神戸市-KOBE-


国際交流トピックス

最終更新日
2017年8月24日

◆神戸市とシアトル市が姉妹都市提携60周年・神戸港とシアトル港が姉妹港提携50年(7月:神戸代表団のシアトル訪問)

7月27日(木)から8月2日(水)に、神戸市からシアトル市へ記念訪問を実施しました。玉田副市長、日米友好神戸市会議員連盟のほか、市内企業や神戸・シアトル姉妹都市協会などの民間団体にも訪問団に参加いただき、シアトル市への表敬やウォーターフロント再開発事業の視察、シアトルに拠点を置く企業への訪問等のほか、シーフェア・トーチライト・パレードや新開地ジャズボーカルクイーンによるジャズコンサートに参加しました。また、シアトル近郊の企業を対象にしたビジネスセミナーを開催し、医療産業都市をはじめとする神戸の投資環境について玉田副市長がプレゼンテーションを行ないました。

神戸市とシアトル市が姉妹都市提携60周年・神戸港とシアトル港が姉妹港提携50年(5月:シアトル訪問団の来神)

姉妹都市60周年・姉妹港50年を記念したシアトル訪問団(団長:ブルース・ハレル シアトル市議会議長)が来神し、久元市長への表敬訪問のほか、神戸開港150年記念式典、神戸まつりパレード、記念植樹式といった各種公式行事に参加しました。また、シアトルで活躍するピアニストのアンジェロ・ロンデーロ氏によるコンサートが開催され、神戸とシアトルに縁のある作曲家による作品が演奏されました。

大邱広域市訪問団の来神

大邱広域市の權泳臻(クォン・ヨンジン)市長をはじめとする訪問団が、2月に来神し、久元市長を表敬訪問するとともに、歓迎行事等に参加しました。両市長はその後、大邱慶北デザインセンターなどが推進するものづくりプロジェクトを紹介する展覧会「the nanugi 分かち合いのデザイン展」(デザイン・クリエイティブセンター神戸)のオープニングセレモニーに出席しました。

神戸市とマルセイユ市が姉妹都市提携55周年

神戸市とマルセイユ市との姉妹都市提携55周年を記念し、10月、久元市長を団長とする代表団が同市を訪問しました。現地では、同市主催の公式記念行事に出席するとともに、ギャラリー・ラファイエット(フランスを代表する百貨店)での神戸の産品・観光情報のプロモーションや、南仏企業等を対象とするビジネスセミナー・交流会を実施しました。また、訪問団はグルノーブル市内の科学技術研究クラスター「MINATEC(ミナテック)」を視察するとともに、トゥール市で開催された第5回日仏自治体交流会議、サンシール市での神戸日仏協会・サンシール日仏友好協会交流提携調印式、パリ市で開催された「モンマルトルの丘ワイン祭」にも参加しました。
 12月には、ドミニク・ブラスト副市長・ディディエ・パラキアン副市長をはじめとする約30名のマルセイユ市訪問団が来神し、久元市長への表敬訪問のほか、記念式典・オリーブの植樹式・記念コンサートなど各種の公式行事に参加しました。また、マルセイユ市主催のビジネスミーティング・交流会が開催され、神戸側からも多数の市内企業関係者が参加しました。

マルセイユ市への訪問(10月)

マルセイユ市訪問団の来神(12月)

神戸市とフィラデルフィア市が親善協力都市提携30周年

神戸市とフィラデルフィア市との親善協力都市提携30周年を記念し、11月、玉田副市長を団長とする代表団がフィラデルフィア市を訪問しました。現地では、フィラデルフィア市のジム・ケニー市長を表敬したほか、フィラデルフィア日米協会の年次総会でのシティプロモーションや企業訪問等を行いました。また、代表団のうち5名の高校生はフィラデルフィア市内高校の授業参加等を通じて交流を深めました。

フィラデルフィアへの訪問(11月)

姉妹都市 ブリスベン市訪問団の来神

神戸市とブリスベン市は、1985年に姉妹都市提携を締結して以来、ビジネス・教育・スポーツなど様々な分野で交流を深めてきました。9月にはグラハム・クワーク市長をはじめとする28名の訪問団が来神し、久元市長への表敬訪問のほか、県内企業とのビジネスミーティング、神戸学院大学への訪問、ブリスベン市寄贈の震災20年記念銘板が設置されている東遊園地の視察などの公式行事に参加しました。

【2015年4月〜2016年3月】

神戸市とブリスベン市が姉妹都市提携30周年

神戸市とブリスベン市との姉妹都市提携30周年を記念し、7月に、久元市長を団長とする訪問団が同市を訪問しました。現地では、同市主催の「アジア太平洋都市サミット(APCS)」に参加し、久元市長が医療産業都市に関するプレゼンテーションを行いました。また、現地企業とのビジネス交流や、東京オリンピック・パラリンピックに向けたキャンプ誘致、クイーンズランド大学附属英語学校における奨学金制度創設に関する調印等を行いました。
11月にはアンジェラ・オウエン・テイラー ブリスベン市議会議長をはじめとする10名の訪問団が来神し、久元市長を表敬したほか、神戸医療産業都市の視察及び研究者との面談、神戸商工会議所とのビジネスミーティング等を行いました。

ブリスベン市への訪問(7月)

ブリスベン市訪問団の来神(11月)

神戸市と大邱広域市が親善協力都市提携5周年

神戸市と大韓民国・大邱広域市の親善協力都市提携が5周年を迎えるのを記念して、8月、久元市長をはじめとする38名の訪問団が大邱広域市を訪問しました。権泳臻市長を表敬し、今後の交流について意見交換したほか、両市の文化交流の機会として大邱市民会館で開催された流通科学大学和太鼓部と大邱市国楽団による合同公演に出席しました。公演には多くの市民が来場し、両団体の熱演に大きな拍手が送られました。

神戸市と仁川広域市が姉妹都市提携5周年

神戸市と大韓民国の仁川広域市との姉妹都市提携が5周年を迎えるのを記念して、1月、仁川広域市の劉正福市長はじめとする訪問団が来神しました。両市長が提携5周年の記念協定に調印したほか、ユネスコの「世界本の首都」に選定された仁川広域市から韓国語図書約200冊が神戸市に寄贈されました。8月には久元市長をはじめとする38名の訪問団が仁川広域市を訪問しました。劉正福市長を表敬し、今後の交流について意見交換したほか、仁川商工会議所や仁川港湾公社を訪問し、両市のビジネス環境等についての意見交換や神戸医療産業都市に関するプレゼンテーションを行うなど、ビジネス交流を行いました。

仁川広域市訪問団の来神(15年1月)

仁川広域市への訪問(8月)

【2014年4月〜2015年3月】

神戸市とリガ市が姉妹都市提携40周年

神戸市とラトビア共和国の首都リガ市との姉妹都市提携が40周年となるのを記念して、6月にウシャコフス市長をはじめとするリガ市訪問団及びリガ室内合唱団アヴェ・ソル計51名が来神しました。久元市長への表敬訪問に引き続き、王子動物園とリガ動物園の協力協定の調印式が行われました。席上、リガから贈られた象のズゼが、この日に雄の赤ちゃんを出産したことが報告され、両市関係者に祝福されました。市内ではリガ紹介展が開催されるとともに、アヴェ・ソルと神戸市混声合唱団の合同公演が行われ、3公演とも満員の盛況となりました。
8月末から9月初めにかけては、久元市長をはじめとする53名の訪問団がリガ市を訪問しました。ウシャコフス市長を表敬し、リガ市役所で開催された神戸紹介展の開会式に出席したほか、リガ市の主要事業に関する説明を受けました。また、ラトビアオリンピック委員会を訪問し、2020年東京五輪のキャンプ地として神戸をPRしました。

リガ市訪問団の来神(6月)

リガ市への訪問(8−9月)

【2013年4月〜2014年3月】

KOBE観光海外特使の委嘱

国際交流推進部では、姉妹(友好)都市や親善協力都市などで、神戸の観光PRに積極的に協力していただける団体の代表者や個人に対して、「KOBE観光海外特使」を委嘱しております。
2013年度は、カタルーニャ語学博士であり、姉妹都市のスペイン・バルセロナ市においても活躍しておられる、田澤耕(たざわ・こう)法政大学教授(神戸在住)に対して委嘱しました。

神戸市とバルセロナ市が姉妹都市提携20周年

神戸市とバルセロナ市との姉妹都市提携が20周年となるのを記念して、1月、玉田副市長を団長とする訪問団がバルセロナ市を訪問しました。アントニ・ビベス バルセロナ市副市長を表敬したほか、ジョルディ・マルティ市長室地域問題担当委員長と交流協定書に調印しました。また、同行した神戸日西協会とともにバルセロナ市役所エントランスホールにて神戸写真展、ソル・イ・ソンブラ展(絵画展)を開催し、期間中(1月31日〜2月6日)には2,000人を超える来場がありました。

ベトナム社会主義共和国・ハイフォン市と「相互交流促進に関する覚書」を締結

 ベトナム社会主義共和国北部に位置するハイフォン市は、ベトナムにおいて省と同等の権限を持つ中央直轄地であり、人口約191万人の、ハノイ、ホーチミンに次ぐベトナム第3の都市です。
 ハイフォン市はベトナム北部の国際玄関港であるハイフォン港を擁しており、市内の工業団地の多くが経済特区に指定されています。近年のベトナム北部への日系企業の進出の増加に伴い、将来的にハイフォン港と神戸港の物流量の増加が期待できることや、新たな国際港湾ターミナルの建設、首都ハノイとの間の高速道路建設、空港の国際化など、陸空海のインフラ整備が進み、都市としての成長が期待されています。そこで、12月18日、鳥居聡副市長がハイフォン市を訪問し、「相互交流促進に関する覚書」の締結に調印しました。
 神戸市が東南アジアの都市との間で、このような覚書を締結するのは初めての取組みとなります。
 調印の翌日の12月19日には、ハノイ市内でハイフォン港との物流量増加を目指して、「神戸港セミナー in ハノイ」を開催し、ハノイやハイフォンから港湾・物流関係者約160名に参加いただきました。

仁川広域市に記念モニュメントを贈呈

姉妹都市提携を記念して韓国・仁川広域市から2012年に贈呈されたモニュメントの返礼として、8月、神戸市から仁川広域市にモニュメントを贈呈しました。モニュメントの制作者には、神戸在住の神戸ビエンナーレ2011の入賞作家を起用しました。仁川広域市で行われた除幕式には、矢田市長、宋永吉(ソン・ヨンギル)仁川広域市長、作家とともに、別所浩郎 大韓民国駐箚日本国特命全権大使も出席し、交流を深めました。

神戸市と天津市が友好都市提携40周年

神戸市と天津市との友好都市提携が40周年となるのを記念して、8月に矢田市長をはじめとする90名の訪問団が天津市を訪問しました。訪問においては、黄興国(コウ コウコク)天津市長を表敬し、40周年記念宣言書の調印を行いました。また、環境セミナーを開催し、両市からそれぞれ環境施策に関する取り組みの発表を行ったほか、訪問団に参加したNPO法人が歌劇「夕鶴」の天津公演を行うなど、各分野で天津市との交流を深めました。
12月には、ホウ 金華(ホウ キンカ、ホウは广=まだれに龍)天津市人民政府副秘書長を団長とする天津市訪問団13名が来神し、久元市長を表敬したほか、神戸市婦人団体協議会との交流、市内視察などを行いました。 

「天津市への訪問(8月)」

「天津市訪問団の来神(12月)」

大邱広域市訪問団の来神

親善協力都市である韓国・大邱広域市の金範鎰(キム・ボミル)市長はじめ71人の市民訪問団が5月来神し、矢田市長を表敬するとともに、デザイン分野での交流協力に関する協定を締結しました。訪問団はデザイン・クリエイティブセンター神戸、神戸港、有馬温泉など市内各所を視察し、夕刻の歓迎レセプションでは、神戸側からはジャズ演奏、大邱側から合唱が披露されました。

【2012年4月〜2013年3月】

神戸市とシアトル市が姉妹都市提携55周年

アメリカのシアトル市は、1957年に神戸市が姉妹都市提携を結んだ最初の姉妹都市です。

シアトル市との姉妹都市提携55周年及び姉妹港提携45周年を記念し、5月にダリル・スミス シアトル副市長を団長とするシアトル市訪問団40名が来神しました。矢田市長を表敬訪問したほか、医療産業都市や神戸港などの視察、記念交流イベントや神戸まつりなどの行事に参加し、両市の交流を深めました。
7月には、矢田市長を団長とする62名の訪問団が、シアトル市を訪問しました。シアトル市では、マイク・マッギン シアトル市長への表敬訪問のほか、神戸紹介展、ジャズ交流コンサートなどの交流行事に参加し、友好を深めました。また、シアトルを本拠とするクルーズ船社へのポートセールスや大シアトル貿易開発協議会との意見交換を行いました。

「シアトル市訪問団の来神(5月)」

「シアトル市訪問(7月)」

神戸市と仁川市が姉妹都市提携2周年

韓国の仁川市は、2010年に姉妹都市提携を結んだ神戸の8番目の姉妹都市です。
仁川市との姉妹都市提携2周年を記念して、11月に宋永吉(ソン・ヨンギル)仁川市長らを迎えて、同市から贈呈されたモニュメントの除幕式を「ポーアイしおさい公園」で行うとともに、神戸市混声合唱団と仁川市立合唱団による記念合同公演「海のコンサート」〜神戸市・仁川市友情のコンサート〜を舞子ビラ神戸「あじさいホール」にて開催しました。

【2011年4月〜2012年3月】

神戸市とマルセイユ市が姉妹都市提携50周年

フランスのマルセイユ市は、1961年に姉妹都市提携を結んだ神戸の2番目の姉妹都市です。

マルセイユ市との姉妹都市提携50周年を記念して、9月に、小柴副市長を団長とする28名の訪問団が、マルセイユ市を訪問しました。マルセイユ市では、神戸市の技術協力の下、建設が進められていた日本庭園の開園式や神戸紹介展などの交流行事に参加し、友好を深めました。また、2006年に「観光交流に関する確認書」を締結したイタリア・テルニ市を訪問し、今後の両市の観光交流について意見交換を行いました。

神戸市と仁川市が姉妹都市提携1周年

韓国の仁川市は、2010年に姉妹都市提携を結んだ神戸の8番目の姉妹(友好)都市です。

仁川市との姉妹都市提携1周年を記念して、11月に、矢田市長を団長とする169名の訪問団が、神戸空港発着の国際チャーター便により仁川市を訪問しました。仁川市では、宋永吉(ソン・ヨンギル)市長との会談、神戸市混声合唱団・仁川市立合唱団合同コンサートなど様々な交流行事に参加し、交流を深めました。

神戸市と大邱市が親善協力都市提携1周年

韓国の大邱市は、2010年に親善協力都市提携を結んだ、神戸の2番目の親善協力都市です。

仁川市での記念事業に引き続き、大邱市との親善協力都市提携1周年を記念して、大邱市を訪問しました。大邱市では、金範鎰(キム・ボミル)市長との会談、1周年記念音楽会など様々な交流行事に参加し、交流を深めました。

神戸市とフィラデルフィア市が親善協力都市提携25周年

米国のフィラデルフィア市は、1986年に親善協力都市提携を結んだ神戸の初めての親善協力都市です。

フィラデルフィア市との親善協力都市提携25周年を記念して、11月に、中村副市長や神戸市の高校生などがフィラデルフィア市を訪問しました。フィラデルフィア市では、ナッター市長との会談、神戸市の高校生とボディーンハイスクールの高校生との交流行事などに参加し、友好を深めました。

KOBE観光海外特使の委嘱

国際交流推進部では、姉妹(友好)都市や親善協力都市などで、神戸の観光PRに積極的に協力していただける団体の代表者や個人に対して、「KOBE観光海外特使」を委嘱しております。
2011年度は、姉妹都市である韓国・仁川市、親善協力都市の米国・フィラデルフィア市及び韓国・大邱市、観光交流協定を締結しているイタリア・テルニ市より計6名に対して委嘱しました。
【委嘱者】
仁川市
 チョイ・ドンチョル:(社) 仁川広域市観光協会会長
 イム・ミョンミ:仁川広域市市民名誉外交官協会日本語圏代表
フィラデルフィア市
 チューニ 一美:フィラデルフィア日米協会専務理事
大邱市
 ヨ・パクトン:韓国日本協会会長
テルニ市
 佐野 麻壽美:ローマ在住、通訳・観光ガイド
 フランチェスコ・マリーア・コッパローニ:テルニ在住、レストラン経営