神戸市-KOBE-


資金運用について

最終更新日
2019年8月7日

資金には、日々の支払に充てる歳計現金等(注1)とそれぞれの目的のために積み立てている基金(注2)があります。

神戸市では、これらの資金を大口定期預金等の定期性預金による預金運用と、国債、地方債等による債券で運用しています。

預金運用については、行財政局が水道局、交通局以外の資金を一括で運用し、債券運用については、基金所管局が各基金の資金需要に応じて債券を購入しています。

注1 歳計現金等:一般会計、特別会計、歳入歳出外現金、企業会計の資金(基金に属するものを除く)の合計を指します。
注2 基金:水道事業基金、交通事業基金を除き、平成30年度末に神戸市には25の基金があります。

資金運用実績

資金運用に関するQ&A

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。




[an error occurred while processing this directive]