お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
刊行物目次
歴史編T 自然・考古
歴史編U 自然・考古
歴史編V 近世
歴史編W 近代・現代
歴史産業編T 第1次産業
歴史産業編U 第2次産業
産業経済編V  第三次産業
産業経済編W  総論
行政編T 市政のしくみ
行政編U くらしと行政
行政編V 都市の整備
  
新修神戸市史歴史編?V 近世
   

第一章 原始社会から倭王権へ
第一節 古代社会への胎動
   1 地域区分と考察の視点
     六甲山地周辺の水系 銅鐸・拠点集落と銅鐸・古墳
   2 弥生時代の神戸市域
     六甲山地の南部 六甲山地の西部 六甲山地の北部
   3 古墳時代の神戸市域
     六甲山地の南部 六甲山地の西部 六甲山地の北部
   4 石材・鉄材の変化と倭王権の誕生
     石材を介した交流 大和・河内勢力から倭王権へ
 
第二節 倭王権の神戸市域への進出
   1 葛城臣・大伴連の盛衰と部民・渡来人の編成
     縮見屯倉と億計・弘計王 葛城臣の興亡と倭王権の発展
     来目部・山部の再編と大伴連 二造を通した地域支配>
     渡来人の再編と葛城臣・大伴連

   2 クニと国造氏
     葛城直・荒田直と荒田郡 活田長峡のクニと雄伴のクニ
     国造のクニと河内・武庫のクニ

   3 倭直・物部連の盛衰と凡河内国造・明石国造の設置
     倭直と六甲山地南部 王権と物部連 明石国造と倭直
     凡河内直と凡河内国造


第二章 律令国家の形成と確立
第一節 六〜七世紀中葉の政治過程
   1 皇位の継承
     継体天皇から欽明天皇へ 敏達天皇から皇極天皇へ
   2 有馬温泉への行幸
     舒明・孝徳天皇の行幸 有馬温泉への道

第二節 大化改新と国の成立
   1 律令制の導入過程
     「大化の改新」 律令制の導入
   2 畿内国と摂津・播磨国
     「畿内国」と明石の櫛淵 摂津国・播磨国の成立

第三節 八・九世紀の政治過程
   1 八世紀の皇位継承と印南野行幸
     文武天皇から称徳女帝へ 聖武天皇の印南野行幸 即位直後の行幸
     印南野行幸の目的

   2 摂津職・摂津国と播磨国
     摂津職から摂津国へ 摂津国の等級 摂津職の官人>
     播磨国の等級と国司 摂津・播磨国府

   3 九世紀の皇位継承
     光仁天皇から桓武天皇へ 平城天皇と嵯峨天皇 仁明天皇から醍醐天皇へ

第四節 郡の成立と変質
   1 六甲山地南部の郡と郷
     荒田郡の範囲 六甲山地南部の郡の変遷 
     菟原・雄伴から菟原・八部郡へ

   2 六甲山地西部の郡と郷
     縮見屯倉から志美・高野郷へ 縮見屯倉から住吉・神戸郷へ
     アカシのクニから明石郡・美嚢郡へ 明石郡の郡領氏族の変遷
   3 六甲山地北部の郡と郷
     有馬郡の成立と郡領氏族 有馬郡と武庫郡の日下部宿祢
     幡多郷と秦氏
   4 郡領氏族を中心としていた古代社会の変質
     国司の強権化と郡司の形骸化 有位者・外散位・雑任の増加

第三章 神仏と交通
第一節 神祇信仰の展開
   1 神祇信仰と官社制度
     地域の環境と自然信仰 古代の神祇行政と官社制の成立
     神戸と地域社会
   2 神祇信仰の地域的特色
     神戸市域の式内社と地域社会 菟原郡・八田郡の式内社
     有馬郡の式内社 明石郡の式内社
   3 神階授与と奉幣
     神階授与とその背景 奉幣の固定化と神階 摂津の諸社の昇叙

第二節 仏教信仰の展開
   1 仏教の伝来と氏寺の造営
     仏教を通した秩序の形成 神戸市域の白鳳寺院 神戸市域周辺の奈良寺院
   2 護国思想の進展と官寺の経済活動
     官寺と私寺の区別化 定額寺の運営 全国へ進出していく大寺
   3 大寺の荘園と権門の成立
     法隆寺の明石・宇治荘 宇治荘の荒廃と石重名の成立 輪田荘の成立
     東大寺の垂水荘 垂水荘の終焉と国衙領の成立

第三節 陸上交通の歴史と展開
   1 中央集権的な陸上交通システムの構築
     伝馬と駅馬 伝子と駅子 朝吏による駅馬・伝馬の利用
   2 神戸市域の官道と駅家
     芦屋駅・須磨駅・明石駅 芦屋駅から明石駅へのルート
   3 中央集権的な陸上交通システムの崩壊
     四度使による駅馬の利用 貢御使による駅馬の利用

第四節 水上交通の歴史と展開
   1 倭王権の発展と海上交通
     倭の五王の外交 住吉大神の鎮座伝承 大阪湾岸の港湾と海洋祭祀
     淀川水系と瀬戸内海交通

   2 敏売浦と外交儀礼
     特殊な外交儀礼 神酒と肴の給付 神酒と肴の共食儀礼 儀礼の目的
     敏売崎の位置 機内の最西端の神戸・西摂

   3 中央集権的な水上交通システムの構築
     陸運から海運へ 行基による大阪湾交通の整備
     造船瀬所による播磨灘交通の整備 船瀬使の瀬戸内海交通の掌握
   4 中央集権的な水上交通システムの崩壊
     河尻の発展と淀川北岸の繁栄 難波津から大輪田泊へ 五泊と大輪田泊

第四章 神戸と災害
第一節 先史時代の自然災害
   1 災害史の研究方法
     災害史研究の意義 考古学が明らかにした自然災害
   2 遺跡にみる神戸の自然災害
     火山災害 水害 地震考古学

第二節 古代の自然災害
   1 摂津国・播磨国の地震
     災害の定義 日本最古の地震記録 有史最古の白鳳南海地震
     天平六年の大地震 貞観十年の播磨国大地震 仁和三年の南海地震

   2 摂津・播磨両国の風水害
     最初に記録された摂津の水害 奈良期の摂津・播磨の風水害
     平安期の摂津・播磨の風水害

第三節 古代の災害観と災異思想
   1 古代の災害観
     自然認識と災害観 古代の災異 頻繁に発生する飢饉・旱魃
     疫病の流行とその対策

   2 古代日本の災異思想と災害文化
     災異思想と天子不徳の詔

第五章 貴族政治と平氏の台頭
第一節 純友の乱と摂関政治
   1 海賊の跳梁
     海賊の発生と群党蜂起 承平の海賊問題 純友の登場
   2 天慶の内乱
     純友の蜂起 反乱の背景 戦闘の経緯と乱の終息
   3 王朝の栄華
     摂関政治の確立 摂関時代の政争 王朝貴族と神戸

第二節 院政と平氏の台頭
   1 院政と受領層  
     院政の成立 受領と国の等級 院近臣と播磨守 「最下国」摂津
   2 伊勢平氏の発展
     平正盛の台頭 平氏の西国進出 忠盛の栄達

第三節 清盛と日宋貿易
   1 武家棟梁清盛
     保元の乱と播磨守 平治の乱
   2  清盛の大輪田進出
     八部郡の検注 平野の山荘 大輪田泊の修築
   3 大輪田の繁栄  
     平氏と日宋貿易 大輪田の宋船 福原の千僧供養
第四節 「平氏政権」の成立    
   1 鹿ケ谷事件   
     鹿ケ谷事件の勃発 対立の背景 皇位をめぐる葛藤
   2 治承三年政変  
     院政の停止 清盛の政権構想
   3 厳島参詣と福原 
     前大相国藤原忠雅の下向 高倉上皇の厳島参詣 高倉上皇の福原到着
     福原出立と山田山荘・高砂泊 帰路の福原

第六章 福原遷都と源平の争乱
第一節 福原遷都
   1 以仁王の挙兵   
     挙兵の背景 挙兵の鎮圧 遷都の背景と意義 遷都をめぐる軋轢
   2 福原遷幸と混乱
     突然の福原遷幸 輪田京構想の挫折 還都論の敗北
   3 福原京の建設
     福原遷都と寺社 福原の発展 新造内裏移徒と街路 福原における邸宅
   4 遷都とその意義

     還都の決断 遷都の背景 軍事独裁体制の構築

第二節 寿永の争乱
   1 平氏政権の崩壊
     清盛の最期 宗盛と後白河
   2 平氏都落ち
     都落ちの背景 福原炎上 平氏の再起
   3 一ノ谷合戦
     合戦前夜 両軍の衝突 戦闘の経緯 平氏一門の悲劇 

第三節 鎌倉幕府の成立
   1 平氏の滅亡    
     一ノ谷合戦の結果 源義経の活躍 平氏滅亡の原因 平氏の余
   2 幕府体制の確立
     義経の没落 梶原景時と播磨 幕府の摂津支配
   3 俊乗房重源
     東大寺再建 大輪田泊の修築

第七章 鎌倉時代の社会と文化
第一節 承久の乱
   1 後鳥羽院政    
     後鳥羽院政の成立 播磨と摂津の守護 歌枕と有馬温泉
   2 後鳥羽院の敗北 
     公武の対立 乱の経緯 乱後の処置
 

第二節 荘園公領制の世界
   1 荘園の分布と概要
     荘園公領制概観 摂津国菟原郡 摂津国八部郡 摂津国有馬郡
     播磨国明石郡 播磨国美嚢郡
   2 輪田荘の形成と発展
     輪田荘の初見 石重名田畠の寄進 最勝金剛院領輪田荘の成立
     輪田荘の危機的状況 一円不輸化 預所職の変遷
     地頭請所化と領家職相論
   3 荘園公領制の諸相
     性海寺と住吉保 伊川上荘の名田相論と太山寺領(その一)
     伊川上荘の名田相論と太山寺領(その二)

第三節 流通経済の進展と悪党
   1 兵庫嶋の成立
     流通経済の発展 「兵庫嶋」の初見史料とその意味 兵庫嶋の住人
   2 第一期東大寺領兵庫関と悪党

     関領有の変遷 第一期東大寺領兵庫関経営の開始 正和四年悪党事件
   3 第二期東大寺領兵庫関と諸勢力
     目銭徴収権の復活 東大寺領兵庫関の復活と興福寺領福泊関
     その後の兵庫関と福泊関
   4 東大寺の兵庫関経営
     嶋修固 関銭収入と用途

第四節 中世仏教の展開と変容
   1 平清盛と千僧供養
     法華経信仰と平氏・後白河上皇 平清盛と閻魔王
   2 顕密諸宗と法華経信仰
     顕密の寺院と地域社会 温泉と寺院 華厳宗の性海寺
   3 西大寺叡尊の教化 
     叡尊の授戒活動 モンゴル襲来と異国降伏祈祷 叡尊の摂津・播磨教化
   4 浄土系諸派の展開 
     法然と証空
   5 一遍と時宗の聖
     一遍の生涯と布教活動 一遍と兵庫 一遍の兵庫没をめぐって
     光明福寺の方丈とは誰か 光明福寺について 淡河氏と時宗
     一遍の墓を建てたのは誰か 国阿と薬仙寺
     時宗薬仙寺の成り立ちをめぐって
               
第八章 南北朝の動乱と室町幕府
第一節 鎌倉幕府の滅亡・南北朝内乱期の神戸
   1 赤松氏の挙兵  
     後醍醐天皇の倒幕挙兵 護良親王の活動 円心の摩耶進軍
     赤松城・摩耶山城 赤松城はあったのか 摩耶城はどこか

   2 南北朝内乱はじまる
     建武新政の成立 足利尊氏の離反 足利勢兵庫からの退却
     湊川合戦前夜 足利勢の編成 後醍醐方の布陣 正成の本陣
     『太平記』と『梅松論』 『太平記』が描く「湊川合戦」
     『梅松論』が描く「湊川合戦」 「湊川合戦」のイメージ
     地域にとっての湊川合戦 戦場の訪問者 金谷経氏の蜂起
     金谷勢の本拠淡河・山田の位置 金谷経氏の没落

   3 観応の擾乱と西摂津・東播磨地域  
     足利政権の分裂 打出・御影の合戦 「小清水合戦」か「打出合戦」か
     湯山と芦屋・東神戸を結ぶ道

   4 内乱の終息へ
     山路荘と内乱 山路荘の半済 楠木正儀の進出と山路城・多田部城

第二節 細川氏と赤松氏
   1 摂津国と播磨国の守護 
     細川氏の惣領家と庶流家 細川氏の摂津支配
     赤松氏の惣領家と庶流家 赤松氏の播磨支配
   2 有馬郡守護赤松有馬氏 
     赤松有馬氏の成立 有馬教実と「持家」 近習赤松有馬氏
     有馬道衍・直祐 道衍の逐電・元家の復権と誅殺 御供衆有馬則秀
     有馬慶寿丸の惣領家家督就任 久留米有馬氏系図
     赤松有馬氏嫡流の復原

   3 嘉吉の乱と西摂・東播 
     赤松満祐下国事件 足利義教の強権政治 嘉吉の乱の始まり
     追討軍の派遣と兵庫の合戦 播磨東三郡の支配 赤松満政の乱と有馬郡
     赤松則尚の播磨進攻と有馬元家 赤松惣領家の再興

   4 応仁・文明の乱と摂津 
     応仁・文明の乱の始まり 赤松氏の播磨回復 
     大内政弘の上洛と摂津の国人 兵庫津の焼亡 大乱の終結 乱後の動向
     摂津国寺社本所領の書上げ 将軍権力の分裂

第九章 兵庫津と荘園
第一節 兵庫津の発展と兵庫北関
   1 南北朝・室町期の兵庫
     兵庫関の領有関係  物資集散地としての兵庫  日明貿易の開始と兵庫
     朝鮮使節と琉球商人  日明貿易の断絶と復活

   2 『兵庫北関入船納帳』の史料的性格
     注目される史料、「入船納帳」  燈心文庫「入船納帳」発見の経緯
     文安二年分の兵庫入港船数の推定  文安二年の史料が残された意味
     「入船納帳」に記載された諸データ  「入船納帳」の船籍地
     神戸市域の船籍地
   3 船籍地と兵庫との結びつき 
     「入船納帳」にみる主な積載物品  主な物品を運んだ船の所属地の特徴
     兵庫と結びついていた港町
   4 十五世紀中葉の兵庫津とその住人 
     「入船納帳」にみる兵庫津の住人  近世兵庫津絵図から中世を探る
     慶長の裁許絵図に描かれた兵庫津と陸上交通  兵庫津遺跡への期待
     「入船納帳」と瀬戸内流通
   5 応仁・文明の乱以後の兵庫津
     兵庫経由の年貢米輸送 旅の事例 内海航路の要港兵庫津 
     南関の復活と庄主藤春房高隆 藤春房と赤松氏 月俸銭をめぐる訴訟 
     南北両関の終焉 兵庫津の白髭番匠


第二節 荘園・村・町
   1 赤松七条家と摂津輪田荘・福原荘
     領家職相論以後の輪田荘 港の荘園・福原荘と赤松氏 湯起請裁判 
     嘉吉の乱と七条赤松氏 七条赤松氏の知行没収 輪田荘東方の代官請負 
     応仁の乱後の福原荘と一条家

   2 伊川荘と明石光長
     国人明石氏 大光明寺領伊川荘の成立 伊川荘と赤松春日部家 
     伊川荘代官職をめぐる争い 明石光長の代官職回復運動 
     在田小二郎の二カ村押領

   3 赤松有馬氏と有馬郡内の荘園
     醍醐寺領野鞍荘 郡内荘園の一括請負 南御所領上津畑代官職 
     上津畑代官職のその後 内上荘と有馬四郎

   4 山田荘と淡河荘
     山田・淡河両荘の山境相論 作和谷をめぐる康正年間の紛争 
     山田荘の反攻行動 山田荘の村々 村の神社・村のお堂 
     年寄・若衆・村有田 山田荘十三カ村の成立

   5 細田村と性海寺の山相論
     文明二年の相論 文明年間の展開 明石氏と守護 
     永正十二年明石則行の裁定 衣笠氏と射庭谷池の築造

   6 都賀荘と山路荘・本庄
     「天城文書」と都賀荘 荘園と番・名 若林氏と都賀荘の土豪 
     土豪の実態 都賀荘の惣荘 惣荘の組織と機能 都賀荘の寺庵 
     都賀荘の惣村 室町時代の山路荘 武家勢力の浸透 「本庄」について 
     山路荘・本庄の土豪 山路荘・本庄の惣村・惣荘

   7 有馬温泉の賑わい 
     湯山を訪れた人びと 湯山への道 湯山街道と関 入湯三七日 
     湯山の町と寺社 鼓滝・鎌倉谷 湯山に暮らす人びと 
     湯山みやげと挽物細工

第十章 戦国の争乱と中世後期の文化・社会
第一節 戦国の争乱 
   1 細川京兆家の分裂抗争と西摂地域 
     摂津下郡 守護細川京兆家 細川京兆家の分裂抗争 河原林正頼と灘五郷
     細川澄元の挙兵 下郡国人衆の動向 細川澄元の畿内再進攻 
     細川高国・晴元の抗争 一向一揆の猖獗と難太合戦

   2 三好氏支配下の西摂・東播地域
     三好長慶の越水入城 長慶、晴元を降す 三好氏支配の新しさ 
     松永久秀と滝山城 滝山千句 兵庫津の正直屋棰井家 
     本庄と芦屋庄の山相論 東播磨への進出 滝山城をめぐる攻防 
     山田荘原野の栗花落家 上谷上の板屋家 白川畑の藤田家 
     白川畑の惣中 村落上層の行方

   3 三木合戦と神戸市域
     別所氏の摂津進出 三木合戦と西摂・東播の国衆 端谷城出土の鎧 
     荒木村重の離反 淡河・丹生山合戦 淡河氏のこと 三木城干殺し 
     三木合戦後の新たな支配体制 播磨の城破り 有馬則頼の淡河入部 
     有馬氏のこと 有馬氏の有馬郡支配 有馬氏の家中 有馬氏の庶流 
     有馬重則・則頼 南蛮人文絵鞍

   4 楽市制札と淡河地域
     再発見された制札 唯一の秀吉楽市制札 制札の外形的特徴
     三木合戦と制札  制札の伝来 天正七年制札の内容
     天正八年制札の内容 楽市制札の意義  その後の淡河

第二節 南北朝・室町時代の仏教
   1 大陸との往来と兵庫津の禅院
     無本覚心と宝満寺 明極楚俊と後醍醐天皇 福厳寺と仏燈派の禅僧 
     兵庫津と大陸文化 禅昌寺と一切経

   2 有馬の禅宗・律宗 
     温泉と寺院 瑞渓周鳳の温泉行記
   3 顕密諸宗と修験
     顕密寺院と武力 顕密寺院と地域社会 戦国期の顕密寺院
   4 浄土真宗と法華宗 
     蓮如と摂津 日隆と港湾都市

第三節 自然災害と社会  
   1 相次ぐ大地震
     中世の南海地震 応永十三年の地震
   2 中世の風水害
     文明七年の高潮 弘治三年の高潮
   3 六甲山系の山津波伝承と土砂災害
     永正元年の水害(慈明寺流れの伝承) 
     永正十四年の水害(鳴滝明神流失)
   4 災害文化の形成と継承に向けて

第十一章 古代・中世の文化財
第一節 古代・中世の美術
   1 奈良・平安時代の美術 
     平安時代以前 平安時代の美術 市街地の平安時代の美術
     平安時代の絵画
   2 鎌倉・室町時代の美術
     鎌倉の美術 太山寺の美術 須磨寺の美術 有馬の美術
     鎌倉末期以後 石造美術

   3 阪神・淡路大震災と文化財
     震災と文化財

第二節 古代・中世の建築 
   如意寺
     阿弥陀堂(常行堂)〔重要文化財〕 三重塔〔重要文化財〕
     文殊堂〔重要文化財〕

   太山寺
     本堂〔国宝〕 一間春日厨子 仁王門〔重要文化財〕 
     安養院庭園(名勝)
   石峯寺

     薬師堂〔重要文化財〕 三重塔〔重要文化財〕
   福寺(須磨寺)
     宮殿と仏壇〔重要文化財〕
   徳光院
     多宝塔〔重要文化財〕
   南僧尾観音堂  
     観音堂〔県指定重要文化財〕 地蔵堂
   若王子神社
     本殿〔重要文化財〕
   六条八幡神社
     三重塔〔重要文化財〕
   豊歳神社     
     本殿〔重要文化財〕
   宗賢神社
     本殿〔県指定重要文化財〕
   箱木家住宅〔重要文化財〕 
     主屋 離座敷

第三節 遺跡 
   1 六甲山南麓の遺跡 
     深江北町遺跡 郡家遺跡 住吉宮町遺跡 滝ノ奧遺跡 日暮遺跡
     下山手北遺跡 祇園遺跡・神戸大学医学部附属病院構内遺跡
     兵庫津遺跡 上沢遺跡 御蔵遺跡 神楽遺跡 二葉町遺跡
     大田町遺跡

   2 明石川流域とその周辺地域の遺跡
     垂水日向遺跡 二ツ屋遺跡 日輪寺遺跡 頭高山遺跡 白水遺跡
     寒鳳遺跡 吉田南遺跡 玉津田中遺跡 端谷城跡 神出古窯址群
   3 六甲山地北部地域の遺跡
     宅原遺跡 下小名田遺跡 上小名田遺跡 淡河・萩原城跡 勝雄遺跡
     箱木家住宅(千年家) 湯山遺跡(豊臣秀吉湯山御殿跡) 石峯寺経塚
     勝雄経塚