お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
神戸歴史年表
昔の神戸
古代
中世
近世
明治・大正
昭和以降
明治・大正まで


西暦
年号
事項
備考
新修神戸市史
1904 明治37 1 11 政友会脱会派が自由倶楽部を結成、発会式をとりおこなう 第9回総選挙 第2章第2節6
1904 明治37 1 23 葺合協和会総会において山本繁造を候補者に決定 第9回総選挙 第2章第2節6
1904 明治37 1 20 神戸尚武会評議委員会において、会員募集のための協賛委員90名を選出 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 2 8 神戸市在郷軍人会・神戸市尚武会合同案提議 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 2 11 日露戦争開戦を祝い、午後6時湊川神社境内から提灯行列始まる 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 2 11 生田神社・湊川神社・長田神社で「敵国降伏祈願祭」執行(18日まで) 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 2 20 兵庫新道の妙見寺で、敵国降伏・帝国戦捷の祈祷が行われる(23日まで) 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 2 20 兵庫西柳原町の福海寺で、南禅寺派管長を迎えて敵国降伏皇軍戦捷の祈祷大法会が行われる 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 2 25・26 兵庫神戸の浄土宗寺院僧侶集合し、極楽寺と藤の寺で皇軍戦捷祈願会 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 2 21・22 唐櫃村山王神社で敵国降伏の祈願祭をおこなう 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 3 1 第9回総選挙実施。鹿島秀麿(憲政本党)、山本繁造(政友会)当選 第9回総選挙 第2章第2節6
1904 明治37 3 25 実業中立会が臨時集会で解散を決定   第2章第2節6
1904 明治37 3 2 神戸奉仕会設立 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 3 15 神戸市婦人奉公会発起人会開催(会長牛馬みち子) 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 3 1 駒ヶ林村の旧正月の民俗行事中止(日露戦時下のため) 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 3   明治37年度予算の全面的修正がおこなわれる(前年度決算比23%減の大緊縮予算)。東山病院改築中止 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37 4 9 湊東協和会、市議候補者を決定 市会選挙 第2章第2節6
1904 明治37 4 19・20 第6回市会選挙実施 市会選挙 第2章第2節6
1904 明治37 5   坪野市長の市参事会改革   第2章第4節2
1904 明治37 7   宿屋営業取締規則改正。木賃宿・長屋の移転先として新川地域が指定される 新川 第2章第5節5
1904 明治37 10 22 湊川神社で伊藤博文の銅像除幕式おこなわれる   第2章第4節3
1904 明治37     神戸商業会議所、「神戸の貿易と海運に及せる日露事件の影響」調査 日露戦争・
商業会議所
第2章第4節1
1904 明治37     愛国婦人会兵庫支部組織拡大 日露戦争 第2章第4節2
1904 明治37     市内のキリスト教各教会・婦人会・青年会の発起で軍隊慰問・軍人遺家族救護のため奉公同士会組織 日露戦争 第2章第4節2
1905 明治38 3 9 東山避病院敷地買収をめぐり、坪野平太郎市長、助役とともに引責辞任   第2章第4節4
1905 明治38 3   (〜6月)後任市長の選定をめぐり市会紛糾   第2章第4節4
1905 明治38 9 7 湊川神社前の大黒座で非講和演説会。伊藤博文銅像引き回し事件おこる 講和反対騒擾 第2章第4節3
1905 明治38 9 9 鹿島秀麿代議士を座長とする講和問題神戸市民大会が湊川埋立遊園地で開かれる 講和反対騒擾 第2章第4節3
1905 明治38 9 12 憲政党代議士らで非講和有志演説会が開かれ、神戸倶楽部内に非講和同士倶楽部の設置を決定 講和反対騒擾 第2章第4節3
1905 明治38 9 27 新市長に水上浩躬(横浜税関長)就任   第2章第4節4
1905 明治38     阪神電鉄株式会社、大阪−三宮間開通させる   第3章第1節6
1905 明治38     布引、烏原両水源地工事が竣工する 水道事業 第3章第1節7
1906 明治39 9   阪谷蔵相来神、神戸港修築計画発表 神戸港築港問題 第2章第2節1
1906 明治39 11   神戸電気鉄道株式会社の第一期線・第二期線合計約26kmが内務大臣の認可を得る 市内電気鉄道計画 第2章第2節2
1906 明治39 12 11 内務省の港湾調査会の承認を得、翌年2月修築予算320万円が帝国議会を通過したことにより、神戸港築港実現に移される 神戸港築港問題 第2章第2節1
1906 明治39     公設卸売市場の設置案市会に提出される   第2章第5節5
1906 明治39     明石浦漁業組合内で、水産市場運営に関する市場擁護派と改革派の対立おこる   第2章第6節2