神戸市-KOBE-


自然歩道「太陽と緑の道」

最終更新日
2016年3月14日
  • コース21「丹生会館〜藍那」のコースの一部で、災害復旧工事をしているため、平成28年5月末まで通行できません。工事現場で折り返すことになりますので、ご注意ください。工事箇所は掲載のイラストマップをご確認ください。
  • コース24「「栄〜神出山田自転車道〜山田池〜木津」のコース上にある山田池周遊道は、平成28年3月31日をもって、通行禁止となります。コースを歩かれる際は、山田池で折り返すことになりますので、ご注意ください。
  • コース9「凌雲台〜紅葉谷〜有馬」のコースは、一部通行止めのため、迂回をする必要があります。歩かれる際は、注意してください。
  • コース3「道場南口〜二郎〜有野台団地」のコース上、阪神流通センターから有野台団地の間にある駐車場を通る道が崩落のため通行できませんでしたが、復旧完了し通行可能になりました。
  • コース21「丹生会館〜藍那」のコース上で、一部道が崩れておりますので、通行は控えてください。やむを得ず通行する際は、十分注意して通行してください。
  • コース12「深谷〜黒甲越」のコース上で、土砂崩れが発生し、道が崩落しており通行できません。なお、崩落箇所の復旧は未定です。
  • コース4「有野台団地〜高丸山〜落葉山〜有馬」のコース上、神戸電鉄の線路と有馬街道の間で、土砂崩れが発生しています。8月末まで仮復旧工事を行いますので、通行できません。仮復旧後も通行は控えていただくようお願いいたします。なお、スケジュールは未定ですが、仮復旧後は本工事を行う予定にしています。また、有馬街道から落葉山へ向かう道に入ってすぐの箇所で、土砂崩れが発生し、道が崩落しており通行できません。なお、有馬街道から落葉山へ向かう道の崩落は、復旧未定です。
  • コース1「道場〜千苅貯水池〜道場」において、千苅貯水池の西側で落石が発生しました。当該箇所は危険であるため、通行禁止となっています。そのため、平成26年4月1日より、コース1を廃止いたしましたのでお知らせいたします。なお、コース1は欠番とします。

 自然歩道「太陽と緑の道」は、昭和47年、神戸の豊かな自然を気軽に散策し、人と自然のふれあいを図ることを目的に設定されました。
 六甲山から帝釈・丹生山、そして雌岡山まで、北区・西区の太陽と緑豊かな地域を中心にしたハイキングコースで、現在、総延長は約167kmとなっています。

ハイキングをするときの注意点

・太陽と緑の道は、コースによって車道を歩く場合があります。車道を通ることが危険と感じる場合、周囲に迂回路等があれば、そちらを歩くことも考え、危険を回避しましょう。また、車道を歩く際は、車やバイク等に十分注意して歩いてください。
・ハイキングは、できるだけ2人以上で歩きましょう。
・ハイキングは、自己責任が原則です。イラストマップなどは目安を示していますので、出発前によく調査し、自分の体力、体調、天候、乗車するバス・電車などの時間等を考えてから出発してください。
・マムシなどの毒蛇、スズメバチ、セアカゴケグモ、イノシシ等には注意しましょう。
・草やシダが覆い茂っている箇所には、マダニがいることがありますので、十分注意しましょう。予防策として、長袖長ズボンを着用し、草の上に直接座らないように心がけましょう。また、虫除けスプレーを使用したり、帰宅後すぐ着替え入浴することも有効です。
・降雨、積雪時、また雨の後などには、危険なコースもあります。無理をせず、次の機会を待ちましょう。
・冬季の山には、雪が残っているところもあります。ハイキングをする際には、 軽アイゼンを用意するなど、十分注意して歩いてください。
・道が風化しているところ、道が掘れて歩きにくくなっているところ、また車やモトクロスバイクが通るコースもあります。十分注意して歩いてください。
・ゴミはご自分でお持ち帰りください。

 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637

ハイキングコース

クリックすると各コースの紹介が表示されます。※コース1は欠番。

このページに掲載している画像等の情報は、無断で転用・引用することはできません。(但し、「私的な使用のための複製」や「引用」など著作権法で認められた場合を除く)