神戸市-KOBE-


神戸を知る

最終更新日
2017年6月9日

トアロード

トアロード 「トアロード」とは、大丸神戸店の北東側から北野町の神戸外国倶楽部まで、南北にのびる坂道のことです。明治5年(1877)、兵庫県は山手方面を整備するための道路工事を行いました。その時開設された道の1つで、海岸通の居留地と山手の住宅地を結び、もともとは「三宮筋」と呼ばれていました。
 明治40年(1907)、三宮筋の山手つきあたりに「TOR・HOTEL(トアホテル)」が開業し、トアホテルへ続く道ということで、いつしか「トアロード」と呼ばれるようになりました。
 戦時中は「東亜道路」と呼ばれ、終戦直後には進駐軍の専用道路に指定され、トラックやジープの往来が激しい時もありました。

参考図書