*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次展覧会予定▼過去の特別展年代分野自主企画過去の企画展

※終了した展覧会の情報です。

特別展  発掘された日本列島2004 新発見考古速報展

  2005年(平成17) 1月16日(日)〜2月20日(日)
  午前10時から午後5時 (入館は午後4時30分まで)
  休館日 毎週月曜日 ただし1月17日(月)は開館

   ※会場の神戸市立博物館の所在・交通



★展示内容
この展覧会は、最近注目をあびた全国の遺跡の出土品を紹介する「中核展示」と、この10年間の阪神・淡路地方における遺跡発掘を紹介する「地域展示」から構成されています。
中核展示の内容 地域展示の内容
(中核展示)
☆主 催 文化庁・神戸市立博物館
☆共 催 全国公立埋蔵文化財センター連絡協議会
     全国埋蔵文化財法人連絡協議会
☆特別協力 朝日新聞社
☆協 力 インターネットミュージアム事務局
☆後 援 NHK
☆協 賛 (株)ジャパン通信情報センター
     (株)東都文化財保存研究所
☆賛 助 (株)都市総合計画・(株)京都科学
     (株)キャドセンター・(株)空間文化開発機構
     国際航業(株)・システム提案(株)
     (株)シン技術コンサル・(株)パスコ(株)
     プレック研究所(株)・文化財保存計画協会
     鹿島建設(株)

(地域展示)
☆主 催 神戸市立博物館・兵庫県教育委員会
     神戸市教育委員会
☆共 催 尼崎市教育委員会・西宮市教育委員会
     芦屋市教育委員会・伊丹市教育委員会
     川西市教育委員会・明石市教育委員会
     津名町教育委員会・北淡町教育委員会
     津名郡町村会
☆後 援 神戸新聞社・NHK神戸放送局・朝日新聞社

★関連事業
(1)記念講演会「震災後の遺跡調査と新たなまちづくり」
 坂井秀弥氏(文化庁主任調査官)
 平成17年1月16日(日) 午後2時〜3時30分
 会場:神戸市立博物館 地階講堂
 定員180名 事前申込み不要 ただし、入館券が必要

(2)シンポジウム「震災が明らかにした歴史」
 和田晴吾氏(立命館大学教授)・櫃本誠一氏(大手前大学教授)
 禰宜田佳男氏(文化庁記念物課)
 平成17年1月29日(土) 午後1時〜4時
 会場:神戸市立博物館地階講堂
 定員180名 事前申込み不要 ただし入館券が必要

(3)こども考古チャレンジプラザ
 会期中の土・日・祝に開催 午後2時〜3時
 プログラム:古代のブレスレットを織ってみよう 1/16(日)・1/30(日)・2/12(土)
       古代の音色-土笛を作ってみよう 1/22(土)・2/5(土)・2/13(日)
       古代アクセサリーを作ってみよう 1/23(日)・2/6(日)・2/19(土)
       オリジナルはんこ-篆刻してみよう 1/29(土)・2/11(金)・2/20(日)
 会場:神戸市立博物館 1階学習室
 定員各回30名 小・中学生対象 事前申込不要 当日の参加申し込みになります(先着順)。

(4)ジュニアミュージアム講座(2004年度後期) 土の中からのメッセージ
 特別展の展示品にちなんだ「物」を学び、「物」に近い作品作りを行う。
 A.ご先祖様がうつるかも・・・・金属鏡づくり
  平成17年1月22日(土)午後1時30分〜3時30分
 B.古代の音色にふれる・・・・・木製弥生琴づくり
  平成17年2月5日(土)午後1時30分〜3時30分
 C.いったい何が買えたのかな・・古代銭づくり
  平成17年2月19日(土)午後1時30分〜3時30分
 会場:神戸市立博物館 地階 考古学習室
 定員各回20名 小学5・6年生〜中学生対象
 各回材料費500円
 申込み方法 往復はがきにて(住所・氏名・希望講座名等)応募多数の場合抽選あり
 締切:Aについては1 月20日(木)必着 BとCについては1月28日必着

★入館料(中核展示・地域展示・ギャラリー・常設展示を合わせてご覧いただけます。)
当日券 団体券(30名以上)
一 般 600 円 450 円
高校・大学生 400円 300円
小・中学生 250 円 150 円
※シルバー 300 円---

※シルバーは65歳以上で、神戸市すこやか手帳持参の方
○ 障がい者の方は無料
○ 神戸市及び近隣6市2町、淡路1市10町、鳴門市、徳島市の小・中学生は、学校休業日には、「のびのびパスポート」の提示により無料
(近隣6市2町とは、明石市・西宮市・芦屋市・宝塚市・三田市・三木市・稲美町・吉川町。淡路1市10町とは洲本市、津名町、淡路町、北淡町、一宮町、五色町、東浦町、緑町、西淡町、三原町、南淡町。)


★同時開催
ギャラリー -震災の記憶- 西田眞人作品展
平成 17(2005)年1月16日(日)〜3月3日(木)
西田氏は、神戸出身。神戸を拠点に作家活動を展開され、とりわけ震災前後の神戸を描いた作品で知られています。震災10年を記念する作品展。

特別展の一覧:年代順分野別自主企画
トップ利用案内常設展示▲特別展示名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved