神戸市-KOBE-


展覧会

神戸ゆかりの芸術家たち  アナザーワールドへようこそ 〜戦後神戸洋画壇、異界・幻想・抽象・神戸〜

神戸ゆかりの美術館は2007年3月23日に開館。神戸文化ホールや勤労会館など、市内のさまざまな施設に飾られていた神戸洋画壇で活躍した作家の作品を集め、展示してきました。以降も1960−80年代に制作された作品を多く収蔵してきました。
「アナザーワールドへようこそ」と題した本展では、異界/幻想/抽象/神戸をキーワードとして、不思議な趣のある作品を展示します。
幻想的な作品を発表した石阪春生、松本 宏、上尾忠生、行動美術で活躍した古家新、貝原六一、田中徳喜、中右 瑛、四国より来神した長尾 和、角 卓、具象を守った元川嘉津美、川端謹次などの作品を紹介します。

◆主   催◆ 神戸ゆかりの美術館

 
会 期平成28年4月5日(火)〜7月3日(日)
開館時間午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日月曜日
入館料(※)
一般200円(150円)
小中高生100円(50円)
65歳以上100円(50円)
※( )内は前売および30名以上の団体料金
※のびのびパスポート持参の方、無料
※神戸市すこやかカード提示の方、無料
※5月18日(水)は国際博物館の日で入館無料

過去の展覧会