神戸市-KOBE-


世界遺産で行う姉妹都市バルセロナ市との国際連携ワークショップ
「WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016」の実施について

最終更新日
2016年6月9日
  • [6月9日]「WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016」の専用WEBページを更新しました!

webtop神戸市では、オープンデータの蓄積・公開を推進し、市民・事業者とICTを活用して地域課題を解決するオープンガバメント社会の構築を支援しています。
そのためには、ICTを活用できる若手人材育成が不可欠です。
そこで、若手IT人材育成の一環として、オープンデータ利活用やオープンガバメントの分野において先進的な姉妹都市・バルセロナ市との連携により、まちづくり×ICTをテーマとする、オープンデータのヴィジュアライズ(可視化)を通じたワークショップ及び先進事例を学ぶ視察ツアー「WORLD DATA VIZ CHALLENGE 2016」をバルセロナ・神戸で開催します。

当プログラムにより、参加者がICTを活用したまちづくりを推進する現地の中心人物や他の参加者と国際舞台で意見を交わすことで、新しい着想を得ることが期待され、こうした分野でこれからの次代を切り拓く新たな才能発掘と本市のオープンデータ活用事例創出へとつなげようとするものです。

開催期間

(1)1st Stage【バルセロナ】 平成28年6月14日(火曜)〜18日(土曜) ※現地時間
・ワークショップ(世界遺産「サン・パウ病院」内のCasa Asia(カサ・アジア)で開催)
・視察ツアー(バルセロナ情報局、バルセロナ都市生態学庁、ファブラボ 等)

(2)2nd Stage【神戸】 平成28年10月15日(土曜)〜16日(日曜)
 ・ワークショップ(2日間)

参加者

公募により決定した18組25名
(データの可視化やICTを活用したまちづくりに関心を持つ学生や若手IT人材等)

プログラム概要

ワークショップでは、オープンデータやオープンガバメント推進の分野で活躍するバルセロナ市職員や研究者などをまじえ、参加者による両市のオープンデータの可視化作品についてのプレゼン及び意見交換を行います。ワークショップの後半には、カンファレンス形式で、様々なゲストによるプレゼンやパネルディスカッションなどを行う予定です。
さらに、ワークショップ終了後、バルセロナのデータ活用やオープンガバメントの先進事例を学ぶ視察ツアーを実施します。

ここでプレゼン及び意見交換されたオープンデータの可視化作品については、神戸での2nd Stageにおいて、各参加者によりブラッシュアップされた形で再度プレゼン及び意見交換され、オープンデータ活用事例の創出につなげていきます。
詳細については、別紙「プログラム(予定)」及び下記のホームページをご覧ください。

参考

(参考1) サンパウ病院について
ガウディのライバルであり当時のスペイン建築界の巨匠リュイス・ドメネク・イ・ムンタネール(Lluis Domenech I Montaner)がデザインした、カタルーニャ音楽堂と肩を並べるモデルニスモ建築の傑作中の傑作と言われています。1997年に、カタルーニャ音楽堂とともに「バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院」としてユネスコの世界遺産に登録されました。なお、現在診療は行われておらず、内部見学に開放されています。

(参考2)バルセロナ市の取組みについて
バルセロナ市は2000年からクリエイティブ産業やイノベーション創出を目指して大規模なスマートシティプロジェクトを推進しています。2011年からは世界最大規模となるスマートシティ国際会議を開催し、2014年3月にはEUにおける最もイノベーションを推進する都市に選定されています。
また、市民と行政が協働して地域課題を解決する「オープンガバメント」の推進についても積極的で、市民や企業とのコラボレーションによるオープンイノベーションを促進するための基盤「City OS」という先進的なコンセプトを展開しています。

(参考3)データヴィジュアライズについて
データヴィジュアライズ(データをわかりやすく可視化すること)により、課題を明らかにする、ソリューションを発想するのに役立つ、ソリューションを実行に移した際の効果測定に有効、といったことが期待され、まちづくりにおいてPDCAサイクルを実践しようとした場合にデータヴィジュアライズは欠かすことのできないツールと言えます。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。