神戸市-KOBE-


総務事務効率化

最終更新日
2016年3月28日

神戸市総務事務センター

 現在、本市においては、内部管理事務である人事・給与・福利厚生等の総務事務について、行財政改革の観点から、仕事の仕方自体を見直し、業務プロセスの再構築を行うことで、そこから生み出される人的資源を直接市民サービスに振り向け、サービス向上を図るため、総務事務効率化に向けた取り組みを進めています。

神戸市庶務事務システム

 庶務担当者の業務の効率化・合理化、庶務事務の信頼性の向上及び統計事務の迅速化などを図るために、「神戸市庶務事務システム」を構築し、平成25年1月1日から稼働しました。

神戸市人事給与システム

 人事情報管理および給与計算事務等の効率化を図り、さらに、庶務事務システムと密接に連携することによって、より一層の効率化につなげていくため、「神戸市人事給与システム」を構築し、平成27年2月から稼働しました。

神戸市共通物品調達システム

 現行の「共通物品調達システム」は昭和42年度からホストコンピュータ上で稼働していますが、平成28年度末にホストコンピュータが廃止されるため、新たにオープン系システムへの再構築に取り組んでいます。