お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
神戸歴史年表
昔の神戸
古代
中世
近世
明治・大正
昭和以降
昭和以降

>>昭和26年前期(1月〜6月) >>昭和26年後期(7月〜12月)

西暦
年号
事項
1951 昭和26年 1 5 県立医大に科学捜査研究所設置
1951 昭和26年 1 8 兵庫県基督教協議会結成
1951 昭和26年 1 8 神戸市港湾局、神戸税関旅具検査所内に移転
1951 昭和26年 1 21 神戸市中小企業相談所、市役所商工課内に移転
1951 昭和26年 1 23 第3回兵庫県美術展(洋画・彫塑は大丸、日本画・工芸は三越で)
1951 昭和26年 1 26 国際商事仲裁委員会神戸支部設立
1951 昭和26年 1   有野南部火葬場開設
1951 昭和26年 1   生ゴムの統制解除
1951 昭和26年 1   洋画家今井朝路、交通事故で死亡
1951 昭和26年 2 1 生田区鯉川筋の立退きはじまる
1951 昭和26年 2 8 再開のバンコク航路第1船第五東西丸神戸出港
1951 昭和26年 2 10 新長田駅の設置許可(経費は地元負担)
1951 昭和26年 2 10 湊川神社社殿起工式
1951 昭和26年 2 15 5年ぶり神戸に天然痘発生、100万人の種痘はじまる
1951 昭和26年 2 22 兵庫県PTA協議会誕生
1951 昭和26年 2   川崎製鉄、千葉製鉄所の建設に着手
1951 昭和26年 2   神戸製鋼、日本最初の本格的酸素製鋼を開始
1951 昭和26年 2   神戸大学に小松教授問題(レッド・パージ)がおこり、小松教授免官
1951 昭和26年 2   第3回水道拡張工事再開(36年3月完成)
1951 昭和26年 3 1 須磨海浜公園開園
1951 昭和26年 3 1 日本石油、石油基地を灘埠頭に設置
1951 昭和26年 3 14 神戸電鉄1億2000万円に増資
1951 昭和26年 3 19 高等学校学区につき県は全市を三分した中学区制を、市は小学区制を強調
1951 昭和26年 3 20 諏訪山動物園が王子公園に移される
1951 昭和26年 3 22 神戸地方労働組合協議会結成
1951 昭和26年 3 29 社会福祉事業法公布
1951 昭和26年 3 30 結核予防法全面的化改正
1951 昭和26年 3 30 出光興産の神戸油槽所が灘埠頭に進出
1951 昭和26年 3   マッカーサー総司令部、兵器生産禁止の指令を取消す(神戸製鋼兵器製産メーカーとして再出発)
1951 昭和26年 3   神戸市内に11ヶ所の浮浪者収容施設力があり、7120名を収容
1951 昭和26年 3   神港園、養老業務を開始
1951 昭和26年 4 1 新港湾管理制度実施、国が管理していた神戸港外貿地帯が全面的に市の管理とする
1951 昭和26年 4 1 米の配給民営となる
1951 昭和26年 4 1 私立甲南大学発足
1951 昭和26年 4 1 海星女子学院創立
1951 昭和26年 4 1 池長孟コレクションを譲り受け、市立美術館創設
1951 昭和26年 4 4 電産の全面スト、GHQの勧告で中止
1951 昭和26年 4 8 白鶴美術館春季展開く
1951 昭和26年 4 10 「市政だより」創刊
1951 昭和26年 4 10 初の婦人週間はじまる
1951 昭和26年 4 10 納税貯蓄組合法公布施行
1951 昭和26年 4 11 マッカーサー元帥解任される、後任リッジウェー中将
1951 昭和26年 4 12 6・3制状況視察のため水谷文部次官来神
1951 昭和26年 4 13 神戸港の船内・検数・ハシケ曳船・沿岸作業の4支部、全面無期限ストに突入
1951 昭和26年 4 13 朝鮮人騒乱事件に功があったとして神戸市警表彰される
1951 昭和26年 4 16 マッカーサー元帥離日
1951 昭和26年 4 17 市販牛乳は全部低温殺菌となる
1951 昭和26年 4 17 神戸市立図書館、入館料を無料にする
1951 昭和26年 4 17 市宝くじ1000万円を発表、利益は清掃事業の改善,に当てる
1951 昭和26年 4 19 神戸港湾スト、全面的に要求を獲得しストを解除
1951 昭和26年 4 21 神戸放送(JOCR)設立、予備免許下付(27年4月1日放送開始)
1951 昭和26年 4 21 市営第2回姫路競馬はじまる
1951 昭和26年 4 23 市会議員選挙施行(定員60名)
1951 昭和26年 4 28 衣料キップ正式に廃止
1951 昭和26年 4 30 県会議員選挙施行
1951 昭和26年 4 30 知事選挙施行、岸田幸雄当選(再任)
1951 昭和26年 4   山田第1火葬場開設
1951 昭和26年 4   葺合保健所開所
1951 昭和26年 4   第七突堤着工(西側)
1951 昭和26年 4   京阪神3都共同で文化推進運動展開
1951 昭和26年 4   須磨市民病院、大橋外来診療所を併設
1951 昭和26年 4   映写技術講習会開催
1951 昭和26年 4   鉄鋼原料の価格統制廃止、銑鉄割当配給制停止
1951 昭和26年 4   国立光明寮を垂水区玉津町に設置
1951 昭和26年 4   源泉撰択課税制度復活
1951 昭和26年 5 1 第22回メーテ、各労組から約5万5000人が参加
1951 昭和26年 5 1 白い羽根運動はじまる、市目標額518万1000円
1951 昭和26年 5 1 関西配電解散し関西電力発足
1951 昭和26年 5 1 神戸市警捜査1課の刑事、スリ逮捕中ピストルで射殺される、犯人原田国雄12日福原で逮捕
1951 昭和26年 5 6 夏時間に切替え
1951 昭和26年 5 12 教職員研修寮開所式(臨海荘)
1951 昭和26年 5 14 神戸生糸取引所10年ぶりで立会開始
1951 昭和26年 5 15 市会新会派公民会・公正会結成
1951 昭和26年 5 17 皇太后陛下崩御
1951 昭和26年 5 17 市会議長に木原仙松就任
1951 昭和26年 5 19 神戸港港湾審議会設置
1951 昭和26年 5 22 開校50周年を迎えた山手小学校で三笠宮を迎え記念式\
1951 昭和26年 5 28 神戸市売淫等取締条例制定
1951 昭和26年 5   神戸市青果物出荷団体連合会設立(41年3月31日解散)
1951 昭和26年 5   畜犬抑留所(兵庫区菊水町)設置(27年以後狂犬病は絶滅)
1951 昭和26年 5   海光園、養老業務を開始
1951 昭和26年 5   神戸製鋼所長門(鋼板)工場開設
1951 昭和26年 5   神戸体操制定
1951 昭和26年 6 1 米飯提供店認可
1951 昭和26年 6 1 市民税の源泉徴収本月より実施
1951 昭和26年 6 1 市商工課、市内商店街の実態調査を実施(国民健康保険実施の資料)
1951 昭和26年 6 4 公営住宅法公布
1951 昭和26年 6 4 県会の有馬郡大沢・八多・道場3村の神戸市編入を承認、実施7月1日
1951 昭和26年 6 5 インド商業会議所開設(葺合区機上通8)
1951 昭和26年 6 7 長田消防署、水防訓練実施
1951 昭和26年 6 7 近畿43市長会議和歌山で開催、電気料金値上反対可決
1951 昭和26年 6 9 楠正成墓碑が国史跡に指定
1951 昭和26年 6 10 湊西高校30周年記念式
1951 昭和26年 6 12 地方公務員法による人事委員会設置、神戸市人事委員会設置条例公布、 町村警察を住民投票により国警に統合できるよう法律を改正
1951 昭和26年 6 15 6大市長会議東京で開催、特別市制実現運動開始
1951 昭和26年 6 15 信用金庫法公布
1951 昭和26年 6 16 県下市長会議、豊岡市で開催
1951 昭和26年 6 16 電力値上反対県民大会
1951 昭和26年 6 19 第2回兵庫県書道展・第3回兵庫県写真展(三越)
1951 昭和26年 6 20 港湾運送事業法施行(34年3月30日改正)
1951 昭和26年 6 21 新造鯨工船日新丸、川崎重工で進水
1951 昭和26年 6 22 石原助役着任
1951 昭和26年 6 26 吉田首相、神戸港視察、池田蔵相来庁
1951 昭和26年 6 28 防潮堤修築計画案決定
1951 昭和26年 6 29 神戸生糸4000万円に増資
1951 昭和26年 6 30 覚せい剤取締法公布
1951 昭和26年 6 30 五大市特別市制期成同盟結成
1951 昭和26年 6   舞子墓園を創設
1951 昭和26年 6   米軍占用は第六突堤だけとなる
1951 昭和26年 6   神戸工業はラジオ・コーボレーション・オブ・アメリカ社と真空管、電波伝播用機器に関し、技術援助契約締結