お問合せ・刊行物申込 ホーム
神戸市文書館
利用案内 刊行物 収蔵資料 検索 展示の案内 神戸史跡地図 神戸歴史年表 リンク
福原遷都
福原遷都
発掘された福原
語句解説
福原遷都
<<源平特集 目次へ

(執筆・ 神戸大学 名誉教授 高橋 昌明)

 1 福原遷都とは

 1180年6月、平清盛の強い意向で、現在の神戸市兵庫区平野の地に、天皇・上皇以下が大挙して訪れました。 やがて、都造りが計画されますが、途中から反平氏勢力の挙兵がはじまり、遷都反対も根強く、未完に終わって、約170日の後、京都に帰還します。 これをふつう福原遷都とよんでいます。

[1180(治承4)年]

 2 清盛と福原

 保元平治の乱の後、後白河上皇(のち法皇)の権力と平家の同盟による政治がはじまります。 ところが、平清盛は1168年2月大病をわずらって出家入道し、翌年初頭以降、摂津福原(神戸市兵庫区平野)に居を定めます。 以来京都の政治は、一門の子弟や平家に協力する上流貴族たちにまかせて、重大な懸案発生の時以外には、都で出向かなくなりました。 福原には、清盛邸以外にも一族の別荘が建設されており、都市らしい景観も生まれていたようです。

 3 なぜ福原か

 彼が福原に引きこもった理由として、その南2.5キロのところに、古代以来の重要港湾・大輪田泊があり、 ここを足場に中国(宋)との貿易推進の陣頭指揮をとろうとしたのだろう、といわれています。 風よけ波よけの目的で、港に「経の島」とよばれる人工島を築いたのも、その意図の現れでしょう。 それとともに、平家の独自性や主体性を、従来以上に発揮するには、後白河法皇を中心とする王朝勢力とある程度距離をおく必要があり、 そのためには最高実力者が、京都から空間的にも離れている方が、なにかと都合がよかった、とする意見もあります。

 4 平氏系王朝の誕生

 その後、清盛は後白河法皇と次第に対立を深め、ついに1179年11月軍事クーデタを起こし、 後白河法皇の院政を停止、翌年2月には高倉天皇の皇子・言仁親王(安徳天皇)の即位を実現します。 それにより上皇となった高倉は、清盛の妻の妹・滋子が後白河法皇とあいだにもうけた子、言仁は清盛の娘・徳子の 生んだ子です。高倉上皇─安徳天皇の政権は、平氏系王朝とでもいうべき新しい王朝の発足を意味していました。


 5 遷都の経過

 安徳天皇が即位して3カ月たらずの1180年5月、後白河法皇の別の皇子・以仁王が、平氏の新王朝を真っ向から否定して 挙兵を計画。 この反乱自体は未然に鎮圧されますが、それをきっかけとするかのように、6月2日、平家一門は、安徳天皇、高倉上皇、後白河法皇をともない、福原に向かいます。 福原到着後、天皇は清盛の異母弟・頼盛の邸、上皇は清盛の別荘、法皇はやはり清盛異母弟の教盛邸に入りますが、 その他は「道路に座すがごとし」というありさまでした。4日夜になって、天皇は清盛の別荘に移り、入れ替わって上皇が頼盛邸に入ります。

 6 なぜ遷都したのか

 従来、福原遷都は、平安京にいては、以仁王の背後にある勢力、とくに奈良の寺院勢力の 圧力を回避できないと判断しての、清盛の突然の決断であるかのようにいわれてきました。しかし最近では、この時から380年前、天武系に 代わる天智系天皇として即位した桓武天皇が、 平城京(奈良)をすて長岡京(→平安京)造営にまい進したように、新王朝にふさわしい新都建設、 という政治的背景の中で理解されるべきである、との意見がだされています。もしそれが妥当なら、清盛はすでに、高倉天皇退位の前日に、 国際貿易港大輪田泊の国家の力による改修を要求し、認められていますから、東アジアに向かって開かれた「海の都」建設にともなうの インフラ整備を、真の目的を明らかにしないまま、一足早く承認させていたことになります。

 7 和田京

 6月中旬になると、新都建設計画の具体的検討がはじまります。福原遷都といいますが、新都建設の最初の候補地は、現在の神戸市兵庫区南部・長田区一帯で、 中心は和田(輪田)の地ですから、正確には和田京遷都計画とよぶべきです。和田京の範囲として、歴史地理学者・足利健亮氏の復原案を 示しておきました。そこでは、和田京は面目を一新するはずの大輪田泊を取りこむ構想になっています。しかし、山と海にはさまれた神戸の地形では、左京は南は五条まで、 東は平安京でいえば西洞院大路にあたるあたりまでしか確保できない、右京は宮城の西に小山がある上、平地が幾ばくもないとの理由で、 計画はペーパープランのまま、早々に放棄されます。

 8 福原での都市域整備

 その後、遷都候補地として昆陽野(伊丹市)がよい、いや印南野(明石市)が適当だ という迷走により、貴重な1カ月間の時間を空費してしまいます。清盛の意気ごみはともかく、遷都を実現するには、なお準備が足りなかったことは、否定できません。 その結果7月半ばになってやっと、「福原しばらく皇居たるべし、道路を開通し、宅地を人々に給(たま)うべし」と、皇居を中心にした福原の都市域整備の方針が出されます。 政権中枢からも出始めた、さまざまな遷都反対論をなだめる妥協案でしょう。

 9 遷都かただの離宮か

 福原での都造りは結局未完に終わったのですから、遷都という完了形の事実はなかったことになります。 しかし、8月中旬まで、清盛を筆頭とする遷都強行派と伝統的な王朝貴族とのあいだで、安徳天皇即位の大嘗会(現大嘗祭)を福原でやるか平安京でやるかが、 厳しく議論されていた点は見逃せません。後者の一人である右大臣九条兼実は、すでに6月中旬、高倉上皇の諮問(しもん)にたいし、 大嘗会はしばらく旧都に還って挙行し、それが無理なら、異例でも来年以降に延期する他ないと答えます。現在の御在所に少々建物を造り加えて祭儀をおこなうのはどうか、 という提案にたいしては、「離宮」で大嘗会をおこなうなどとんでもない、と拒否しています。一方、高倉上皇は、清盛の強い圧力で、8月初めぐらいまでは、 福原で大嘗会を決行するつもりでした。

 10 なぜ大嘗会が焦点になるか

 天皇の即位関連儀式は、幾重にも重ねておこなわれますが、即位の儀と大嘗会が重要です。 ともに平安宮内の八省院(その正殿の大極殿前)でおこなわれていましたが、 1177年の京都の大火で失われました。それで安徳天皇は、内裏正殿の紫宸殿で即位の儀をおこないました。 しかし、当時は即位の儀より大嘗会の方が、重視されていたのです。四百年以上も離宮で大嘗会をやった例はないのですから、天皇即位仕上げの儀式を福原でおこなえば、 そこがすなわち正規の都と、遷都を公式に承認するに等しくなります。 遷都反対派が、福原は離宮だとかたくなに言い続け、大嘗会は平安京への帰還の上か、とりあえず来年に延期すべきだ、と主張したのは、そういう理屈で遷都派に抵抗し、 持久戦のかまえで遷都推進の断念を待とうとしたのだ、と思われます。

 11 清盛の執念

 8月12日、大嘗会は来年に延期、と決まります。この時点で、遷都か否かの決着は、先送りになってしまいました。 しかし、何とか福原に都としての実質を持たせたい清盛側の反撃もあり、新造の皇居のかたわらに、再来年には八省院を造り、あわせて必要な役所も立ち上げるのだという話が出、 事態はゆれ動きます。大嘗会延期決定の5日後、伊豆で頼朝が挙兵、9月には信濃で義仲が挙兵、 内乱はどんどん全国化してゆきますが、それでも内裏の新造が抵抗を乗り越えて、進んでゆきます。清盛の執念でしょう。内裏は平安京の内裏を模して少し小さめですが、 福原の都市区画と親平家派の上流貴族への宅地給与も進みます。 中山忠親という人の邸宅などは、建物を京都で造って堀川淀川などを利用して運んでいます。 だから現場で工事がはじまると、わずか2週間で完成しました。

 12 内裏での五節挙行

 しかし、内乱の広がりと深刻化は予想以上でした。結局11月11日、天皇が新造内裏に行幸、新嘗祭におこなわれる五節舞の挙行を花道に、 同23日天皇・上皇らは都に帰還を始め、11月29日には、清盛も福原より引き上げ、遷都の夢は半年で終わりを迎えます。 清盛は全国にわたる反乱を鎮圧すべく最後の力を傾けますが、翌年閏(うるう)2月京都で没し、ついに生きて再び福原の地を踏むことはありませんでした。

 13 福原その後

 1183年8月、北陸の戦で敗れた平家は、木曾義仲に追われ都落ちします。 そのとき福原に一泊、翌日、清盛の後継・平宗盛らは、福原の内裏に火を放ち、 船で西国にのがれてゆきます。そのさまは『平家物語』巻七福原落に見えるところです。