お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
収蔵資料
収蔵資料のあらまし
古文書
新聞
神戸市行政資料
図書・文献類
古文書

>>江戸時代 >>近代・現代 >>居留地関係文書 >>雑誌(明治〜昭和初期)

 近代・現代
>>3
文書名
八尾家文書
解題
 全518点。江戸時代後期の証文類などが10点ほどあるが、大半は明治〜昭和30年代の資料である。
 八尾善四郎は弘化2年(1845)11月、淡路津名郡岩屋村の長谷川八右衛門の次男として生まれる。5歳のとき、兵庫西尻池の旧家八尾家の養子となり、その後兵庫運河の開鑿事業の中心となったことで知られる人物である。現在も運河を東西に渡る高松橋の西側に、大正8年(1919)に建てられた八尾善四郎の銅像が残されている。ちなみに八尾家文書のなかには、昭和4年につくられた「銅像建設十周年紀年写真(帖)」が含まれている。
 明治26年(1893)11月に設立を出願した兵庫運河会社は、兵庫新川から八部郡駒ヶ林への本線、山陽電鉄停車場までの支線の2本の運河を開削して、中央に船舶繋留所を設置する計画を立てた。これは、和田岬が海にむかって突き出た地形のため、兵庫港への入港に困難を生じており、そこで和田岬の風浪を回避して兵庫港に入港をすることをめざしてつくられた計画であった。運河は土地買収などで曲折を経たのち明治29年1月着工、明治32年12月に完成する。八尾家文書のなかには運河開鑿願など会社設立期のものも含まれるが、とくに運河完成以後から大正期までの兵庫運河会社の報告書や株式名簿など、会社経営に関する史料が多い。
 また、昭和33年(1959)に起こされた苅藻島などの埋め立て地の所有権の帰属をめぐって起こされた裁判関係の資料も多く残されている。この裁判資料は、裁判の経緯はもちろん、運河建設の経緯も同時に知ることができるものである。
備考
・閲覧可/複写可
・八尾善四郎と兵庫運河については、山内青渓編『兵庫県人物列伝』(1914年)、『新修神戸市史 歴史編W 近代・現代』、奥村孝編著『神戸市政に関する判決集』(1986年)を参照した。


文書名
日本燐寸工業会所蔵文書(複写)
解題
 日本でマッチの生産がはじまるのは、近代に入ってからであるが、神戸でマッチ製造が始まったのは明治10年(1877)ごろ、当初は監獄内での製造であったという(ただし、マッチ製造には危険がともなうため、明治14年には監獄内での製造は中止された)。
 当時、民間企業によるマッチ生産が東京・神戸・大阪などの主要都市で次第に開始されてきた時期であったが、その発展は著しいものであった。すなわち、短期間の間に国産品の生産が輸入を上回り、さらに海外へ輸出され、日本の代表的な輸出品のひとつになったのである。そのようななか、国内最大のマッチ生産地として浮上してきたのが神戸であった。
 同文書群は、いずれも明治から昭和期にかけての神戸におけるマッチ産業隆盛の歴史を探るうえで好個の史料がそろっている。内容としては、(1)神戸におけるマッチ工業の歴史を明治3年〜昭和10年(1870〜1935)まで編年体で綴った『燐寸年史』(原稿)、(2)GHQへの提出書類(マッチ製造の歴史や生産状況などについての報告書)、(3)直木政之介関係資料、(4)マッチ製造技術や歴史を紹介した刊行物、その他昭和13年(1938)のマッチの朝鮮市場視察報告書などがある。
 若干補足しておくと、(3)直木政之介という人物は、明治20年(1887)に友人と共同でマッチ会社「奨拡社」を(その後単独事業となり「直木燐寸製造所」と改称)、さらに明治40年(1907)には明治社・三井物産と提携して「日本燐寸製造会社」を設立しており、神戸のマッチ生産業界において最も重要な人物の一人である。県会議員、神戸商工会議所の副会頭をつとめるなど、政財界においても活躍した人物であった。
備考
・閲覧可/複写可
・原本は社団法人日本燐寸工業会
・神戸のマッチ生産業については、『新修神戸市史 産業経済編U 第二次産業』を参照した。


神戸空襲関係文書(複写)
解題
 昭和19年(1944)7月にサイパン島を攻略し、9月にはグアム、テニアン両島の日本軍を全滅させたアメリカ軍は、B29爆撃機の前進基地をマリアナ諸島に進めるとともに日本本土の空襲を開始した。こうしたなかでアメリカ軍による神戸空襲の準備が進められている。翌20年1月3日にB29一機が神戸市を初空襲、同年8月15日の敗戦までに合計83日、128回の空襲がおこなわれた。
 当館では、いずれもアメリカ側の史料である“Final Reports of the United States Bombing Survey 1945〜1947”、“Field Report Covering Air Raid Protection and Allied Subjects in Kobe Japan”、“Effects of Air Attack on Osaka-Kobe-Kyoto”が閲覧できる。
備考
・閲覧可/複写可
・原本は、米国立公文書館(国内では国立国会図書館にて閲覧可)
・神戸空襲については、『新修神戸市史 歴史編W 近代・現代』を参照した。

米軍資料からみる 神戸大空襲 特集ページを設けました。


小泉祥晃氏寄贈文書
解題
昭和56年(1981)に愛媛県八幡浜市千代田町在住(当時)の小泉祥晃氏より寄贈された文書群で、全49点。数点近世文書があるが、複数の出所のものが含まれ、出所の推定も困難なものもあるが、便宜上三つに分けた。
@摂津国有馬郡貴志村平田家旧蔵文書
 旧摂津国有馬郡貴志村下内神区(現三田市下内神)の平田家に伝わったと考えられる明治中期〜大正期の文書10点。有馬郡衛生会議員・下内神区長・貴志村農会委員を務めた平田勇次郎氏の関係文書が主で、有馬郡衛生会の決議報告や貴志村の行政文書などが含まれる。
A丹波多紀郡関係文書
 旧丹波国多紀郡に関わる文書で、全29点。文化4年(1807)のものが1点あるが、大半は明治期に属する。差出・宛名より同郡西岡屋村(現篠山市西岡屋)の三宅家に伝わったと推測される文書がほとんどを占め、これに該当するものでは、家関係が多いものの、「多紀郡第14番学区野尻小学校区域聯合会議決書(控)」(明治16年)なども含まれる。ほかには、同郡畑井村(現篠山市畑井)の村会規則伺がある。
Bその他雑文書
上記@A以外の出所のもの、あるいは出所が推測しがたいもので、兵庫県域外が多い。旧紀伊国海草郡三田村(現和歌山市)の村会の会議細則(明治31年)・財産表(明治32年)などがある。
備考
・閲覧可/複写可


昭和20年代神戸港湾及び貿易関係資料
解題
 昭和22(1947)・23年を中心とするGHQ占領期における神戸港湾・貿易に関する文書計161点で、来歴は不明。
 神戸港は昭和20(1945)年9月に主要設備が占領軍により接収された。同21・22年に兵庫突堤と中突堤が返還されたものの、同27年のサンフランシスコ平和条約発効まで接収状態が続いていた。同21年に貿易が再開される中、港運業では、GHQによる自由競争と民主化推進の中で、戦後しばらく業務を継続していた戦時統制会社である神戸港運株式会社(同21年に神戸港湾作業会社と改称)・神戸船舶荷役株式会社などが活動を制限され、後に解散・精算手続きに入り、新規の港運業者が参入・乱立する状況にあった。倉庫業でもほとんどすべての倉庫が接収されていたため、倉庫の収容力の早急な回復をめざし運輸省が国立簡易倉庫を建築。民間倉庫会社も設立され始め、川西倉庫・住友倉庫など既存の倉庫業も一部が返還され始めていた。なお、接収解除後の港湾運営については、GHQによる港湾管理者が港湾施設の建設からその運営まで自主的に行うポートオーソリティー構想に基づいて制定された「港湾法」(昭和25年5月制定)により、国に代わって神戸市が管理者とされた。
 本文書に含まれる神戸港の港湾機能調査関係文書や海事関係法などからは、占領解除を見据えた神戸港の運営計画が進められる様子を、また多数の各倉庫会社の業務報告書・倉庫や港湾施設の使用状況に関する文書・地図などからは、占領期の港湾機能をうかがい知ることができる。また神戸海運局への昇格陳情書もあり、貿易再開に伴い神戸港が貿易港として急速に復興しつつあったこともわかる。ほかに貿易関係では貿易公団概要報告書、輸入事務関係書類などが含まれる。さらに、英文資料も少なからずあり、航路別船舶航行予定や積み荷受入一覧などを中心に、港湾施設などに関するGHQからの日本政府宛覚書や京浜港及び神戸港運営計画書(運輸省案)・倉庫上屋外観計画図や、神戸港日用品輸出入総トン数一覧など貿易関係文書もある。
備考
・閲覧可/複写可
・占領期の港湾運送・倉庫業や貿易業については『新修神戸市史 産業経済編V 第三次産業』を参照した。


若林泰家文書
解題
 若林泰氏は歴史研究者で、昭和5(1930)年神戸市灘区に生まれた。関西学院大学大学院文学研究科修士課程を修了。新日本汽船株式会社にて社史編集に従事、退職後は旭化成、黒川古文化研究所を経て、宝塚市教育委員会市史編集室に勤務し『宝塚市史』の編纂に従事したほか、『新修芦屋市史』の編集事業にも協力した。
 本文書は同氏が収集した史料を含む江戸時代〜昭和40年代にかけての文書群で3400点余り。平成25年に寄託を受けた。莵原郡篠原村の近世及び近代文書、有馬郡有野村戸長役場文書、旧神戸市域文書、海蔵寺文書(莵原郡五毛村)、松屋太兵衛・吉阪邦三文書(莵原郡岩屋村・三宮)、西宮辰馬文書、的場武兵衛文書(現宝塚市)、伊丹近隣文書などから構成される。
 同氏の生家である若林家は篠原村の旧家で、江戸時代には庄屋・年寄、明治期には副戸長などを歴任していたため、本文書群には同村に関する多数の史料が含まれている。近世文書には、名寄帳・検地帳などの土地台帳、免状・皆済目録など年貢関係文書、宗旨人別改帳・人別送状・同受状などの戸籍関係文書や村入用帳など村政関係史料をはじめ、油稼ぎ水車関係史料や近隣村落との樹木伐採・井堰・山境などをめぐる争論関係史料のほか、借用証文・日用品購入の覚・書状などの家文書もある。近代文書は、明治初年の年貢免状・皆済目録、納税領収証など税関係文書、戸籍の移動を通知する送籍状、明治中期〜昭和前期の六甲村会や武庫郡町村長会の議事録をはじめとする行政関係文書、各種領収証、水利・水車関係文書、若林与左衛門による清酒醸造・若林合名会社への出資証券などの酒造関係文書、篠原村祥龍寺・慶隆寺や近隣の寺社関係文書、六甲山関係文書(入会、浮石・松木下枝など売買、製氷場ほか)などその内容は多岐にわたる。また同氏自身が筆写した古文書筆写原稿や論文原稿も数多く含まれるほか、近世〜近代を通じて篠原村を中心とした多数の絵図も残されており、当該地域の景観や土地利用・水路などの状況を知る貴重な手がかりとなると考えられる。若林合名会社の清酒「忠勇」をはじめとする多数の酒ラベルのコレクションや各種入場券・みなとの祭写真など文化的史料も興味深い。
 有野村戸長役場文書は300点余とまとまった形で残っており、その多くが寛文2(1662)〜明治12(1879)年の、武蔵岡部藩領であった結場(分知の旗本安部氏領も含む)・馬場・田尾寺・西尾・堀越・岡場・切畑村の年貢免状・皆済目録・人別送り(受け)状・借用証文である。同氏の「家蔵有野地方の古文書について」(『神戸史談』第229号、1971年)でも詳しく紹介され、結場村の旧家で庄屋・大庄屋、戸長も勤めた武田儀右衛門家に伝わったものではないかと推察されている。
 旧神戸市域文書は現在の神戸市兵庫区地域である神戸区西湊川組の行政文書や南逆瀬川町の居住者や入江埋め立て反対関係文書、兵庫港周辺地域関係文書などであり、海蔵寺文書は初穂料や村社祭典入費などの領収書や若林嘉茂治が祠官を勤めていた国玉神社関係文書など、松屋太兵衛・吉阪邦三文書は廻船との取引を行っていた松屋太兵衛と岩屋村(あるいは三宮)在住の吉阪邦三の金銭領収証や土地売買証文などが中心である。そのほか、同氏が研究されていた神戸市域以外の文書も含まれている。 
備考
・閲覧可/複写可

>>3