神戸市-KOBE-


財政状況

最終更新日
2016年3月31日

神戸市の財政に関するさまざまな情報です。

神戸市の財政状況について

神戸市の財政状況資料集

神戸市の財政状況等一覧表

神戸市の歳出比較分析表

神戸市の市町村財政比較分析表

神戸市の公営企業に係る経営比較分析表

統一的な基準による財務書類

 地方自治体の会計は、単式簿記による現金主義会計を採用しており、予算の適正・確実な執行などの面では優れていますが、単年度の現金収支を示すものであることから、資産や負債等のストック情報や、現金の移動を伴わない減価償却費、引当金などのコスト情報が把握できないといった課題があります。
 これを補完するため、ストック情報・フロー情報を総体的・一覧的に把握し、発生主義・複式簿記といった企業会計的手法を活用した「地方公会計制度」が推進されることとなりましたが、これまでは全国的に複数の作成モデル方式が並存しており、他都市比較等の観点からは基準を統一することが課題となっていました。
 そのため、平成26年度以降、統一的な基準等が総務省より順次公表されるとともに、全ての自治体において固定資産台帳を整備したうえで、新たな統一的基準に基づく財務書類を作成し、平成28年度決算より公表することとなりました。
 これらの財務書類は、「歳入歳出決算書」などとは違った角度で、財政状況等の理解を促すためのひとつの手段になると考えています。神戸市では、財務書類等も活用しながら、今後も健全で持続可能な財政運営を行い、魅力あるまちづくりや市民サービスの向上をはかっていきます。

旧方式による財務書類(総務省方式改訂モデル)

資金運用について

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。