は、準備のため午後5時までに一旦退園していただきます。
・昼間の入園は通常どおり有料です。
・ペットを連れての入園はできません。
・食堂や売店、遊園地は営業します。

特別展「動物のあし」

動物の「あし」をテーマに、足型や骨格からわかる動物の生態や進化を紹介する特別展。動物の足あとを追いながら、その動物の暮らしぶりによる「あし」の違いや秘密を探ります。
王子動物園で飼育していたサイやジャガーなどの石膏足型や、ナマケモノ・オオアリクイなど珍しい骨格標本も展示し、小中学生の夏休み自由研究に役立つ内容としました。

開催期間

平成24年4月21日(土曜)〜9月30日(日曜)
   各日午後1時30分〜2時30分

場所

神戸市立王子動物園 動物科学資料館 特別展示室

入場料

無料(但し、動物園入園料は必要です。)

国指定重要文化財「旧ハンター住宅」館内公開

園内にある神戸市内最大級の異人館の内部を特別公開します。
「旧ハンター住宅」は明治22年頃の建築で、1963年(昭和38年)に中央区北野町から動物園内に移築されました。1966年(昭和41年)に国の重要文化財に指定されています。

日時

平成24年4月1日(日曜)〜30日(月曜・休日)
       午前9時30分〜午後4時30分

入館料

無料(但し、動物園入園料は必要)

その他

通常、毎週水曜日は休園ですが、3月28日(水曜)・4月4日(水曜)は臨時開園します。