神戸市-KOBE-


東北地方太平洋沖地震の被災透析患者への支援

記者資料提供(平成23年3月16日)
保健福祉局 健康部 地域保健課 阿辻、田中、坂
TEL:078-322-5254 内線:3363
E-MAIL:tiikihoken@office.city.kobe.lg.jp

東北地方太平洋沖地震の被災透析患者への支援

 神戸市では、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の被災者の方々に対する支援の一環として、被災された透析患者に適切な医療を提供するために、兵庫県透析医会と連携を図り、支援を実施します。
 また宿泊施設から透析実施医療機関までの送迎、健康相談や心のケアも実施します。

受入れ対象者

 透析を必要とされている方とその家族  80名(今後調整にて増員する予定)

受け入れ日時

 平成23年3月22日から

受け入れ宿泊施設

 しあわせの村などの市関連宿泊施設

受け入れ医療機関

 兵庫県透析医会のご協力により確保された透析医療機関(市内26ヶ所)

受け入れの方法

 兵庫県透析医会が日本透析医会を通じて、被災地の透析医と連絡をとり、透析患者の状況に応じて、受け入れ先医療機関を決定します。
透析患者とその家族は当面の間、しあわせの村などの宿泊施設に滞在し、週に3回、透析医療機関までの送迎を受けながら通院、1回4時間の透析を受けていただきます。
 滞在中は市保健師等による健康相談や心のケアも実施したいと考えています。