*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次展覧会予定▼過去の特別展年代分野自主企画


※この図録は現在当館では扱っておりません。
 

第61回特別展

「英国祭98」記念イベント明石海峡大橋開通記念

大英科学博物館展

「日英修好通商条約」締結140周年にちなみ、英国の芸術・社会・文化・産業などを紹介する『英国祭98』の記念イベントとして、また本年完成の世界最大の架け橋「明石海峡大橋」の開通を記念しての開催。
英国は世界に先駆けて産業革命を成し遂げた。本展はその産業革命の博物館として有名な大英科学博物館の膨大なコレクションの中から、代表的な約60点を選りすぐり、近代の産業・科学に一時代を画した偉大な成果を紹介。また、ギャラリーでは明石海峡大橋が完成するまでの工事過程を写真パネルで展示。人類の偉業の足跡をたどるだけでなく、21世紀を展望するよい機会となった。この期間中の毎週日曜日、第2・4土曜日などの午後1時と3時から約30分程度、「サイエンスショー」を開催。毎回立見の人が出るほどの大変な人気であった。

会期/平成10年3月21日(土・祝)〜5月17日(日)
会場/特別展示室1、南蛮美術館室、特別展示室2、ギャラリー、ホール
主催/神戸市、神戸市教育委員会、神戸市立博物館、神戸市立青少年科学館
     読売新聞大阪本社、NHK神戸放送局、英国大使館、ブリティッシュ・カウンシル
共催/大英科学博物館、国立科学博物館
後援/外務省、文部省、通産省、科学技術庁、日本機械学会、近畿2府4県、徳島県
     大阪市、京都市と各教育委員会、(財)夢の架け橋記念事業協会
特別協賛BT、NEC、大成建設、東芝、富士通、トヨタ自動車、松下電器産業、川崎重工業、ソニー、本多技研工業、日本精工
協賛/JR西日本、三和銀行、関西電力、教育総研、和宗総本山四天王寺
協力/日本航空、日本通運、住友海上火災保険
開催日数/51日
入館者数/76,252人(1,495人/日)
出品件数/53件

特別展の一覧:年代順分野別自主企画
トップ利用案内常設展示▲特別展示名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved