• 日程:本会議・委員会の日程がご覧になれます。
  • 議員の紹介:区別・会派別・委員会別・50音順に紹介しています。
  • 会議録検索システム:本会議・委員会の会議録がご覧になれます。
  • インターネット中継:本会議・委員会の映像をご覧になれます。

東日本大震災の被災地への支援

最終更新日
2011年5月24日

東日本大震災が発生した直後から、神戸市会では被災地を支援するため様々な取り組みを行ってまいりました。今後とも議会としてできることに全力で取り組み、被災地の一日も早い復旧・復興に努めてまいります。

      

1.被災地の支援に向かう応援職員を激励

派遣職員を激励3月11日(金曜)夜に被災地の救援のため出発した緊急消防援助隊に続き、被災地での指揮支援、応急給水支援等にあたる派遣隊15名の出発式が、3月12日(土曜)午前11時に市役所玄関前で行われました。派遣にあたり、市会議長が、「神戸市は阪神大震災時に全国から支援を受けました。150万の市民を代表して、その市民の想いを伝えるのだという気持ちで、しっかり支援してください。」と職員を激励しました。

2.本会議での報告聴取

3月14日(月曜)本会議の冒頭で、市長から今回の地震に対する神戸市の対応と今後について、報告を受けました。

3.市会運営委員会の開催

3月14日(月曜)本会議の終了後、臨時の市会運営委員会を開催し、危機管理室から東北地方太平洋沖地震の状況と対応について報告を受けるとともに、議会としてできることに全力で取り組んでいくことを確認しました。

4.仙台市議会議長あて見舞い状を託す

東北地震見舞状3月14日(月曜)午後1時に応援職員53名を仙台市に派遣するにあたり、副議長より「本当に悲しい出来事で、神戸市民も何とか支援したいと思っていることを被災地に伝えてください。そして我が街神戸という気持ちで、一致団結して支援活動を行ってもらいたい。」と職員を激励し、神戸市会議長から仙台市議会議長へあてた見舞い状を派遣隊の隊長に託しました。

5.神戸市会議員からの見舞金寄贈

東北地震見舞金3月15日(火曜)に代表者会議を開催し、被災者支援に役立てていただくため、神戸市会議員全員による見舞金500万円(議員66名の個人拠出)を、仙台市及び仙台市議会に対して寄贈することを決定し、3月19日(土曜)午後3時に出発する応援職員(63名)の隊長に見舞金の目録を託しました。派遣にあたって議長より「16年前に全国から受けた支援に対する神戸市民の感謝の気持ちを背負って、この任務は何があってもやり遂げてもらいたい。」と職員を激励しました。

6.仙台市議会あて「阪神・淡路大震災 神戸市会の動き」等を送付

仙台市議会の今後の復旧・復興へ向けた取り組みの参考としていただくため、阪神・淡路大震災発生後の神戸市会の活動を取りまとめた「阪神・淡路大震災 神戸市会の動き」と、「阪神・淡路大震災 神戸市の記録1995年」を3月17日(木曜)に送付しました。

7.東北地方太平洋沖地震に関する決議

東北地震黙祷3月22日(火曜)本会議の冒頭、震災で犠牲となられた方のご冥福をお祈りするため、黙祷しました。
その後、神戸市会として、東日本大震災により犠牲となられた方々及び御遺族の皆様に心から哀悼の意を表するとともに、国に対して、一日も早い被災地の復旧・復興に向けた財政支援や立法措置を求めるなど、被災者支援に全力を挙げて取り組んでいく決意を表明するため、「東北地方太平洋沖地震に関する決議」を全会一致で可決しました。

8.緊急消防援助隊福島第一原子力発電所派遣隊を激励

消防隊を激励3月29日(火曜)福島第一原子力発電所の冷却放水活動にあたる派遣隊53名の出発式が東遊園地で行われ、市会議長が、神戸市民の代表として、「身の危険も覚悟し、出発される皆さんに感謝します。150万神戸市民が尊敬と祈りをこめて、困難な任務を完遂されることを願っています。」と激励しました。

9.仙台市議会と名取市議会への情報提供

3月18日から仙台市議会、4月13日からは名取市議会も加えた2市の市議会に対し、東日本大震災に関する神戸市の対応状況についての資料を電子メールで送信しています。神戸市の応援体制や震災に関連する新聞記事など、タイムリーな情報をきめ細やかに提供しております。今後とも、神戸市の取り組みなどをお知らせし、復興に向けてご活用いただけるよう努めてまいります。

10.神戸市会議長・副議長が仙台市・名取市を訪問

仙台市訪問今後も継続的に神戸市から支援を行っていくため、4月25日に議長・副議長と中村副市長が仙台市と名取市を訪問し、被災地の議会や市長等と支援内容等について協議しました。
仙台市では、元気を取り戻すとともに、風評被害を打ち破るためにも観光というテーマで盛り上げることが必要であるという意見で一致しました。具体的な支援として、神戸まつりを通じた被災地支援、被災地への観光をアピール、神戸−仙台便の早期復活、視察等の積極的な受け入れについての提案をしました。

名取市訪問また、名取市では、罹災判定についての支援依頼を受けました。訪問後の27日には、常任委員長会議が開催され、議長・副議長から各常任委員長に対し、被災地の状況や仙台市・名取市との協議内容等を報告するとともに、東日本大震災への対応についての委員会開催の検討を要請しました。
(これを受け、5月13日から5月23日にかけての各常任委員会の開催が決定しました。)

被災地の状況

荒浜地区仙台市荒浜地区

閖上地区名取市閖上(ゆりあげ)地区

11.第41回神戸まつりで仙台復興支援

5月15日、仙台市副市長、市議会副議長、杜の都親善大使が神戸市を訪れ、神戸市長、副市長、市会議長、副議長とともにパレードに参加しました。また、その後には本山第三小学校児童5・6年有志が続きました。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。