神戸市-KOBE-


外郭団体の経営評価に関する委員会

最終更新日
2018年4月2日

 市の外郭団体については、行財政改革2015で目標として掲げた「10団体以上の削減」を前倒しで達成し、特に経営状況が悪く大きな負債を抱える外郭団体や社会的使命を終えた外郭団体の見直しは一定進んだと考えられます。
 そのような現状の中で、外部有識者で構成する「神戸市外郭団体監理に関する検討委員会」を開催し、平成26年度末に、残された外郭団体を有効に活用し、経営の安定化を図ること、市から外郭団体の関与の適正化を図ることが重要であるとの指摘を受けました。
 そこで、外郭団体の経営に関して、外郭団体自身で行う1次評価、市所管局で行う2次評価、「外郭団体の経営評価に関する委員会」による3次評価を行う、新たな評価制度を平成27年度に構築し、平成28年度・29年度の2年間、外郭団体に関する経営評価を行いました。
 そして、外郭団体・所管局ともに経営評価の制度が定着し、設置当初の目的を達成したことから、平成30年4月1日をもって廃止となりました。

<評価の内容>
(1)外郭団体の財務状況等のチェック
 経常的に財務状況等のチェックを行い、市民負担を伴う経営破綻を発生させないよう、財政的リスクの早期発見を行いました。
(2)市が外郭団体に求めるミッション(役割分担)の達成評価
 市から外郭団体に求めるミッションについて、事業実績を中心に評価を行いました。
(3)外郭団体のガバナンス等のチェック
 外郭団体が法令に従って適法に運営されるよう、ガバナンスのチェックを行うとともに、市及び委員会が必要な指導を行いました。

1 委員名簿(50音順)

奥谷 恭子 公認会計士
前嶋 京子 甲南大学法学部教授
松尾 貴巳 神戸大学大学院経営学研究科教授  ※委員長

2 平成29年度活動状況

平成29年8月23日(水曜) 第1回委員会(委員会議決により非公開)

平成29年10月6日(金曜) 第2回委員会(委員会議決により非公開)

平成29年12月15日(金曜) 第3回委員会(委員会議決により一部非公開)

平成30年2月9日(金曜) 第4回委員会

過去の活動実績

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。