神戸市-KOBE-


市域変遷図

最終更新日
2006年4月1日

神戸市は、1889年(明治22年)に市制を施行しています。当時、人口134,704人、面積21.28平方キロメートルでしたが、市勢の発展や数次の周辺市町村との合併により、現在は、人口1,490,834人、面積544.56平方キロメートル(1992年(平成4年)1月1日)に及びます。その中で、全人口のうち約75%が市域の約30%にあたる既成市街地域に集中しています。また、1990年(平成2年)国勢調査で65歳以上老齢人口比率をみると、全国平均12.0%、神戸市11.5%となっています。

神戸市域の変遷図

神戸市域の変遷図資料:企画調整局

市域拡張年月日及び面積(単位:平方キロメートル)
明治22年4月1日
21.28平方キロメートル
昭和25年4月1日
404.66平方キロメートル
明治29年4月1日
37.02平方キロメートル
昭和25年10月10日
420.64平方キロメートル
大正9年4月1日
63.58平方キロメートル
昭和26年7月1日
479.88平方キロメートル
昭和4年4月1日
83.06平方キロメートル
昭和30年10月15日
492.60平方キロメートル
昭和16年7月1日
115.05平方キロメートル
昭和33年2月1日
529.58平方キロメートル
昭和22年3月1日
390.50平方キロメートル
 埋立地

人口及び市域面積の推移

人口及び市域面積の推移