神戸市-KOBE-


展覧会

特別展 手塚治虫展マンガの神様と呼ばれた手塚治虫(1928〜89)の作品には、「人間とは何か」「生命とは何か」という深遠な問いかけが込められています。手塚作品は、没後28年を経てなお、日本はもとより世界中で愛されています。
本展覧会には『鉄腕アトム』『ブッダ』『火の鳥』『ブラック・ジャック』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』などの代表作をはじめ、手塚治虫が生涯に手がけた膨大なマンガとアニメーションの中から厳選した原画・映像・資料・愛用品を約150点展示し、彼の創作の歴史と、作品に込められたメッセージの数々を紹介します。
特に、50代中頃から描いた戦争を主題にした代表作『アドルフに告ぐ』(『週刊文春』連載)には、神戸の北野が重要な舞台のひとつとして登場します。本展覧会・神戸特別版として、手塚が描いた北野にも是非注目していただきたいと思います。手塚プロダクションから格別のご厚意により出品された作品群が並びます。魅力的なキャラクターたちによる「手塚ワールド」をお楽しみください。

○主催  神戸ゆかりの美術館、神戸新聞社

○後援  サンテレビジョン、ラジオ関西、Kiss FM KOBE

○企画協力  手塚プロダクション、東映

会 期平成29年7月8日(土曜)〜8月31日(木曜)
開館時間午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日月曜日(ただし、7月17日開館)、7月18日(火曜)
入館料(一般1000円(800円) 
大学生 750円(600円) 
高校生 550円(400円) 
小中生 400円(300円) 
※(  )内は20名以上の団体料金
※のびのびパスポート提示の方、無料
※神戸市すこやかカード提示の方、一般当日券の半額
  • リボンの騎士
  • ふしぎなメルモ
  • ブラック・ジャック
  • アドルフに告ぐ

次回の展覧会

過去の展覧会