神戸市-KOBE-


神戸市保健事業に係る研究倫理審査委員会専門部会

最終更新日
2019年7月12日

1 専門部会の概要

神戸市環境保健研究所は、市民生活にとって大切な健康・安全・安心に関する試験検査や調査研究を行っています。この中には人体より採取した試料(咽頭拭い液、尿、血液等)を用いる研究も含まれており、これらの研究を進める際には、科学的および倫理的妥当性が求められ、かつ個人情報の保護をすることが必要となります。そのため専門性の見地から、神戸市保健事業に係る研究倫理審査委員会専門部会で倫理審査を実施しております。

2 専門部会 委員

専門部会は神戸市保健事業に係る研究倫理審査委員会の委員長が指名する委員及び臨時委員で組織する。
            (神戸市保健事業に係る研究倫理審査委員会規則第5条第3項)

(1) 委員数 
5名以上20名以内

(2) 構成   
医学又は医療の分野において専門的知識又は経験を有する者
倫理学又は法律学の分野において専門的知識又は学識経験を有する者
一般の立場から意見を述べることのできる者
男女両性で構成されていること
委員会の設置者の所属機関に所属しない者が複数含まれていること

(3) 任期   
2年
             

3 専門部会の開催状況及び議事録

平成29年度

■平成29年度第1回神戸市保健事業に係る研究倫理審査委員会専門部会(平成29年9月28日開催)

平成30年度

■平成30年度第1回神戸市保健事業に係る研究倫理審査委員会専門部会(平成30年8月29日開催)

■平成30年度第2回神戸市保健事業に係る研究倫理審査委員会専門部会(平成30年10月31日開催)

■平成30年度第3回神戸市保健事業に係る研究倫理審査委員会専門部会(平成31年2月8日開催)

4 承認された研究計画

研究課題実施期間市民の皆様へ
次世代シーケンス技術による結核菌分子疫学検査の高精度化と感染制御に関する研究2017年(平成29年)11月16日‐2020年(平成32年) 3月31日まで「次世代シーケンス技術による結核菌分子疫学検査の高精度化と感染制御に関する研究」に関係する市民の皆様へ
行政検査で検出されたウイルスの詳細な性状解析2018年(平成30年)2月1日-2020年(平成32年)3月31日「行政検査で検出されたウイルスの詳細な性状解析」の研究内容について
行政検査で下痢症疑い患者ならびにその関係者より検出された病原菌の分子疫学と感染制御に関する研究2018年(平成30年)2月1日-2020年(平成32年)3月31日「行政検査で下痢症疑い患者ならびにその関係者より検出された病原菌の分子疫学と感染制御に関する研究」の研究内容について
神戸市内の侵襲性肺炎球菌感染症における血清型遷移と疫学的・細菌学的解析2018年(平成30年)8月29日-2021年(平成33年)3月31日「神戸市内の侵襲性肺炎球菌感染症における血清型遷移と疫学的・細菌学的解析」の研究内容について
薬剤耐性菌のモニタリングと耐性機序の解析2018年(平成30年)8月29日-2021年(平成33年)3月31日「薬剤耐性菌のモニタリングと耐性機序の解析」の研究内容について
行政検査の対象となった5類感染症原因細菌の分子疫学解析2018年(平成31年)1月10日‐2021年(平成33年) 3月31日「行政検査の対象となった5類感染症原因細菌の分子疫学解析」の研究内容について
肺非結核性抗酸菌症の臨床診断法の開発:肺Mycobacterium avium complex症の予後を予測出来る菌側因子の探索2019年(平成31年)3月23日-2021年(令和3年)3月31日「肺非結核性抗酸菌症の臨床診断法の開発、 肺Mycobacterium avium complex症の予後を予測出来る菌側因子の探索」の研究内容について
大阪湾岸地域における結核菌広域感染拡大株の探索と迅速検出法の開発2019年(平成31年)3月23日-2022年(令和4年)3月31日「大阪湾岸地域における結核菌広域感染拡大株の探索と迅速検出法の開発」の研究内容について
レジオネラ症患者発生時における感染源調査と分子疫学解析2019年(平成31年)4月15日-2024年(令和6年)3月31日まで「レジオネラ症患者発生時における感染源調査と分子疫学解析」の概要について
急性脳炎・脳症患者検体からの次世代シークエンサーを用いた病原体探索2019年(平成31年)4月15日-2021年(令和3年)3月31日まで「急性脳炎・脳症患者検体からの次世代シークエンサーを用いた病原体探索」の概要について

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。