神戸市-KOBE-


 

久元市長の動き

最終更新日
2018年2月25日

2018年2月25日(日曜)の予定

公務なし

これまでの主な行事の記録

2月16日(金曜)

定例会見

定例会見定例会見において、「平成30年度予算案」について話をしました。内容は、次のとおりです。

2月13日(火曜)

平成29年度第2回神戸市総合教育会議を開催しました

平成29年度第2回神戸市総合教育会議を開催しました平成29年度の全国学力・学習状況調査などの結果をもとに、特に小学校に焦点を当てて、学力向上策について議論を行いました。学力の定着状況、家庭での生活状況や学習状況には児童間で大きなばらつきがあることなどが小学校の課題点としてあげられ、放課後学習のさらなる充実や学童保育との連携、ICT機器の整備の必要性などについて意見が出されました。

1月30日(火曜)

東灘区民のつどいに出席しました

東灘区民のつどいに出席しました東灘区の地域団体等の方々、約200名が一堂に会する「東灘区民のつどい」に出席しました。久元市長は、想定される南海トラフ地震への対策や、開港150年を記念した帆船フェスティバルでのだんじりパレード、御影公会堂リニューアルオープン、六甲アイランドまちびらき30周年に触れ、「東灘の豊かな歴史を受け継ぎ、今までの取り組みを大事にしながら、新たな発想で住みよいまちになるようにしたい」と述べました。

中央区民新年のつどいに出席しました

中央区民新年のつどいに出席しました中央区の地域団体等の方々、約170名が一堂に会する「中央区民新年のつどい」に出席しました。久元市長は、挨拶の中で「中央区は魅力あるスポットが多い。三宮再整備事業の中で人の流れを作り出し、これらをつなげていくことで、にぎわいを創出していく」と述べました。

1月25日(木曜)

「未来共創イノベーションカンファレンス〜地域力を競争力へ〜」に出席しました

「未来共創イノベーションカンファレンス〜地域力を競争力へ〜」に出席しましたカンファレンスには地元企業をはじめスタートアップなど約150名が参加し、協業・連携によるイノベーションの創出について議論が交わされました。カンファレンスの冒頭で久元市長は「スタートアップと神戸の経済基盤を支える企業それぞれがお互いにウィンウィンの関係性が生まれることを期待する」と述べました。

1月24日(水曜)

第11回災害対策セミナーin神戸 地域防災シンポジウムに参加しました

第11回災害対策セミナーin神戸 地域防災シンポジウムに参加しました「第11回災害対策セミナーin神戸 地域防災シンポジウム」が神戸国際会議場で開催されました。久元市長は、「神戸は23年前に大きな地震を経験したが、今後、直下型地震が発生しないという思い込みを無くす必要がある。南海トラフ巨大地震の津波対策や土砂災害対策にもしっかりと取り組んでいきたい」と挨拶しました。また、「防災功労者」、「ともにつくる安全で安心なまちづくり賞」として、貢献された方々を表彰しました。

定例会見

定例会見定例会見において、「コンテナ貨物取扱量の最高記録更新」「危険な空家を代執行により除却します」について話をしました。内容は、次のとおりです。

1月23日(火曜)

灘区新年のつどいに出席しました

灘区新年のつどいに出席しました地域団体や事業者の方々をはじめ、約200名が一堂に会する「灘区新年のつどい」に出席しました。久元市長は、「特殊詐欺撲滅や防災コミュニティの拡充など、安全で安心な災害に強いまちを目指した取り組みを進めていく。灘区がにぎわいと活力のあるまちとなるよう今後もみなさまのご協力、ご支援をお願いしたい」と述べました。

1月22日(月曜)

垂水区民のつどいに出席しました

垂水区民のつどいに出席しました垂水区の地域団体等の方々、約230名が一堂に会する「垂水区民のつどい」に出席しました。久元市長は挨拶の中で、垂水区の子育て環境の良さに触れ、「これからは高齢者にも優しいまちであり続けるために、いろいろな施策を講じていく」と述べました。

西区民新春の集いに出席しました

西区民新春の集いに出席しました西区の地域団体等の関係者、約300名が一堂に会する「西区民新春の集い」出席しました。久元市長は挨拶の中で、西区役所の西神中央駅前への移転に触れ、「西図書館と芸術文化ホールを新設することについても、本格的に検討を始めていきたい」と述べました。

1月19日(金曜)

北区新年のつどいに出席しました

北区新年のつどいに出席しました北区の振興と発展に活躍される各団体の代表の方々、約230名が一堂に会する「北区新年のつどい」に出席しました。久元市長は、鈴蘭台駅前の再開発、北神地域の行政サービスの向上、ニュータウン地域における公共交通のあり方などに触れ、「さらなる市民サービス向上のために、一歩でも二歩でも進めていきたい」と述べました。

1月15日(月曜)

須磨区民新年の集いに出席しました

須磨区民新年の集いに出席しました須磨区の地域団体等の方々、約180名が一堂に会する「須磨区民新年の集い」に出席しました。久元市長は、「須磨区は人口が減っている印象があるが出生者数は前年から3%伸びている。また、須磨寺をはじめ多くの文化遺産もあり、翁舞などのすばらしい伝統芸能を若い世代に伝えていきたい」と述べました。

1月12日(金曜)

定例会見

 定例会見定例会見において、「神戸医療産業都市20周年記念ロゴマークの決定」「『都市型創造産業』の集積に向けた取り組みが始まります」「シンガポールにおいて神戸産品のテストマーケティングを開始します」について話をしました。内容は、次のとおりです。

1月10日(水曜)

長田区新春のつどいに出席しました

長田区新春のつどいに出席しました地域団体や事業者の方々をはじめ、約200名が一堂に会する「長田区新春のつどい」に出席しました。久元市長は、「県市合同庁舎の来年6月竣工を契機に、街に活気と賑わいを作り出すと同時に、ながた緑プロジェクトを進め、緑豊かな潤いのある街にしていきたい。また、たくさんの子どもたちにも長田に来てもらい、沿線施設を活用したスポーツや下町芸術祭なども盛んにしていきたい」と述べました。

1月9日(火曜)

長田区総合窓口のオープニングセレモニーに出席しました

長田区総合窓口のオープニングセレモニーに出席しました市民サービス向上の一環として、引越しの届出に伴って必要となる国民健康保険、国民年金、後期高齢者医療、福祉医療費助成、介護保険、児童手当などの手続きを新たに市民課の窓口で受付ける「総合窓口」を、昨年1月に開設した東灘区役所に続き、長田区役所で開設しました。久元市長は、業務開始に先立ちオープニングセレモニーに参加し、テープカットを行いました。

兵庫区新年のつどいに出席しました

兵庫区新年のつどいに出席しました兵庫区の地域・団体等の代表者の方々、約200名が一堂に会する「兵庫区新年のつどい」に出席しました。久元市長は、「本年、兵庫区では、区役所庁舎が平成30年度末完成、神戸新開地に喜楽館が7月11日開場予定など様々な動きがあり、これらをもとに兵庫区全体の活性化につなげていきたい」と述べました。

1月8日(月曜)

神戸市成人お祝いの会に出席しました

神戸市成人お祝いの会に出席しました平成30年神戸市成人お祝いの会がグリーンアリーナ神戸で開催され、約7,500人の新成人が出席しました。久元市長は、新成人に「これから神戸で生きていく方も、それ以外の世界に羽ばたいていく方も、どの地にいても神戸への思いを大切にしてこれからの人生を歩んでいってください」との言葉を贈り、新成人代表に花束を贈呈しました。

1月7日(日曜)

消防出初式に出席しました

 平成30年の新春を飾る消防出初式を、メリケンパークにおいて開催しました。久元市長は、自治体消防制度発足70年を記念した伊川谷北高校の書道部によるパフォーマンスや、不死鳥が羽ばたく様子を表現した消防隊による放水を視察しました。

過去の動き