神戸市-KOBE-


神戸圏域地域医療構想調整会議 地域包括ケア推進部会

地域医療構想について

 団塊の世代がすべて後期高齢者となる2025年(平成37)年に向け、地域医療の提供体制(地域完結型医療)が必要とされており、医療機能の分化・連携、在宅医療の充実など、地域完結型医療の構築を目的として、兵庫県地域医療構想が平成28年10月28日に策定された。
 地域医療構想は、医療計画の一部であり、構想区域(医療圏域)ごとに、2025年の医療需要と必要病床数を推計し、あるべき医療提供体制を実現するための施策を検討することとなっている。
 2025(平成37)年の必要病床数等の推計結果によると、神戸圏域においては、高度急性期は63床過剰、急性期は2,470床過剰、回復期は3,725床不足、慢性期は576床の過剰、また在宅医療需要については1日あたり9,782人増加すると示されており、各病床機能と在宅医療の体制を整備していく必要がある。

地域包括ケア推進部会について

 医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう「地域包括ケアシステム」を構築することが急務の課題とされており、地域包括ケア推進に向けた全市的な課題を協議する場として、「地域包括ケア推進部会」を設置する。

第1回(平成29年3月16日)

第2回(平成29年8月30日)

第3回(平成29年11月6日)

第4回(平成30年8月8日)

専門部会について

 地域包括ケア推進部会における検討項目のうち、特に専門的かつ集中的な検討が必要な項目である「介護予防」「医療・介護連携」「在宅療養者の服薬管理」「看取り支援」について、専門部会を設け議論を進める。

1.健康寿命延伸のための「介護予防」専門部会(介護保険課)

平成29年度 第1回(平成29年10月27日)

平成29年度 第2回(平成30年1月5日)

平成30年度 第1回(平成30年6月7日)

平成30年度 第2回(平成30年11月8日)

2.医療介護連携に関する専門部会(地域医療課)

平成29年度 第1回(平成29年12月13日)

※非公開(議事要旨は第2回会議資料に掲載)

平成29年度 第2回(平成30年1月24日)

平成30年度 第1回(平成30年8月22日)

平成30年度 第2回(平成30年10月15日)

平成30年度 第3回(平成30年11月9日)

平成30年度 第4回(平成31年1月25日)

3.在宅療養者の服薬管理に関する専門部会(健康政策課)

平成29年度 第1回(平成29年12月21日)

※非公開(議事要旨は第2回会議資料に掲載)

平成29年度 第2回(平成30年1月25日)

平成30年度 第1回(平成30年6月28日)

平成30年度 第2回(平成30年9月19日)

平成30年度 第3回(平成30年11月22日)

平成30年度 第4回(平成31年1月24日)

平成30年度 第5回(平成31年3月26日)

令和元年度 第1回(令和元年7月5日)

4.看取り支援に関する専門部会(地域医療課)

平成29年度 第1回(平成30年1月17日)

※非公開(議事要旨は第2回会議資料に掲載)

平成29年度 第2回(平成30年2月15日)

平成30年度 第1回(平成30年12月11日)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。