お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
平家物語
全巻目次
樋口被斬
六箇度合戦
三草勢汰
三草合戦
老馬
一二の懸
二度の懸
坂落
盛俊最後
忠度最後
重衡虜
敦盛
濱軍
落足
小宰相
首渡
忠度最後・重衡虜
 忠度最後 ( ただのりのさいご )
  薩摩守忠度は西方面の大将軍であったが、百騎ばかりの中に守られて、静かに落ち延びようとしておられたところへ、武蔵の国の住人、岡部六弥太忠純が良い敵だと目をつけて、馬を飛ばして追いかけて来て、「名の有る大将軍とお見受けいたす。見苦しくも敵に後ろを見せなさるな。返されよ。」と声をかけた。「これ
は味方だ。」と振り返った兜の内をよく見れば鉄漿をつけている。「味方に鉄漿をつけた者などおらぬものを。やはりこれは平家の公達であられるな。」とて馬を並べてむんずと組む。これを見て、百騎ばかりの護衛は、所詮諸国からの寄せ集めの悲しさ、一騎たりとも加勢しようとせず、散り散りに逃げてしまった。薩摩守も熊野育ちで力は強く、武芸にも秀でている。六弥太をつかんで「憎い奴め。こちらが味方だと言っているのだから言わせておけばよいものを。」とて馬の上で二太刀、馬から落ちた所で一太刀あびせたが、いずれも鎧兜に阻まれて致命傷にはならなかった。ならばと取り押さえて首を取ろうとなさった所へ、遅れて馳せ来たった六弥太の従者の少年が馬から飛び降り、太刀を抜いて薩摩守の右腕を肘の所からばっさりと打ち落とした。薩摩守は今はこれまでと思われたのか、「しばらく退いておれ。最後に念仏を唱えたい。」と言って六弥太を掴んで弓の丈ほども放り投げられた。その後で西に向かい「光明遍照十方世界、念仏衆生摂取不捨。」と言いも終わらぬうちに、六弥太が後ろから薩摩守の首を取った。良い敵を討ち取ったとは思うのだが、名を誰とも知らなかったのであるが、箙に結びつけた文を取って見ると、旅宿花と言う題で歌が一首詠まれていた。
  行き暮れて木の下陰を宿とせば花や今宵の主ならまし
  忠度と書かれていたので薩摩守と知ったのであった。薩摩守討ち取ったりとの六弥太の名乗りを聞いて、敵も味方も「いとおしや。武芸にも歌道にも優れたよき大将軍にあらせられた人を。」と皆鎧の袖を濡らしたのだった。

       
 重衡虜 ( しげひらいけどり )
  本三位中将重衡卿は生田の森の副将軍であらせられたが、乳母子の後藤兵衛盛長と主従二騎、助け舟に乗ろうとして、渚の方へ落ち延びられる所へ、庄四郎高家、梶原源太景季が良い敵だと目を付け、馬を飛ばして追いかけてきた。渚には多くの助け舟が出ていたが、後ろから敵が追いかけて来て乗っている暇も無かったので、港河、刈藻河を渡り、蓮池を右に、駒林を左に見て(長田区のあたり)、板宿、須磨も通り過ぎて、西を目指して落ち延びられる。三位中将は童子鹿毛という音に聞こえた名馬に乗っておられた。散々走らされて疲れている馬ではたやすく追いつけないと見て取った梶原は、一か八かと遠矢を引き絞ってひょうと放つ。矢は三位中将の馬の尾の付根に、矢竹の所まで隠れるほど深く刺さり、馬が弱ったその時、乳母子の後藤兵衛盛長は、自分の馬を取られると思ったのか、馬に鞭を当てて逃げ出した。三位中将が「これ盛長、私を捨ててどこへ行くのだ。日ごろはそのような約束などしていないものを。」とおっしゃるのも聞かずに、鎧につけた赤旗もかなぐり捨てて、只逃げに逃げた。
 三位中将は馬が弱ってしまったので、海へざっと乗り入れて、身を投げようとなさったが、そこは遠浅で沈みようも無い。ならばと腹を切ろうとした所へ、庄四郎高家が馬を飛ばして追いつき、急いで馬から飛び降りて「情けないこと。私がどこまでもお供申し上げるものを。」とて自分の乗ってきた馬に放り上げ鞍の前輪に縛りつけて、自分は乗り換えの馬に乗って味方の陣へ入った。