神戸市-KOBE-


認知症の人にやさしいまちづくりに関する有識者会議

最終更新日
2018年2月6日
  • [2月6日]条例の制定に係る意見募集結果を掲載しました。

 神戸市認知症の人にやさしいまちづくり条例の策定に向けて、本市としての基本的な考え方と施策の方向性を検討するため有識者会議を開催し、条例(案)について、「神戸市民の意見提出手続きに関する条例」に基づき、市民の皆様のご意見を募集しました。ご意見ありがとうございました。
〔平成29年12月11日(月曜)〜平成30年1月9日(火曜)〕

有識者会議の構成

1.本会

認知症全般について広く検討しています。
医療関係者、福祉関係者、学識経験者や弁護士、地域団体等で構成されています。

2.部会

専門的な個別の課題について検討しています。

本会 開催状況

第1回  (平成29年5月14日開催)

座長指名の後、以下の2点について意見が交わされました。
 ・認知症の人にやさしいまちづくりの推進について
 ・条例(案)の骨子

第2回 (平成29年6月7日開催)

(1)「認知症の人にやさしいまち」について(2)認知症初期集中支援事業等(3)改正道路交通法と認知症について意見を交換し、事故救済制度に関する専門部会の開催と部会長の指名が行われました。

第3回 (平成29年9月1日開催)

 認知症のご本人とご家族よりご意見をお聞きし、それを踏まえて「認知症の人にやさしいまち」について意見が交されました。地域の力を豊かにする取り組みとして、「認知症高齢者への声掛け訓練」について発表していただきました。
 また、7月に開催された事故救済制度に関する専門部会の報告と、新たに認知症初期集中支援事業運営関連部会を開催するにあたり、部会長の指名が行われました。

第4回 (平成29年10月4日開催)

 事故救済制度に関する専門部会と認知症初期集中支援事業運営関連部会の報告が行われました。
 条例の制定に向けて、第3回までの論点を整理し、条例に反映する内容を検討しました。

第5回 (平成29年11月18日開催)

 事故救済制度に関する専門部会と認知症初期集中支援事業運営関連部会の報告が行われ、条例素案について検討しました。

事故救済制度に関する専門部会 開催状況

第1回 (平成29年7月10日開催)

「認知症の人が起こした事故に関する救済制度」について意見交換を行いました。

第2回 (平成29年9月19日開催)

第3回 (平成29年10月16日開催)

第4回 (平成29年10月30日開催)

認知症初期集中支援事業運営関連部会 開催状況

第1回(平成29年9月18日開催)

(議事)
・認知症初期集中支援事業について(これまでの取組みと課題等)
・高齢者の自動車運転にかかる現状
・神戸市の認知症施策に対する意見交換
・今後の進め方

第2回(平成29年11月6日開催)

(議事)
・認知症の人の自動車運転について
・(仮称)認知症の人にやさしいまちづくり条例における論点整理について
・今後のスケジュール等

認知症の診断に関する専門部会 開催状況

第1回(平成29年12月18日開催)

(議事)
・認知症の人にやさしいまちづくり条例案および各部会の報告について
・改正道路交通法の認知機能検査について
・事故救済制度における認知症の診断に関する意見交換
・今後のスケジュール等

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。