神戸市-KOBE-


久元市長の動き

久元市長の動き

最終更新日
2017年3月29日

2017年3月29日(水曜)の予定

9時00分庁内打ち合わせ市役所内
10時00分港島クリーンセンター竣工式中央区内
帰庁後庁内打ち合わせ市役所内
16時30分神戸マラソン実行委員会平成28年度第3回総会中央区内

これまでの主な行事の記録

3月14日(火曜)

「平成28年度神戸市技能奨励賞表彰式」に出席しました

「平成28年度神戸市技能奨励賞表彰式」に出席しました優れた技能を持ち、伝統技能の継承や従来の技術の改良などに取り組む若い技能職者を奨励する「神戸市技能奨励賞表彰式」が神戸市役所にて開催され、3職種3名の技能職者が受賞されました。久元市長は、受賞者に表彰状と楯・奨励金を贈呈し、これまでの努力への敬意と今後の活躍に対する期待を述べました。

3月13日(月曜)

外国客船「クイーン・エリザベス」歓迎セレモニーを開催しました

外国客船「クイーン・エリザベス」歓迎セレモニーを開催しました神戸開港150年を記念し、神戸港を拠点に初の日本発着クルーズを実施する「クイーン・エリザベス(90,901総トン、旅客定員2,081名)」の船上において、歓迎セレモニーを開催しました。久元市長は、アシーム・ハシミ船長はじめ、乗組員と乗船客のみなさまに心からの感謝と歓迎の意をお伝えし、今後の航海の安全を祈念しました。

3月12日(日曜)

東灘区の4つの防災福祉コミュニティ合同の津波避難訓練に参加しました

東灘区の4つの防災福祉コミュニティ合同の津波避難訓練に参加しました近い将来、発生が危惧されている南海トラフ地震に備えるため、津波の浸水想定区域でもある東灘、福池、本庄、本山南の各小学校区の住民約1,000名が避難訓練に参加し、避難先である本山第三小学校まで歩いて避難しました。久元市長は集まった方々に、避難訓練の実施・参加に感謝を述べるとともに、「これからも地域ぐるみでみんなが安全に避難できるような取組みをお願いします」と挨拶しました。

3月9日(木曜)

日経BP社主催のITイベント『Cloud days2017』において講演を行いました

日経BP社主催のITイベント『Cloud days2017』において講演を行いました日経BP社主催のITイベント『Cloud days2017』(ザ・プリンスパークタワー東京)において講演し、神戸市が進めるスタートアップ支援とルワンダとの経済交流について、ICTを活用した取り組みとして紹介しました。講演後には会場を移してトークセッションを行い、「神戸で若者が挑戦して成長し、国内外に大きく羽ばたいていくことを期待している」と述べました。

3月8日(水曜)

定例会見

定例会見定例会見において、「米国の起業家育成団体(500 Startups)への職員の派遣」、「メリケンパークのリニューアルオープン」について話をしました。内容は、次のとおりです。

「なだ地域子育てシンポジウム」に出席しました

「なだ地域子育てシンポジウム」に出席しました灘区での地域子育て支援を考える「なだ地域子育てシンポジウム」に出席しました。区内で子育て支援の活動をする神戸大学(のびやかスペ−スあーち)、灘区連合婦人会、子育てサークルPit in しのはら及び原田児童館からの活動報告に続き、久元市長が、神戸における子育て支援の現状と今後の取り組みについて講演しました。その後、来場した区民の方々と意見交換を行いました。

3月7日(火曜)

「こうべ改善〜案・DO・トライ〜」の表彰式に出席しました

「こうべ改善〜案・DO・トライ〜」の表彰式に出席しました市役所の各職場において、市民サービスの向上や事務効率のアップなどを目指し、日々取り組んでいる業務改善の優秀事例26件について表彰を行いました。久元市長は講評で、「みなさんがアイデアを出し合って、業務改善を実施し評価を得ているのは素晴らしいことです。ぜひこの取り組みを続けていただき、さらなる改善につなげていただきたい」と激励しました。

神戸学院大学附属高等学校のグローバルゼミにおいて講演を行いました

神戸学院大学附属高等学校のグローバルゼミにおいて講演を行いました神戸学院大学附属高等学校において、「市長が語る国際都市神戸」をテーマに講演を行いました。神戸が国際都市として成長した歴史や、グローバル社会で生きていく中での語学力の大切さを述べ、生徒からは「市長の学生時代の勉強方法を教えてほしい」といった質問が出ました。講演の最後にはルイーズ広報専門官も壇上に登場し、外国語の勉強のコツや外国人から見た神戸市の魅力を述べました。

3月6日(月曜)

公益財団法人阪神・淡路大震災復興基金理事会に出席しました

公益財団法人阪神・淡路大震災復興基金理事会に出席しました公益財団法人阪神・淡路大震災復興基金理事会に出席しました。理事会では、平成29年度の事業計画及び収支予算等について審議が行われ、平成28年度末に、基金の残余が見込まれることから、震災復興の残された課題として引き続き支援が必要と考えられる「高齢者の自立支援」の1事業について1年間延長、「まちのにぎわいづくり」、「伝える・備える」の2事業について3年間延長し、被災地への支援を継続することとなりました。

3月4日(土曜)

「ヴィッセル神戸を応援する首長の会」に出席しました

「ヴィッセル神戸を応援する首長の会」に出席しましたノエビアスタジアム神戸での開幕戦前に行われた「ヴィッセル神戸を応援する首長の会(兵庫県知事及び県内全市町長で構成)」に出席しました。同会会長である久元市長は、「悲願の初タイトルを目指し、頑張っていただきたい。皆さんと一致団結し、応援していきましょう」と挨拶しました。

神戸市介護認定審査会委員委嘱状交付式に出席しました

神戸市介護認定審査会委員委嘱状交付式に出席しました平成29年度より3年間の任期でご就任いただく介護認定審査会委員572名の委嘱状を各区代表者に交付しました。久元市長は、介護保険制度の根幹を担う要介護認定の重要な役割を担っていただく委員の皆様への労いと感謝の言葉を送りました。

3月3日(金曜)

第5回「ポケモンGO」などスマホの進化が地域社会・地域経済に与える影響に関する有識者会議に出席しました

第5回「ポケモンGO」などスマホの進化が地域社会・地域経済に与える影響に関する有識者会議に出席しました最終回となる本会議では、これまでの議論を踏まえ、委員から「スマホの活用と対策のための実態調査を行うべき」、「子育て中の保護者に対する、スマホの使い方についての適切な教育が必要である」、「今後のICTの進化を支える人材育成が必要である」といった市政に対する具体的な提案もあり、久元市長は「本有識者会議では、従来なかった切り口とアプローチで議論がなされてきた。委員からいただいた意見の中で、行動に移せるものはすぐに移し、全国的な議論に刺激を与えるよう取り組んでいきたい」と述べました。

3月2日(木曜)

臨時会見

臨時会見臨時会見において、「起業家支援及びオープンガバメント推進にかかるSRCグループと神戸市との連携協定の締結」について話をしました。内容は、次のとおりです。

3月1日(水曜)

「第10回日本バイオベンチャー大賞」贈賞式・レセプションに出席しました

バイオ関連の優れたベンチャー企業を表彰する「第10回日本バイオベンチャー大賞」の贈賞式・レセプションが、甲南大学ポートアイランドキャンパスで開催されました。久元市長は、レセプションにおいて、優れた功績を上げられた受賞企業に対してお祝いの言葉を述べたほか、神戸医療産業都市における取り組みや神戸港開港150周年の紹介を行いました。

過去の動き