お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
収蔵資料
収蔵資料のあらまし
古文書
新聞
神戸市行政資料
図書・文献類
図書・文献類
>>3
文書名
神戸市史
摘要
 神戸市の通史。神戸市役所編発行。第1輯は、大正7年(1918)に神戸開港50年記念事業として編纂に着手された。同10年から刊行を始め、同14年に完結。編纂顧問は『広辞苑』編纂の新村出。本編総説、本編各説、別録1、2、資料1〜3、附図・年表・書目・索引・編集顛末の9冊からなる。本編総説は、古代から大正7年までの通史で、兵庫開港以後の記述が中心。本編各説は、産業の発展及び富の蓄積、生活状態の変遷など15章で開港後の状況が詳しく述べられている。別録1は、古代の兵庫及び附近の沿革(喜田貞吉)、中世の兵庫(三浦周行)、近世の兵庫及び附近の沿革(古田良一)、近世人物列伝(中井伊與太)の4編を、別録2は、神戸の気象(堀口由己)、神戸の港湾(森垣亀一)、神戸海運五十年史(神戸海運業組合)、神戸港外国貿易の変遷(石橋五郎)を収めている。資料1は、中世の兵庫及び附近に関する資料、資料2は、近世の兵庫及び附近に関する資料、資料3は、兵庫開港に関する資料を収録している。附図は、図版59枚と地図10枚を採録。第1輯9冊は、昭和12年(1937)に再版となり、同46年にも名著出版(東京)から復刻されている。
 第2輯は、昭和9年(1934)に着手され、同12年に本編総説各説、別録、附図・資料・年表・書目・索引・編集顛末の全3冊が刊行された。本編総説各説は、世界大戦後の神戸、昭和元年以後の神戸の2章からなる総説と、ほぼ第1輯の各説の章立てにならった各節からなる。別録は、中世の兵庫と外国関係(小葉田淳)の1編と、神戸の気象、神戸の港湾、神戸の海運、神戸港外国貿易の変遷の4章を収載。附図・資料は、前輯の未収附図などを収録した。
第3集は、昭和32(1957)年に着手。主題別に編纂され、昭和37年(1962)に行政編が刊行されたのをはじめとし、40年社会文化編、42年産業経済編、43年年表・索引の4冊で完結。行政編は昭和9年から33年までの市政発展のあとを、人口、市域の拡張など18章にまとめている。社会文化編は、9年から37年までの社会文化の変遷を、社会編9章、文化編8章にわけて記録している。産業経済編は、昭和元(1926)年から40年(1965)までの神戸産業経済史で、工業、貿易、商業など8章で構成。各巻目次はこちら
備考
・閲覧可
・上記は『兵庫県大百科事典』上(神戸新聞出版社センター、1983)を参考にした。


文書名
新修神戸市史
摘要
 市制百周年記念事業として企画。昭和57年(1982)編集委員会設置。神戸についての本格的な通史として、「歴史編」「産業経済編」「生活文化編」「行政編」の4編で構成し、各編4巻、全16巻の刊行を計画。既刊は「歴史編T自然・考古」「歴史編U古代・中世」「歴史編V近世」「歴史編W近代・現代」「産業経済編T第一次産業」「産業経済編U第二次産業」「産業経済編V第三次産業」「行政編T市政のしくみ」「行政編Uくらしと行政」 「行政編V都市の整備」。新刊「産業経済編W総論」
詳細はこちら。
備考
・閲覧可


文書名
神戸市史紀要『神戸の歴史』
摘要
 昭和55年(1980)9月創刊。現在、第26号(平成29年(2017)3月)までを刊行。昭和54年(1989)、市制90周年記念事業として、10年後の神戸市制施行百年を記念した「市政百年史」発刊が企画され、そのための資料収集、調査研究の発表の場として本紀要が発行されることとなった。しかし、当初から総合史の編纂を視野にいれ、紀要のタイトル『神戸の歴史』に「神戸市史紀要」と冠された。この目論見は宮崎辰雄市長(当時)のもとで積極的に推進され、紀要創刊の翌年にあたる昭和57年(1982)、市制百周年記念事業として、「市制百年史」刊行事業を発展させ、新修神戸市史編纂事業をスタートさせた。紀要の成果をもとに、現在『新修神戸市史』を刊行中である。
 紀要の内容は、毎号トップにカラーで〈口絵〉を掲載し、神戸の歴史をさまざまな角度から検証した〈論文〉、新修神戸市史編纂のために収集された史料を翻刻し解説する〈史料紹介〉、神戸の歴史に関する文献・刊行物を紹介した〈文献紹介〉などを収める。『神戸の歴史』の目録はこちら
備考
・閲覧可


文書名
神戸市会史
摘要
 明治22年(1989)の市会開設以来の神戸市会の活動の記録。現在、明治編(第1巻)、大正編(第2巻)、昭和編(昭和55年まで、第3〜6巻)を刊行。各巻とも全体は大きく二編に分かれている。制度の変遷、議員選挙問題などを中心に、通史的に市会活動を跡付けた総説は、神戸市政の概要をつかむのに役に立つ。当時の市会での重要議題について、問題別に具体的に記述した各説は、提出されたさまざまな議案が実際に審議され、決定されてく基本的経過をおさえることができる。それぞれの時期に市会で焦点となった重要な問題がよく整理されているので、神戸市の政治・行政を知るための基本文献である。また、史料として神戸市会議事録成議録(大正7年以降は市会速記録もこれに加わる)に依拠し、その多くがそのまま掲載されているので、資料集的な側面ももつ。いずれも神戸市会事務局編集・発行、第1巻は1968年刊行。以下、第2巻1970年、第3巻1973年、第4巻1978年、第5巻1997年、第6巻1998年にそれぞれ刊行。
備考
・閲覧可
>>3