*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:江戸の絵画
ふぁん・ろいえんひつかちょうずもしゃ
ファン・ロイエン筆花鳥図模写
谷文晁(たにぶんちょう)筆 江戸時代
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

ファン・ロイエン筆花鳥図模写

 アーチ状の壁龕(へきがん)に据(す)えられた古典趣味の盃形花瓶に多種多様な花が盛られ、下部には果物や、それをついばむ鳥が配されている。全体的印象はモニュメンタルで、質感の描写を含む西洋の自然主義的写実が達成されている。本図は享保11年(1726)6月に長崎に輸入されたオランダ製とおぼしき油彩画5点のうち1点を原画としている。油彩画は徳川吉宗がオランダ商館に注文したもので、享保13年以前に五百羅漢寺に吉宗によって下賜(かし)された。原画は文政ごろまで同寺にあったが、その後、破却されたらしい。本図はその油彩画を谷文晁(1763〜1841年)が模写したものとされていたが、実際は石川大浪・孟高の兄弟が寛政8年(1796)に同寺で模写した図の、さらなる模写ではないか、という説が近年、呈示されている。花瓶のステムに「W.Van Royen 1725」のサインが写され、原画の作者を示している。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『日本絵画のひみつ』図録 2011

   
    紙本著色
    231.9×96.5cm
    1幅
    池長孟コレクション
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:江戸の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved