お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
灘の酒造業
1 在方酒造業地灘
2 日本酒のルーツ
3 江戸積みの酒
4 近世前期の酒造地域
5 近世前期の灘酒造業
6 酒造働人の出稼ぎ
7 灘の江戸積み酒造業の興り
8 摂泉十二郷の成立と天明8年の株改め
9 灘・今津の酒株
10 樽廻船と新酒番船
11 江戸の酒問屋
12 文化文政期の灘酒造業と上灘郷の分裂
13 天保3年の新規株
14 宮水と水屋
15 屋の酒荷物積み出し状況
16 幕末の灘酒造業
17 摂津十二郷の解散
18 酒の自由営業
5 近世前期の灘酒造業
<<概論・目次に戻る

  灘酒造業の中心となった地域は、摂津西海岸地帯の灘目と称された地域です。文献の上で「灘」の名が最初にあらわれるのは正徳6年(1716)といわています。
 近世初期における灘の酒造業はごく小規模なもので、寛文6年(1666)の第一次酒株改め時の株高は840石に過ぎません(但しこの数字は『灘酒経済史料集成』では御影村の造石高さはなかったかと注記されていますが、いずれにしても微々たるものです)。
 
山路十兵衛あて川口忠兵衛仕切状
山路十兵衛あて川口忠兵衛仕切状
拡大
その後、貞享元年(1684)の株高をみてもおよそ1200石というわずかな造り高で、江戸積みをするほどの酒造高ではありません。次に元禄10年(1697)をみると、既述したようにこの年は64万樽の酒が上方・尾州あたりから江戸に送られており、このうちに兵庫の酒が含まれていますが、灘の名は認められません。このようななかで、魚崎村の山路十兵衛は581石余の酒造を行い、同16年に、大坂の船問屋小松屋の廻船により、江戸の瀬戸物町組の酒問屋川口忠兵衛にあてて古酒10駄(20樽)を積み送っています。
  山路十兵衛については、享保12年に開発された江戸・灘目間の飛脚便を取り扱った島屋の記録「島屋佐右衛門家声録」に、当時の灘における全盛の酒造家として、脇浜の「ただ屋久四郎」とともに山路十兵衛の名が記されており、灘が次第に銘醸地としての地歩をかためていたことがわかります。