お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
平家物語
全巻目次
樋口被斬
六箇度合戦
三草勢汰
三草合戦
老馬
一二の懸
二度の懸
坂落
盛俊最後
忠度最後
重衡虜
敦盛
濱軍
落足
小宰相
首渡
敦盛・濱軍
        
 敦盛 ( あつもり )
  その頃、熊谷次郎直実は、一の谷の戦に破れたからには平家の公達は助け舟に乗ろうと波打ち際の方へ行くだろう、そこなら名の有る大将と戦えると思って細道を通って波打ち際の方へ行くと、そこに立派な鎧直垂に身をかため、連銭葦毛の馬に金覆輪の鞍を置いて乗った武者が一騎、沖の船を目がけて海にさっと乗り入れ、五六段ほど泳ぎだした。熊谷は「あれは名の有る大将軍とお見受けいたす。敵に後ろを見せるは卑怯ですぞ。返されよ返されよ。」と扇を上げて招くと、鎧武者は呼ばれるままに引き返してきた。渚に上がろうとしたところを、熊谷が波打ち際で捕らえ、むんずと組み討って馬からどっと落ち、取り押さえて首を取ろうとして、兜を押上げてみると、薄化粧に鉄漿をつけた、ちょうどわが子の小次郎と同じ十六七ほどの年頃の誠に美しい少年である。「そもそも如何なる人であられるか。名乗りたまえ。お助けしましょうぞ。」と言うと「そういうそなたは何者か。」「物の数には入りませぬが、武蔵の国の住人、熊谷次郎直実。」と名乗ると若武者は「では汝にとっては良い敵である。名乗らずともわが首を取って人に問え。見知っている者がいよう。」答えられる。熊谷は「あっぱれな大将軍だ。この人を討ったところで負け戦に勝つ訳でも、また助けたところで勝ち戦が負けになるはずもあるまい。今朝一の谷でわが子小次郎が薄手を負っただけでも、この直実は心苦しかったというのに、この若殿が討たれたと聞いたらこの殿の父御はどれほど嘆き悲しまれることか。やはりお助けしよう。」と後ろを振り向くと土肥、梶原の五十騎程が近づいて来た。熊谷ははらはらと涙を流して「何とかお助けしたいとは思えど、ご覧下され、味方の軍勢が雲霞のごとく押し寄せて来て、到底逃れられますまい。同じことならこの直実が手にお掛けして、後のご供養を仕りましょうぞ。」と申し上げると「よいからただ疾く疾く首を取れ。」と答えられる。熊谷は余りにいとおしくて、どこに刀を突き立てようとも思えない程であったが、いつまでもそうしていられる筈も無く、泣く泣く首を打ち落としたのだった。「ああ弓矢を取る身ほど口惜しいものはない。
武芸の家に生まれずばこの様な憂き目を見ずに済んだものを。情けなくも討ち果たしてしまった。」と袖を顔に押し当ててさめざめと涙をこぼした。首を包もうとして、鎧直垂を解いてみると、若武者は錦の袋に入れた笛を腰に差していたのだった。「ああいたわしや。この明け方に砦の内から楽の音が聞こえたのはこの人々であったのか。同じ時、味方には何万騎という東国勢がいたが、その中に戦の陣に笛を持ってくる者などおるまい。高貴な人は何とも風流なことよ。」とてこれを大将軍のお目にかけると、見る人はみな涙を流した。
  後に聞いた所では、若武者は修理大夫経盛の末子、大夫敦盛という当年十七歳になる若者であった。この一件を切っ掛けとして熊谷は出家を決意したとのことである。例の笛は祖父の忠盛が笛の上手とて鳥羽院から賜ったものを、経盛が受け継ぎ、さらに敦盛が笛の腕を見込まれて持っていたものという。銘は小枝というそうである。

 濱軍 ( はまいくさ )
  門脇殿(教盛)の末子業盛は土屋五郎重行に討たれ、皇后宮亮経正は河越小太郎重房の手にかかった。
  新中納言知盛卿は生田の森の大将軍にあらせられたが、その手勢は或いは討たれ、或いは逃げて、御子息武蔵守知章、従者の監物太郎頼方の主従三騎だけで海辺を指して落ち延びようとしていた。そこへ児玉党と思しき団扇紋の旗を差した十騎ほどが馬を飛ばして追い縋って来た。弓の名手である監物太郎は取って返して手始めに一団の先頭の旗持ちの首を狙って馬から射落とす。そのうちに、大将と思しいものが新中納言を捕らえようと馬を寄せてきたのを御子武蔵守知章が父を討たせじと間に割って入り、組討の末馬から落ちて相手を取り押さえて首を取り、立ち上がろうとした所を敵の従者が襲いかかって武蔵守の首を取った。
  その間に新中納言知盛卿はその場を逃げ延び、息切れもせずよく走る稀代の名馬に乗り、二十余町も海を泳いで大臣殿の舟へ合流した。舟には人が大勢乗っていて馬を乗せる余地もなかった為、馬は渚へ追い返した。阿波民部重能が「お馬が敵の物になってしまいます。いっそ射殺しましょう。」と弓に一矢をつがえて出てくると、新中納言「誰の物にもならばなれ。たった今わが命を助けてくれたものを、そのように扱うでない。」と止められた。馬は主人との別れを惜しんだのか、しばらく船から離れようともせず、沖の方へ泳いでいたが、次第に引き離されたので、主のいない渚へ泳ぎ返り、足がつくくらいになると、猶も船のほうを振り返って二、三度いなないていた。この馬はその後陸に上がって休んでいたところを河越太郎重房が捕らえて院に献上したとのことである。
  その後新中納言知盛卿は大臣殿の御前で涙ながらに申し上げるには、「武蔵守に先立たれ、監物太郎も討たせてしまい、今はひたすら心細うございます。わが子が父を討たすまいと敵に組むのを目の当たりにしながら、どこの父がわが子の討たれるのを助けようともせずにここまで逃げて来られるものか。他人の事ならば、この知盛もどれほど非難したであろうと思うのに、いざ自分のことになると、よくよく命は惜しいものだと今になって思い知り申した。人々が私のことをどうお思いになるかとその心のうちを想像するだけでも恥ずかしくございます。」と鎧の袖を顔に押し当ててさめざめとお泣きになるので、大臣殿も「誠に武蔵守が父の命の身代わりになられたことこそ世にまたとないこと。武芸も出来、心も勇敢な良い大将軍であられたものを。あの清宗と同じ年で、今年十六でしたな。」と御子右衛門督の居られる方を見て、涙ぐまれたのでその座に並み居る人々は皆鎧の袖を濡らしたことだった。