神戸市-KOBE-


「神戸プラージュKOBE Plage 2010」開催!!

記者資料提供(平成22年5月13日)
みなと総局みなと振興部振興課(神戸プラージュ実行委員会事務局)小倉・服部 
tel:322-5670 内線5411

この夏、みなとにビーチが出現!

「神戸プラージュKOBE Plage 2010」開催!!

 みなとまち・神戸の発展を支えてきた神戸港の新港第1突堤にこの夏、都心のオアシスが現れます。その名も「神戸プラージュKOBE Plage 2010」。「海と人との共生」をテーマに、新たに整備する約3,000 平方メートルの人工の砂浜では、ビーチスポーツを満喫したり、LED照明を埋め込んで夜間に幻想的な雰囲気を醸し出す「光る砂」に癒されます。
 また港の夜景を楽しめるダイニングレストランやカフェ、浜辺で楽しめるグッズを揃えたショップが並ぶほか、週末にはフェリーや帆船、官公庁船、ヨット、水上バイク等がやってきたり、子供達も喜ぶイベントも盛りだくさん。砂浜に寝そべって潮風や波の音に身をゆだねながら、「デザイン都市・神戸」のライフスタイルを体感できる今年限りの神戸の夏のお出かけスポットです。
神戸の中心・旧居留地や三宮や元町からも徒歩圏内にあり、西にメリケンパーク、ハーバーランド、東に神戸大橋とポートアイランドを一望できる、都心・ウォーターフロントならではの絶好の景観もおススメです!是非、夏休みは「神戸プラージュ」にお越し下さい。

目的

(1)仮設ビーチを整備し、マリンスポーツ等を中心としたイベントにより賑わいをつくりだすとともに、都心部で市民や観光客がくつろげるような憩いの場を創出する。
(2)新港西地区の魅力をPRし、今後の再整備を円滑に進める。

開催期間

平成22年7月17日(土)〜8月31日(火)
 ※8月3日(火)〜9日(月)は「みなとこうべ海上花火大会」会場の開設準備・撤去作業のためプラージュ内への立ち入りはできません。

開催場所

神戸港新港第1突堤(中央区新港町)
 別紙:会場予定図

主催

神戸プラージュ実行委員会

内容

(1)会場レイアウト(5つに区分)

神戸プラージュ 鳥瞰図
1.プラージュ(砂浜)エリア
 プラージュとはフランス語で“砂浜”。エリア西側に整備される40m×80mの砂浜では、仲間たちとビーチバレーやビーチサッカー、ビーチフラッグなどが楽しめます。もちろんシャワーや更衣室も完備。夜は、みなとの夜景を眺めながら幻想的な「光る砂」効果で癒されるデートスポットに早変わり。また、エリア東側では、大テントを備えたステージで生ライブが催されたり、サンバフェスタやガレージセールなども開かれます。

2.にぎわい通り(飲食及び物販)
 みなとのオープンな景色をバックに、お洒落な音楽と神戸テイストのフードやドリンクを提供するほか、夏に使えるちょっとチェックしたいグッズが揃うお店がいろいろ。
主な施設:ダイニングレストラン、ビーチサイドカフェ&バー、マ−ケットマルシェ

3.マリンスポーツエリア
 マリンスポーツを体験できるエリア。クルージングヨットの船内公開や水上バイク、クルーザーなどの試乗やデモンストレーションなどのイベントも。カヤックなどの講習会も開講。また都心では見られないアクアスロンの大会も開かれる予定です。

4.シップエリア
 航海訓練所の練習帆船「海王丸」や海上保安庁が所有する世界で唯一の航路標識測定船「つしま」の一般公開のほか、瀬戸内を航行するフェリー「さんふらわあ」も特別に着岸し船内を見学できます。

5.イベントエリア
 大規模イベント開催時にオープンする特設エリア。子供も大人も乗れるミニSLやヘリコプター遊覧はここが会場。プラージュの「クロージングイベント」も予定されています。

(2)イベント内容

別紙「イベントカレンダー」参照

(3)アクセス

 JR三ノ宮駅周辺と会場を結ぶシャトルバスが運行します(約30分間隔)。さらに、土日祝日はハーバーランドからもシャトルバスが運行します。

今後のスケジュール

5月下旬      インフラ整備開始
6月中       人工砂浜や施設の整備
7月15日(木)  プレイベント
7月17日(土)  オープニングイベント
8月29日(日)  クロージングイベント

お問い合わせ先

神戸プラージュ実行委員会事務局 TEL 078-322-5670
(神戸市みなと総局みなと振興部振興課振興係 服部・本間)

この資料は、市政記者クラブ・海運記者クラブ・民放記者クラブ等に配布しております。

◆関連資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。