お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
米軍資料にみる神戸大空襲
米軍資料にみる神戸大空襲TOP
神戸空襲の概要
神戸市史にみる空襲
アメリカ軍の空襲記録
アメリカ軍の空襲記録 B29
アメリカ軍の空襲記録 作戦日程
アメリカ軍の空襲記録 作戦任務要約
アメリカ軍の空襲記録 作戦任務報告
1945年2月4日
1945年2月4日 作戦概要
1945年2月4日 神戸の意味
1945年2月4日 投下爆弾
1945年2月4日 航跡図
1945年2月4日 空海救助計画図
1945年2月4日 損害評定
1945年3月17日
1945年3月17日 作戦概要
1945年3月17日 神戸の意味
1945年3月17日 投下爆弾
1945年3月17日 航跡図
1945年3月17日 空海救助計画図
1945年3月17日 損害評定
1945年5月11日
1945年5月11日 作戦概要
1945年5月11日 神戸の意味
1945年5月11日 投下爆弾
1945年5月11日 航跡図
1945年5月11日 空海救助計画図
1945年5月11日 損害評定
1945年6月5日
1945年6月5日 作戦概要
1945年6月5日 神戸の意味
1945年6月5日 投下爆弾
1945年6月5日 航跡図
1945年6月5日 空海救助計画図
1945年6月5日 損害評定
1945年8月6日
1945年8月6日 作戦概要
1945年8月6日 神戸の意味
1945年8月6日 投下爆弾
1945年8月6日 航跡図
1945年8月6日 空海救助計画図
1945年8月6日 損害評定
神戸空襲の概要

 概要

 1941年(昭和16)12月8日の日本軍の真珠湾攻撃(太平洋戦争開戦)から、4ヶ月後、1942年(昭和17)4月18日、神戸市上空に、空母ホーネットを発進したアメリカ軍の爆撃機ノースアメリカンB25(ミッチェル)1機が来襲し、市内数カ所に焼夷弾を投下した。この日、ジミー・ドゥリットル中佐率いるB-25爆撃機16機は、神戸市の他、東京市、川崎市、横須賀市、名古屋市、四日市市を爆撃した。日本本土初空襲であった(ドゥリットル空襲)。

 1944年(昭和19)11月1日、マリアナ基地(サイパン・グアム・テニアン島)からのB29がはじめて日本本土上空に飛来した。阪神間の空にB29がはじめて出現したのは、同年12月15日のことである。午前9時ごろ、阪神地区や大阪の上空に、偵察を目的とした1機が進入した。そして神戸市内への最初の投弾は、翌45年1月3日である。

 マリアナ基地のB29部隊による日本本土爆撃は、1945年3月中旬の東京、名古屋、大阪、神戸といった4大都市への焼夷弾攻撃を境に2つの段階に分けるとことができる。

第1段階(1944年11月下旬〜1945年3月上旬)

 第1段階では、日本本土への主要な爆撃20回のうち、16回は航空機工場、特に航空機エンジン工場への通常爆弾による精密爆撃(precision bombing、軍事目標をピンポイントで攻撃)であった。阪神間では、川崎航空機明石工場がその目標となった。また、「戦術的実験」として、東京・名古屋・神戸都市工業地域に対し、焼夷弾による地域爆撃(area bombing、市街地域を面として攻撃)がおこなわれた。

 2月4日の神戸市街地への攻撃は、この「戦術的実験」の地域爆撃に位置づけられる。

第2段階(1945年3月中旬〜8月15日)

 第2段階は、精密目標への高高度昼間編隊爆撃法だけでなく、都市工業地域に対する低高度夜間焼夷弾攻撃および中高度昼間攻撃法も併用することになった。3月中旬から6月15日までの、5大都市(東京、名古屋、横浜、神戸、大阪)への大量焼夷弾による地域爆撃、続いて6月17日以降中小都市がその対象となった。

 神戸は、3月17日、6月5日の2回攻撃をうけ、都市工業地域の目標リストからはずされることになる。続いて6月17日以降は、各地の中小都市が焼夷弾攻撃の対象となった。現在の神戸市東灘区は、当時武庫郡御影町、魚崎町、住吉村、本山村、本庄村であった。アメリカ軍は、尼崎から神戸にはさまれた地域を、「西宮―御影市街地」として1つの都市地域ととらえ、8月6日に、中小都市の一つとして、地域爆撃の対象とした。

 地域爆撃と並行して、精密目標への高高度昼間編隊爆撃がおこなわれた。兵庫県内には、川崎航空機(現川崎重工業)、川西航空機(現新明和工業)といった航空機メーカーが存在した。これらの各工場が精密爆撃の対象となったのである。川西航空機深江製作所は、本庄村(現神戸市東灘区)にあり、5月11日に通常爆弾による攻撃をうけた。

 神戸沖には、5月3日から機雷投下がはじまった。さらに7月24日には、神戸市にある川崎車両、三菱重工業、神戸製鋼所、国有鉄道工場(鷹取工場、Imperial Government Railway Shops)に模擬原爆が投下された。原爆投下のための訓練として、爆薬が装てんされたプルトニウム型原爆(長崎型原爆)と同重量、同型のパンプキン爆弾の目標となったのである。

 神戸大空襲とは

  日本側の資料(神戸市史第三集に掲載) によると、神戸市上空にアメリカ軍機があらわれたのは84回である。 そのうち、神戸大空襲とは、マリアナ基地のB29部隊が、神戸(市街地あるいは軍事目標)を第1目標として攻撃した以下の空襲をいう。 なお、その他神戸沖への機雷封鎖や模擬原爆の投下もおこなわれた。

1945年(昭和20)
2月4日(日) (目標:神戸市街地)
 東京市街地(1944年11月29日)・名古屋市街地(1月3日)に続く3回目の市街地を第1目標とした焼夷弾による攻撃。3月以降本格化する市街地への焼夷弾攻撃の実験的性格をもつ。

3月17日(土) (目標:神戸市街地)
 3月10日の東京大空襲を皮切りに本格化したカーチス・E・ルメイ司令官による大都市に対する低空からの焼夷弾爆撃の第4回目の攻撃。

5月11日(金) (目標:川西航空機深江製作所)
 川西航空機甲南製作所(武庫郡本庄村、現神戸市東灘区)に対する精密爆撃作戦として実施。

6月5日(火) (目標:神戸市街地)
 大都市市街地への焼夷弾攻撃の一環。爆撃後の航空写真による損害判定により、神戸を以後の焼夷弾攻撃の目標リストから除いた。

8月6日(月) (目標:西宮・芦屋・御影市街地)
 御影町・魚崎町・住吉村・本山村・本庄村(現神戸市東灘区)から、芦屋市を経て西宮市・鳴尾村(現西宮市)にいたる地域、いわゆる阪神地域を一つの市街地目標として爆撃。中小都市市街地への焼夷弾攻撃の一つに位置づけられる。

月日 機種 爆撃機
数(機)
攻撃時刻 弾種等 投下爆弾
トン数
攻撃高度
(メートル)
第一目標 作戦の位置づけ
2月4日(日) B29 69 13:50〜
14:24
焼夷弾
破砕弾
172.8 7470〜
8230
神戸市街地 試行的大都市市街地への焼夷弾攻撃
3月17日(土) B29 306 2:29〜
4:52
焼夷弾
破砕弾
2328.1 1520〜
2900
神戸市街地 大都市市街地への焼夷弾攻撃
5月11日(金) B29 92 9:53〜
10:03
爆弾 459.5 4790〜
6100
川西航空機深江製作所 主要工業目標に対する昼間通常爆弾攻撃
6月5日(火) B29 474 7:22〜
8:47
焼夷弾
破砕弾
3079.1 4160〜
5730
神戸市街地 大都市市街地への焼夷弾攻撃
8月6日(月)* B29 250* 0:25〜*
2:01
焼夷弾
破砕弾
爆弾
2003.94 3840〜*
48804
西宮ー御影市街地* 中小都市市街地への焼夷弾攻撃
(注)* 西宮・芦屋・御影町(現・神戸市東灘区)の3か所が第一目標(西宮ー御影市街地)の照準点(平均弾着点)。爆撃機数、攻撃時刻、投下爆弾トン数、攻撃高度はいずれも3か所を攻撃したもの。
出典:「作戦任務報告(Tactical Mission Report)」、「作戦要約(Mission Resume), 作戦概要(Mission Summary)」等から作成

 神戸空襲で使われた爆弾・焼夷弾

 神戸空襲では、焼夷弾、破砕弾、爆弾が投下された。1、焼夷弾は爆弾の一種。攻撃対象を焼き払うために使用。2、破砕弾は、爆弾の一種。爆発によって多量の鉄片が飛散し、人員を殺傷、機材を破壊。3、爆弾は容器に爆薬を装填して信管を取り付けた兵器であり、爆風、破片、火災による被害が目的。軍事目標に投下。

1、焼夷弾・集束焼夷弾
M47A2 100ポンド焼夷弾 [70 ポンド 31.8kg] 
 ナパーム焼夷弾。搭載にはT19集束器で6発ずつ束ねて懸架。

M76 500ポンド焼夷弾 [480ポンド 217.9kg] 
 大型ナパーム・マグネシウム焼夷弾

E28 500ポンド集束焼夷弾 [350ポンド 158.9kg] 
E36 500ポンド集束焼夷弾 [360ポンド 163.4kg] 
E46 500ポンド集束焼夷弾 [425ポンド 193.0kg] 
E48 500ポンド集束焼夷弾 [515ポンド 233.8kg] 
 六角形の6ポンド(2.7kg)焼夷弾(M69)を38発内蔵したクラスター(親子)焼夷弾。
 ゼリー状のナパーム剤を内蔵。(E28、E36、E46)
 E48は、8.7ポンド(3.9kg)のナパーム黄燐焼夷弾(M74)を38発内蔵。

M17 500ポンド集束焼夷弾 [465ポンド 211.1kg] 
 六角形の4ポンド(1.8kg)焼夷弾(M50)を110発内蔵したクラスター(親子)焼夷弾
 テルミット・マグネシウム剤を内蔵。日本の木造家屋に対しては、貫徹力は強すぎるもの。

2、破砕弾
T4E4 500ポンド破砕集束弾 [425ポンド 193kg] 
 20ポンド(9kg)破片弾(M41)を20発集束した人馬殺傷用破片弾。
 弾体の周囲を螺旋状の環が巻いており、炸裂時に細片となって飛散し、人馬を殺傷した。

3,通常爆弾
M64 500ポンド通常爆弾 [535ポンド 243kg] 
 日本流にいえば、250キロ爆弾。爆薬が充填された破壊用爆弾。

*500ポンドは公称重量。[ ]内は完成品平均重量。kg換算値も併記。


 神戸市文書館で閲覧可能な原文資料

作戦任務報告(Tactical Mission Report)
 第26号(2月4日)、43号(3月17日)、172号(5月11日)、188号(6月5日)、314号(8月6日)

作戦要約(Mission Resume,Mission Summary)
 第26号(2月4日)、43号(3月17日)、172号(5月11日)、188号(6月5日)、314号(8月6日)

財団法人大阪国際平和センターが所蔵するアメリカ軍資料のマイクロフィルムを利用した。


 主な参考文献

・新修神戸市史編集室「神戸空襲に関するアメリカ軍資料・戦術作戦任務報告」
 『神戸の歴史』第13号、1985年
・地域研究史料館「【史料紹介】兵庫県下の空襲に関する米軍戦術任務報告(三)−二月四日
 神戸、五月一一日 本庄、六月九日 鳴尾・明石−」『地域史研究』第19巻第1号 1989年
・地域研究史料館「【史料紹介】兵庫県下の空襲に関する米軍戦術任務報告(六)−
 七月二四日 宝塚、八月五日 西宮−御影−」『地域史研究』第21巻第1号 1991年
・神戸市「神戸市史 第三集 社会文化編 第八章戦災 第四節空襲記録」1965年

・小山仁示編『太平洋戦争下の防空資料』大阪市史編纂所 1981年
・ディヴィット・A・アンダートン、大出健訳『戦略爆撃機B-29』講談社 1983年
・カール・バーガー、中野五郎、加登川幸太郎訳『B-29』サンケイ出版 1985年
・奥住喜重『中小都市空襲』三省堂  1988年
・小山仁示『日本空襲の全容』東方出版 1995年
・奥住喜重『B-29 64都市を焼く』揺籃社 2006年

・John Pimlott,B-29 Super Fortress,Bision Books,1980