神戸市-KOBE-


震災関連資料室

最終更新日
2017年10月1日

阪神・淡路大震災を知る、調べる−中央図書館2階「1.17文庫」へGO!

震災関連資料室

震災で破損した神戸市立図書館章や止まった時計などの展示物の写真中央図書館では、神戸市の「震災20年継承・発信事業」の一環として、震災関連資料室のリニューアルを行いました。

【開室時間】
平日(火曜〜土曜) 午前9時15分〜午後7時
日曜・祝日・休日  午前9時15分〜午後5時

「阪神・淡路大震災 関連資料からの記憶の継承と発信」

震災後20年経った現在、神戸市内の阪神・淡路大震災の未経験者の割合が増加しています。震災の記憶を風化させないため、また今後の防災や被災後の復興の参考のために当館の震災関連資料を活用していただきたく、展示を行います。

  • 被害状況を記した地図のパネル
  • 震災に関連した出来事をまとめた年表のパネル
  • 震災関連の記事の収集や資料のリストの写真

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。