お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
平家物語
全巻目次
樋口被斬
六箇度合戦
三草勢汰
三草合戦
老馬
一二の懸
二度の懸
坂落
盛俊最後
忠度最後
重衡虜
敦盛
濱軍
落足
小宰相
首渡
三草合戦・老馬
 三草合戦 ( みくさかっせん )
  平家の大将軍は小松新三位中将資盛、同じく少将有盛、丹後侍従忠房、備中守師盛の率いる軍勢、その数三千余騎で、三草山の西の登り口に押し寄せて陣を取る。
  その夜の戌の刻ごろ、大将軍九郎御曹司義経、侍大将土肥次郎實平を呼んで、「平家はここから三里ほど離れて、三草の山の西の登り口に大勢で控えている。夜討ちにしようか、戦は明日にするか」とおっしゃると、田代冠者が進み出て、「平家の勢は三千余り、御味方の軍勢は一万ほど、はるかにこちらが有利です。戦を明日に延ばしたりしては平家を勢いづかせてしまうかもしれません。夜討がよろしかろうと思います。」と申し上げると土肥次郎も、「よくぞ申し上げなすった、田代殿。皆もこのように進言するものぞ。夜討がよろしいかと思われます。」と申し上げる。兵どもは、「暗くて進軍できません。いかがしましょう。」と口々に申すので、御曹司が「例の大松明はどうだ。」とおっしゃると、土肥次郎は「そういう事なら。」とて小野原の民家に火をかけた。これを手始めに、野にも山にも、草にも火をかけたので、昼のように明るくなった三里の山道を源氏の勢は越えて行った。
  平家の方では、その夜、夜討ちがあるなどとは夢にも知らず、「きっと戦は明日になるだろう。戦の最中に眠くなったりしてはかなわん。者ども、今夜は良く寝て戦に備えよ。」とて、先陣は自主的に用心してはいたが、後陣の兵は、或いは兜を枕にし、或いは鎧の袖や箙などを枕にして、前後不覚で眠ってしまった。その夜の夜半ごろ、源氏の一万余騎は、三草山の西の登り口に押し寄せて、どっと鬨の声をあげた。平家の方では、余りに慌てふためいて、弓を取っても矢が見つからず、矢を見つけても弓が無いという有様、大混乱に陥ったが、馬に蹴られまいと思ったのか、皆道をあけて、源氏の兵を通してしまった。源氏は逃げてゆく平家を、あそこに追いかけ、ここに追い詰め、散々に攻めたので、あっという間に五百人余りが討ち取られた。負傷者もまた多数に上った。大将軍新三位中将資盛、同じく少将有盛、丹後侍従忠房は、三草方面を破られて面目ないと思われたのか、播磨の高砂から舟に乗って、讃岐の八島へお渡りになった。備中守師盛だけが、どうして御はぐれになったのか、平内兵衛と海老次郎をお連れになって、一の谷へおいでになった。

 老馬 ( ろうば)
  大臣殿(宗盛)は、安芸右馬助能行を一門の人々への使者に立てて、「九郎義経が三草方面を打ち破ってすでに攻め入って来たという。山の手が大変なので、各々方、向かってくだされ。」と仰せ遣わされたが、みな辞退してしまわれる。能登殿(教経)の所へも「度々の事ですが、今度もまたそなたが向かって下さ
れ。」と仰せ遣わすと、能登殿の返事には、「戦は狩りなどのように、足元の良さそうな方へ向かおう、悪そうな所へは行かない等と言っていたのでは、勝てなくなってしまう。 何度でもお申し付け下され。危険な方へはこの教経が仰せの通りまかり出て、その一方を打ち破って差し上げましょうぞ。心安く思し召されよ。」と申されたので、大臣殿は殊の外喜ばれて、越中前司盛俊率いる一万余騎を能登殿に付けられる。能登殿は兄の越前三位通盛卿を伴って、山の手へと向かわれる。この山の手と言うのは、一の谷の後ろ、鵯越のふもとである。
  五日の日の夕暮れ方に源氏の本隊は昆陽野を出立して生田の森へと進軍して来た。雀松原、御影松(神戸市東灘区御影町あたり)昆陽野の方を見渡すと源氏はそれぞれ陣を敷いてかがり火を焚いている。その明るさは山の端から出る月のようである。生田の森の平家も負けじとかがり火を焚く。源氏の方はあそこに陣を敷いては馬を休め、ここに陣を敷いては馬に飼葉をやりなどして、急ぐ様子も無い。平家の方はというと今攻めてくるか今攻めてくるかと待ち続けて生きた心地もしなかった。
  同じく六日の日の明け方、大将軍九郎御曹司義経は一万騎を二手に分けて、土肥次郎實平に七千騎をつけて一の谷の西の木戸口へ向かわせた。自身は三千余騎で、一の谷の背後の鵯越を落とそうとて、丹波路から裏手へと向かわれる。兵どもは「ここは音に聞こえた難所であります。同じ死ぬにしても敵に出会って死にたいもの。難所に落ちて死にたくはありませぬ。この山の道案内はありませぬか。」と口々に言うのに、武蔵の国の住人、平山武者所が進み出て「この山の案内ならこの季重がよく知っております。」と申し上げる。御曹司が「そなたは東国そだちではないか。今日初めて見る西国の山の案内者が勤まるものか。」と仰せになると、季重は重ねて「これは御大将のお言葉とも思えませぬ。歌人が吉野泊瀬の花を見なくとも知っているように、剛の者は敵の籠った砦の後ろの道は分かるものです。」と申し上げる。まことに傍若無人な態度である。
  そこへ同じく武蔵の国の住人で別府の小太郎清重という十八歳になる若者が進み出て言うことには、「父の義重法師が教えて言うには、例えば山越えの狩りであれ、敵に襲われた時であれ、山の中で道に迷った時には、年老いた馬に手綱を結びかけて先に追い立てて行け、必ず道に出られるとのことでした。」御曹司は「よくぞ申した。雪は野原を埋めても、老いたる馬は道を知るという例もある。」とて、白葦毛の老馬に鏡鞍を置いて白轡をかませ、手綱を結びかけて先へ追いたて、未知なる深山へと分け入って行かれた。
  鞭を上げ、馬を早めていくうちに山道に日がくれたので、皆馬を下りて陣を張った。
  ここに武蔵坊弁慶がある老人を一人連れて参った。御曹司は「あれは如何なるものか。」とお尋ねになると、「これはこの山の猟師でございます。」と答える。「ならば道はよく知っているであろう。」「知らないということがございましょうか。」御曹司は「さもあらん。これより平家の一の谷の砦に降りようと思うがどうか。」「それは夢にもかなわぬ事でしょう。この三十丈の谷十五丈の岩先をたやすく人が通えるはずもありませぬ。その上、砦の中では、落とし穴を掘り、菱を植えて待ち構えております。ましてお馬で降りるなどとは思いもよりませぬ。」と答えるのに、御曹司は「さてその場所を鹿は通るのか。」「鹿は通ります。暖かくなってくると、草の深いところへ行こうとして播磨の鹿は丹波へ越え、寒くなってくると、雪の浅いところで餌を探そうとして、丹波の鹿は播磨の印南野へ越えまする。」と答える。御曹司は「それならば馬も通れるということだな。鹿が通れる所を馬が通れないということがあるものか。汝は道案内をせよ。」と仰せになると、猟師は「この身は年老いてかないませぬ。」と答える。「では汝に子はいないか。」「ございます。」とて熊王という今年十八歳になる少年を連れてくる。御曹司はすぐに少年を元服させてやり、父の名が鷲尾荘司武久と言うので、鷲尾三郎義久と名乗らせ、一の谷の道案内としてお連れになった。後に平家が滅び源氏の世になった後、鎌倉殿と不仲になった九郎御曹司が奥州で討たれなさった時共に死んだ鷲尾三郎とはこの時の少年である。