• 日程:本会議・委員会の日程がご覧になれます。
  • 議員の紹介:区別・会派別・委員会別・50音順に紹介しています。
  • 会議録検索システム:本会議・委員会の会議録がご覧になれます。
  • インターネット中継:本会議・委員会の映像をご覧になれます。

平成28年熊本地震への対応

最終更新日
2016年4月25日

 平成28年熊本地震により、亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。阪神・淡路大震災の経験を踏まえて、神戸市民・神戸市と連携して、神戸市会としても全力で支援してまいります。
                                                                                  神戸市会議長 守屋 隆司
                                    
      

災害救援募金等の情報

被災地の支援に向かう職員を激励

応援隊員を激励する写真 熊本県で発生した地震の被災地における緊急消防活動支援のため、4月16日(土曜)に出発した緊急消防援助隊兵庫県隊(神戸市隊)第1次派遣隊に続き現地に派遣される、第2次派遣隊の出発式が、4月18日(月曜)午前11時30分に市役所3号館玄関前で行われました。
 神戸市会を代表して、守屋議長が「阪神・淡路大震災で神戸が全国から受けた支援を忘れず、また他の被災地支援を行ってきた経験を生かして、被災された皆様のため全力で支援してきてください」と隊員を激励しました。

派遣職員を激励する写真 また、4月21日より現地に派遣する職員(第2次熊本市避難所支援隊20名、環境局益城町廃棄物収集運搬支援隊29名(作業車9台)、神戸市社会福祉協議会3名(熊本市社協災害ボランティアセンター支援))の出発式が、4月21日(木曜)午前9時に市役所1号館玄関前で行われました。
 神戸市会を代表して、守屋議長が「被災された皆様は、阪神・淡路大震災を経験した神戸市の支援に感謝しておられ、また神戸市民も皆さんの活躍を期待しています。現地は大変な状況であり苦労も多いと思いますが、無事に勤務を全うして元気に神戸に帰ってきてください」と職員を激励しました。

神戸市会議員からの見舞金寄贈

熊本市議会議長に見舞状及び見舞金を渡す写真 4月22日(金曜)、阪神・淡路大震災を経験した神戸市の議会として、被災者支援に役立てていただくため、神戸市会議員全員による見舞金100万円(議員68名の個人拠出)を、熊本市議会に対して寄贈しました。
 同日、守屋議長が熊本市議会を訪問し、澤田昌作熊本市会議長に見舞状及び見舞金を渡しました。また、久元市長の代理として大西一史熊本市長に見舞状及び見舞金を渡しました。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。