神戸市-KOBE-


ごあいさつ −新年に寄せて

最終更新日
2017年1月1日

あけましておめでとうございます。
皆様が、健やかに新年を迎えられましたことを心よりお慶び申しあげます。

平成29年1月1日、神戸港は、開港から150年の節目を迎えました。
そこで、神戸市では、開港150年記念事業として、神戸港での多彩な行事や港の利用拡大につながる事業を行い、神戸の魅力を広く内外に発信してまいります。市民の皆さまに港に対する親しみを深めていただく機会でもありますので、沢山の方々にご参加いただきたいと考えています。

さて、神戸が将来にわたって安定的に成長を続けていくためには、神戸経済を支え、地域社会を担う若い世代の人たちに、神戸で住み続けていただけるような都市環境を整える必要があります。
そのため、企業や大学等との連携を緊密にし、新たに社会人となる人たちが神戸で魅力のある仕事に出会えるチャンスを増やすのをはじめ、子育てがしやすい環境整備や、学校教育の充実などの重要な課題に引き続き取り組んでまいります。さらに、身近で便利な公共交通網の整備や災害への備えなど、市民の皆さまが、いつまでも安心して暮らすことができるまちづくりを進めてまいります。

また、神戸に関する情報を積極的に発信することも重要だと考えています。連続テレビドラマ「べっぴんさん」の放映を契機に神戸への注目が高まっており、地元企業におきましても、神戸で長年培われてきたものづくりの質の高さを発信する取組みが始められています。この機運を活かして、神戸の街やくらし、文化などの持つ魅力を全国に発信してまいります。

これらの施策をこれまで以上にスピード感をもって推進し、着実に神戸の総合力を高めてまいりますので、今後も市政に対し、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

最後になりましたが、本年が皆様にとって、すばらしい年となることをお祈りいたします。

平成29年1月1日

神戸市長 久元 喜造